土木技術者が語る日本の防災のあるべき姿(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月11日 13:30

土木技術者が語る日本の防災のあるべき姿(後)

(株)共同技術コンサルタント 福岡支店長 松永  昭吾  氏

危険な臨海部になぜ人が集まったのか

 東日本大震災では2万人弱が死亡、あるいは行方不明となった。東北地方の臨海部は、歴史的に何度も津波が押し寄せた場所で、1896年の明治三陸地震でも2万人以上が亡くなったといわれている。なぜ、過去に大きな被害のあった危険な場所に、再び人が集まり、住み続けるのか。そこには、欧米型の「近代工業化の推進と経済合理性の追求」が背景にあったと考えている。ここに大きな反省材料、教訓がある。

東日本大震災を生きながらえた「奇跡の一本松」(松永氏提供)

 “たられば”になるが、会津若松や盛岡などの内陸部に人を集め、臨海部には海を良く知る漁業関係者だけが住んでいれば、これだけの被害は出なかった。実際、明治三陸地震後、「津波が来るので、ここに住んではダメだ」という石碑が各地に立てられた。どんなに大きな地震が起きても、そこに人が住んでいなければ、自然災害にはならない。ただの自然現象だったはずだ。
 にもかかわらず、なぜ“賢い日本人”が危険な臨海部に集まり住んだのか。とくに明治期以降、合理的な経済成長のため、全国各地で、会社や工場が立地しやすく、農業を営みやすい場所に人を集めた。つまり、もともと人が住みにくかった湿地や沼地があった場所に、人を集めていることになる。言い換えれば、「自然災害のリスクがある危険な場所に、わざわざ人を集めた」ともいえる。

 経済合理性でいけば、まず港での海上輸送が便利だったからこそ、近代化の象徴である製鉄所が明治維新前に臨海部の釜石につくられた。会社や工場が立地するようになり、港までモノなどを運ぶ鉄道や道路ができると、不便な山から人々が集まるようになった。とくに戦後から高度経済成長期にかけては、ドンドン人が増えていった。これは三陸の沿岸部だけの現象ではなく、太平洋ベルト地帯に位置するさまざまなまちで、同じような急激な人口集中があった。たとえば、再び南海地震が起きた場合、愛知や静岡などでは、前回よりも多くの死者が出るリスクがある。

東京一極集中ではなく全国分散が望ましい

 災害で人が死ぬリスクを減らすことを考えれば、日本全国の津々浦々、できるだけ人が分散して住むほうが望ましいと考えている。行政的には当然、非効率にはなるが、それは現状の行政サービスを維持する前提だからだ。「公助」頼みは、いずれ破綻するのが目に見えている。「自助」「共助」を強化すべきだ。

 全国各地で起こる災害の復旧復興を、すべて国費で賄い続けることはできない。災害復旧にかかる費用は、すでに膨大な金額になっている。たとえば、首都直下型地震が起きた場合、95兆円という巨大な経済被害額が想定されている。東京都内への一極集中ではなく、ほかの場所にヒト、モノなどを移転していれば、その分復旧復興の費用を低減できる。これは、数十年間にわたって災害を生業としてきた、1人の土木技術者としての見方、意見だ。

自然災害は数百年スパンで考えるべき

 土木技術者は、想定を超えるものがあったとしても、致命的なことにはならないよう、想像力を働かせて計画を立てなければならない。なぜなら、日本は災害大国だからだ。他国に比べ、災害がインフラの機能を止めるケースが非常に多い。災害を経験した土木技術者は、経験を基に想像を働かせながら、50年後、100年後でも役に立てるインフラをつくっていかなければならない。すべては、子どもや孫たちの世代のためだ。

 そのためには、「今までこうだったから」ではなく、「今まではこうだったけど」と、いったん立ち止まったところから、想像する必要がある。これまでは、我が国が近代構造物を整備し、100年程度の短い経験を踏まえながら、将来のためのインフラをつくり続けてきた。地震などの自然災害に対しては、タイムスパンが短すぎるのではないだろうか。数百年のタイムスパンが望ましい。数百年のタイムスパンに照らして、現行の国の指針や基準が合わないのであれば、速やかに変えていくべきだ。そういう知恵を政府などに提供するのも、我々土木技術者の仕事だ。むしろ、土木技術者、研究者にしかできない。そう信じている。

