ANA Cargoが北九州空港を選んだワケ(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月07日 12:00

ANA Cargoが北九州空港を選んだワケ(後)

北九州就航の決め手は深夜便と産業集積

北九州空港定期貨物便就航セレモニーの様子
(写真提供:ANA Cargo)

 ANA Cargoの強みの1つは、09年10月に運用開始した「沖縄貨物ハブ」だ。沖縄拠点化のメリットは、「ハブ&スポークの形態にて、飛行4時間圏でアジアの主要都市をカバーできる点」にある。現在、日本から上海、香港、バンコク、シンガポールを結ぶ。24時間運用可能なハブ機能を生かし、貨物専用機の深夜フライトにより、日本国内、アジア/中国を結ぶ高速輸送体制を構築している。沖縄貨物ハブを結ぶ国内空港には、成田空港、羽田空港、関西空港、北九州空港がある。

 北九州空港への貨物便の就航は18年6月。ANA Cargoにとって北九州発の貨物便は初めての試みであった。就航式典に出席したANA Cargoの外山俊明社長は、「九州の貨物需要は非常に旺盛だ。北九州からアジア、世界へと貨物の流れを変えたい」と決意を表明した。

 九州からの国際貨物は、九州発旅客便での空輸のみならず、仕向け地、物量、大きさなどの貨物特性を踏まえて関西および首都圏へ陸送、当該地域から空輸されるケースも多いが、北九州便の就航により、夜集荷・深夜輸送・翌朝到着が可能となり、地上での各種輸送と航空輸送がベストミックスすることでリードタイム(発注から納品までの所要時間)はモデルパターンで約1日分短縮可能。また、さまざまな貨物特性に対しても、北九州発貨物便での輸送という選択肢が増え、より利便性が高まった。リードタイム短縮や輸送力増強は、工業製品や生鮮品の輸出にとって大きな恩恵となる。

 当初は、関西から北九州を経由し、沖縄貨物ハブに飛んでいたが、18年10月に関空を成田に変更。併せて福岡空港向け輸入貨物の転送取り扱いを開始した。

 成田~北九州~沖縄便は現在、週5便(北九州出発日付ベースで火~土)が就航している。たとえば、北九州空港から上海への輸送モデル(輸出)はこうだ。夕方集荷された貨物が、トラックで北九州空港に到着。深夜、北九州空港から那覇空港を経由し上海空港へ空輸される。早朝には上海空港に到着し、通関後、翌昼までに現地納品となる。

 北九州を選んだ理由は、「まず、我々がお役に立てる場所であることが前提。地域産業や北九州空港の活性化の一翼を担いたかった」(森本氏)だという。比較検討や調査を経て、「自動車や半導体などの産業集積」や「生鮮食品などの多彩な商品」など、日本経済を支える企業・業態におけるさまざまなニーズを念頭に、北九州への就航を決めた。「24時間運用の北九州空港は貨物便にはピッタリ」(同)と評価する。

 福岡空港では滑走路の増設工事が進んでおり、発着枠が増える可能性があるが、「貨物便は、企業の生産/物流活動を念頭に置き、深夜に飛ばすのが一般的な考え方」(同)だと指摘。離発着の時間制限の有無は、就航検討時の要素として大きいようだ。

貨物物流の拠点整備、福岡空港との関係

 国際貨物の流動が鈍化している状況もあり、九州の各空港を出発する国際貨物の荷動きは前年度に比べて減少しているものの、ANA Cargoの取扱量自体は、定期貨物便の就航により増加傾向にある。ただ、「我々が目指す輸送規模の水準から見れば、まだまだ道半ば」(森本氏)と、さらなる利用推進を目指す考えだ。そのためには、北九州空港の貨物取扱体制の整備、充実が課題になる。

 現状では、九州のフォワーダー(貨物利用運送事業者)の航空輸出手続き拠点は、長年の貨物取扱いの歴史もあって福岡空港に集積しており、北九州空港近辺には存在しない。北九州空港で貨物を航空機に搭載する場合、大半が福岡空港で受託した貨物を陸路で輸送する必要がある。このプロセスについて、とくに北部九州方面からの出荷に際しては、ANA Cargoとフォワーダーのほか、荷主にとって、時間的にもコスト的にも大きなロスになる。「北九州空港でのさらなる物流機能整備を期待したい」(同)のが本音だ。

 ただ、福岡空港にすでに拠点をもつフォワーダーが、北九州空港にも拠点を併設するのは難しい。この点、「まずはフォワーダーの業務を代行する中間業者の活動が一定規模になってくれば、流れが変化していく部分もあるのではないか」(同)と指摘する。たとえば、以前、成田空港の混雑緩和の施策の1つとして成田空港と都心の間に設置された原木貨物ターミナルを参考に、福岡空港と北九州空港の双方にアクセスの良い場所で、両空港共同の貨物取扱ターミナルを設置し、両空港への貨物輸送網の整備などもできれば、物流会社や荷主にとって使い勝手の良い物流システムが生まれる可能性はある。

