わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
日本橋川に「青空を取り戻す」 首都高の地下化プロジェクト(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月13日 07:00

日本橋川に「青空を取り戻す」 首都高の地下化プロジェクト(後)

日本橋再開発イメージ(2019年8月時点)三井不動産HPより"
日本橋再開発イメージ(2019年8月時点)三井不動産HPより

地下化PJがついに始動

 オリンピック終了後間もなく、地元住民から「日本橋に青空を取り戻せ」という声が挙がる。オリンピックの興奮が去ると、「日本橋の景観が台無しじゃないか」という不満が頭をもたげたわけだ。ただ、せっかく通した道を「見た目が悪い」という理由で撤去するわけにはいかない。住民の反対はその後も続いたが、具体的な動きにはつながらなかった。

 世紀が変わって、2001年。当時の扇千景国土交通大臣が「首都高の高架に覆われた日本橋の景観を一新する」と発言。これを契機に、日本橋区間の架替えの機運が高まる。06年には当時の小泉純一郎首相が「日本橋川に空を取り戻す会」を設置し、民間の再開発と絡めて日本橋を架け替えるプランを打ち出したが、「金がかかりすぎる」などの理由により、実現には至らなかった。

 10年を過ぎたころ、建設から40年が経過した首都高のインフラ更新問題が浮上する。国土交通省は、12年に「首都高速の再生に関する有識者会議」を設置。この会議で「都心環状線の高架橋を撤去し、地下化などを含めた再生を目指し、その具体化に向けた検討を進めるべき」との提言がなされた。首都高(株)はこれを基に、首都高速道路の更新計画を策定。日本橋区間を含む竹橋~江戸川橋区間(延長2.9km)の更新を決めた。

 ただ、「日本橋川に空を取り戻す会」がはじいた地下化の概算事業費は5,000億円。同区間の更新予算は約1,500億円。単独の更新事業として実施するわけにはいかなかった。

 ところが16年になって、状況が大きく変わる。日本橋を含む3周辺地区が国家戦略特区の都市再生プロジェクトに追加された。「日本橋再生」は再開発のスローガンになっている。翌17年には、当時の石井啓一国交相と小池百合子東京都知事が日本橋区間の地下化を表明。再開発を奇貨として、ゴロリと地下化プロジェクトが動き始めた。

厳しい設計監理が求められる

 国、東京都、首都高(株)、中央区のメンバーからなる「首都高日本橋地下化検討会」が同年発足。地下ルート、概算事業費などの検討が行われた。地下ルートの検討は難航を極めた。対象区間にはJR・新幹線のほか、半蔵門線など3つの地下鉄が通っていたからだ。既存の首都高の橋脚や日本橋川なども干渉する。当然、下水道や電気、ガスなどもある。

 検討会では、JR・新幹線下にトンネルを掘るのは無理と判断。この部分は既存の八重洲線を利用し、JRを越えた地点からトンネルを掘り進むことにした。八重洲線と分岐する部分は、断面が大きく変わるため開削で行う。トンネルは半蔵門線の上を通り、銀座線の下を通り、浅草線の上を抜け、地上に出た後、6号向島線につながる線形とした。

 トンネルに干渉する支障物は基本的に、すべて一時的に改修、撤去。貫通後に元に戻す必要がある。こう書くと簡単なようだが、いったん壊して、新しくつくって、また壊して、元の場所につくるのは、新しく構造物をつくるのより、はるかに困難で、何より費用がかかる。詳細な設計はこれからだが、「相当厳しい設計監理になる」(首都高関係者)と指摘する。

 日本橋の上から首都高が姿を消すのは、早くても、橋が架かってから80年近く経ったころになる。そのときに、橋が架かる前の日本橋の景観を記憶している人がどれだけいるだろうか。多くの人にとっては、今の日本橋の景観こそが日本橋なのであって、「取り戻す」感覚は薄いと思われる。周囲のまちなみも再開発によって大きく変わっているはずだ。日本橋の「再生」とは「restore」ではなく、「rebirth」を意味するようだ。

(了)
【大石 恭正】

概算事業費は、
首都高が約400億円+1,000億円(大規模更新費の一部)を負担。国や自治体の出資金の償還時期を見直すことで約1,000億円、自治体が別途約400億円を負担するほか、民間プロジェクトが約400億円を負担することになった。ルートや工法の見直しなどにより、当初5,000億円だった事業費も1,800億円ほど圧縮された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年04月13日 14:29

【STOP!文春砲】参院広島選挙区再選挙でネガティブ・キャンペーン?NEW!

 買収事件で逮捕された河井案里・前参院議員の失職にともなう「参院広島選挙区再選挙」は、菅政権初の“トリプル国政選挙”のなかで与野党が最も力を入れている天下分け目の決戦...

2021年04月13日 13:59

【4/15~21】中洲地区の飲食店勤務者を対象に無料PCR検査NEW!

 福岡市は中洲地区の飲食店に勤めている人を対象とした無料PCR検査を実施する。期間は15日~21日の平日午後4時~8時。事前予約は不要で、検査費用は無料...

2021年04月13日 13:20

新体制スタートの西友(5)コストに見合わない低価格販売NEW!

 西友の利益が向上しなかったのは、コストに見合わない低価格販売が一因だ。売価は食品スーパーより安い上、クレジットカードによる購入には毎日3%、月3回の指定日には5%を...

2021年04月13日 11:28

西部ガス、液化天然ガスの中国向け通年出荷を開始NEW!

 西部ガスは12日、中国へのISOタンクコンテナを利用した液化天然ガス(LNG)の通年出荷を開始したと発表した。北九州港のひびきコンテナターミナルから専用のコンテナ船...

2021年04月13日 10:25

【佐賀】物流拠点続々 鳥栖JCT半径10㎞圏に大型物流施設相次ぐNEW!

 福岡市・糟屋郡圏とともに九州の物流拠点になっている鳥栖JCTから半径10km圏に大型物流施設の立地や進出が相次いでいる...

2021年04月13日 09:41

別府名物「地獄蒸しプリン」を博多駅で期間限定販売

 良質な湯があちらこちらで湧く大分県別府市。温泉の噴気を利用して野菜や肉を蒸す「地獄蒸し」は絶品グルメとして知られているが、そのなかでも人気の高い「岡本屋地獄蒸しプリ...

2021年04月13日 07:00

バイデン大統領の諸政策と韓国への影響(後)

 バイデン政権の経済政策では、環境、労働、人権が優先されることが予想される。バイデン政権はパリ協定への復帰をはたし、50年までに二酸化炭素排出ゼロを目指すことになるだ...

2021年04月13日 07:00

【マンション管理を考える】新制度検討会、ウェブ総会も認容

 国土交通省は、2020年7月に「マンション管理の新制度に関する検討会」を設置。22年6月の改正マンション管理適正化法の全面施行に向け、議論を重ねている...

2021年04月12日 17:17

【縄文道通信第65号】縄文文化―音楽とオノマトペ~縄文道――武士道――未来道

 縄文人は自然のなかで、自然の摂理に従って生き続けてきたことからも、体の内からの声を音楽として自然に発していたことは想像できる...

2021年04月12日 15:00

【BIS論壇No.339】国家安全保障局(NSS)経済班

 政府の国家安全保障局に経済安全保障の司令塔を担う「経済班」が設置され、4月1日で1年が経った。政権内では国家安全保障戦略を改定し、経済安保を初めて盛り込む案が浮上し...

pagetop