(了)

【大石 恭正】

<プロフィール>
松永  昭吾(まつなが・しょうご)

1970年、長崎県佐世保市生まれ。(株)共同技術コンサルタント福岡支店長。噂の土木応援チームデミーとマツ共同代表。(一社)リペア会理事副会長、(一社)ツタワルドボク理事副会長。博士(工学)九州大学、技術士(総合技術監理、鋼構造およびコンクリート、道路)、上級土木技術者[橋梁]、VEスペシャリスト、道路橋点検士、防災士。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月02日 14:44

【緊急寄稿/佐藤章】日本が立ち向かうべき「真の問題」 医系技官ヒエラルキーと特別会計の闇

 第2次安倍政権以来8年間続いた自民党政権の下にいて満足を感じている国民はごく少数だろう。安倍晋三前首相や菅義偉現首相にかかわるスキャンダルを毎日のようにテレビや新聞...

2021年03月02日 18:18

『脊振の自然に魅せられて』素晴らしき脊振の霧氷(前)

 2月19日(金)、ワンダーフォーゲルの後輩Oを誘い、今年3度目となる雪の脊振山へ向かった。18日には雪が舞い散っていたが、天気予報を見ると19日は晴れマークとなって...

2021年03月02日 17:58

中国経済新聞に学ぶ~中国、2020年に新生児30%減少(前)

 中国公安部が2月8日に公布した人口に関するデータが多くの人たちを悩ませた。2020年12月31日現在で、20年の出生戸籍に登録した新生児数が1003.5万人、そのう...

2021年03月02日 17:51

LINE、Yahooが防災デジタル化~デジタル庁創設に向けて自民党デジタル社会推進本部が委員会を開催(前)

 自民党は2月25日、デジタル庁創設に向けて、デジタル社会推進本部デジタル施策調査小委員会を開催した。LINE(株)とYahoo(株)から「防災のデジタル化」について...

2021年03月02日 17:39

福島第一原発事故、東電の賠償額10兆円超える

 東日本大震災の福島第一原発事故による東京電力(株)の原子力損害賠償支払額の累計は、2021年度に10兆円を超える見通しとなったことがわかった。この累計には除染費用が...

2021年03月02日 16:46

コロナ時代のメイクを追求「マスクdeなりきりメイク」~明治産業「あ!めいじんぐ倶楽部」

 不動産資産管理、エネルギー販売などを行う(株)明治産業(福岡市中央区、明永喜年代表)は、オトナ女子のための部活動「あ!めいじんぐ倶楽部」をCSR活動の一環として運営...

若きトップと情熱を傾ける社員たち 快進撃はとどまることを知らない

 創業した1986年当時、(株)三和通商は海外から輸入した衣料品などを国内で売りさばくことが主な事業だった。また、お隣の韓国から人気の化粧品を仕入れるなど、時流に乗っ...

地域とともに発展してきたことに感謝 より身近なスーパーマーケットへ

 暮らしに寄り添うスーパーマーケット。その代表格がサンリブやマルショクではないだろうか。長崎、鹿児島、沖縄を除く九州全域、そして山口、広島に133店舗を構え、事業を推...

2021年03月02日 15:39

ポスト・コロナ時代をどう生きるか?変化する国家・地域・企業・個人、そして技術の役割(1)

 ポスト・コロナ時代に、バイデン新政権下での米国、中国、ミャンマー、台湾、韓国、北朝鮮、中東などの国際情勢はどう動き、日本はどのような役割をはたすべきなのか。さらに、...

2021年03月02日 15:18

ワクチン接種開始とその後の展開(前)

 新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、待望のワクチンがいよいよ生産され、アメリカやイギリスなどの世界各国で接種が始まった。すでに国民の半分近くが接種を受けているイ...

pagetop