ポテンシャル高い九州の貨物物流

 国に対して福岡県や北九州市などは、滑走路を3,000mへ延長する要望を提出している。3,000m級の滑走路は、長距離路線便の利用を見据えて空港のレベルを上げるという点で意義は大きいかもしれない。北九州空港活性化のためには、「福岡空港と北九州空港のコンビネーションによる九州発輸送モードの発展に向けて、現在の仕組みをどう変革させていくかが重要になる。弊社としてもお客さま本位で積極的にチャレンジし、行政など関係各機関と協力していきたい」(同)と期待を寄せる。

 とはいえ、グローバルキャリアとしては、“浪花節”だけでビジネス展開するわけにはいかない。ライバルに打ち勝つための冷徹な戦略が不可欠だ。

 「九州地域は、国内貨物、国際貨物ともにポテンシャルが高いエリアだと考えている。我々は北九州、福岡を大きな拠点として、各地域の航空輸送需要にしっかりとお応えし、九州全体の貨物物流を盛り上げていきたい」(小野寺支店長)。

 この成否は、北九州空港が九州の航空貨物の物流拠点として、独り立ちできるかどうかにかかっている。

(了)
【大石 恭正】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月01日 12:01

6月から食品リコール情報を一元化、事業者に届出を義務づけNEW!

 消費者庁と厚生労働省は6月1日、食品リコール情報を一元的に公開するシステムの運用を開始する。アレルゲン表示の欠落や大腸菌汚染など、健康被害の原因となり得る食品を自主...

2021年03月01日 11:55

糸島最大級のリゾート施設「LASPARK RESORT」、志摩桜井に登場NEW!

 観光地として人気の糸島に、新たな交流拠点が誕生した。Wiリゾート(株)(本社:福岡市中央区、渡邉将太代表)が手がけた統合型リゾート施設「LASPARK RESORT...

2021年03月01日 11:41

【福岡県緊急事態宣言解除】飲食店の時短要請(午後9時までに延長)と感染拡大防止協力金の支給は7日まで継続NEW!

 福岡県は本日をもって新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言の対象区域から解除されたが、7日まで飲食店の営業時間短縮要請と感染拡大防止協力金の支給を継続する...

2021年03月01日 11:33

九州地銀の2021年3月期 第3四半期(12月期)決算を検証する (4)NEW!

   【表1】を見ていただきたい。九州地銀17行(含むFG・FH)の2020年12月期の有価証券残高順位表である。(以下、億円以下は切り捨てて表示) (1...

2021年03月01日 11:30

【21世紀世界最大のプロジェクト マレー半島横断運河構想】DEVNETがタイ運河総合開発計画(Project:SOLLUNA)に着手NEW!

 13日、(一社)DEVNET INTERNATIONALの明川保文総裁は、タイ王国においてタイ運河総合開発計画に着手したことを明らかにした...

2021年03月01日 11:17

【IR福岡誘致開発特別連載27】なぜ、IR長崎には中国の富裕層の国外カジノ観光禁止規制が致命傷となるのか?NEW!

 IR福岡誘致開発特別連載25、26で中国の習近平政権が近く実施するであろう「中国人富裕層の国外カジノ観光禁止」規制を報じた。『西日本新聞』を含めた各紙も一斉に、同様...

2021年03月01日 09:00

トライアル5、マルキョウ7品目を値上げ 食品19品目売価調査NEW!

 トライアル値上げ5、値下げ4品目、マルキョウ値上げ7、値下げ3品目――データ・マックスが27日行った食品主要19品目の売価調査によると、昨年11月30日時点に比べ、...

2021年03月01日 07:00

新型コロナと労災認定NEW!

 2021年1月30日には、福岡県内での新型コロナウイルス感染者が、累計1万6,000人を超えました。特定の施設や職場でのクラスター発生など、業務により新型コロナウイ...

2021年03月01日 07:00

【八ッ場ダムを考える】完成まで68年八ッ場ダムにおける「闘争」とは(2)NEW!

 「八ッ場(やんば)ダム」は、2009年9月、民主党政権下でダム建設中止が宣言されたことから、一躍全国的に有名となったダムだ。その完成には、1952年の調査開始から2...

2021年03月01日 07:00

鎌倉・空き家再生ファンドで住民参加型のまちづくり(中)NEW!

 エンジョイワークスは鎌倉、葉山、逗子で空き家や空き店舗などのリノベーションを行うほか、全国では他社のリノベーション事業もサポートしている...

pagetop