• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月03日 07:15

「自分の家族を利用させたい場所を創る」 原点を忘れず、福岡でのシェア拡大を目指す 一樹百穫 

介護・児童福祉サービス
(株)医倖会

「さかいの樹」ブランド定着

代表取締役 飯田 哲也 氏
代表取締役 飯田 哲也 氏

 (株)医倖会は2003年、福岡市南区で(有)医恵会として、鍼灸事業を目的に設立されたのが始まり。その後、地域高齢者の日常生活を支援できるよう通所介護事業をスタートさせた。発足時のスタッフはわずか7名だったが、16年後の今、正社員70名、パート社員100名の規模に成長した。

 現在は福岡市内を中心に、20拠点あまりの高齢者介護施設と児童福祉施設を運営するまでになった。福岡市内で展開する「さかいの樹」ブランドは広がりとともに、認知度も高まっている。これだけの雇用を守りながら、1カ月の利用者は延べ約8,000名にもなる。

 さて、そんな組織をとりまとめるのは、20代後半から代表に就任している飯田哲也社長だ。立ち上げ時からの叩き上げであるため、幾度とあった苦難を知っている。当初は社長の力で推進していたが、規模が大きくなるにつれて、はたしてそれでいいのかと疑問に思い、社員の声を吸い上げるように心がけた。利用者や社員同士でもコミュニケーションの欠かせない仕事だから、雰囲気づくりも必要。職場の活気は社長自らが率先して、スタッフに声をかけている。

さかいの樹
さかいの樹

限りなく要望に応えたい

 「施設ごとに色がある」――社長が全体の意識を取りまとめても、施設ごとの雰囲気は責任者によるというが、共有したいのは会社の目指す方向性である。「利用者が喜ぶことを実践しよう」――これが同社の指針。強みは対応力。時間と回数を縛らないのが同社の特徴だ。

 まずは、基本的にニーズが発生したら、断らない主義を貫く。業界では、経営的観点からは利用者には長いスパンで利用してもらうほうが良いという考えが一般的。短い期間では、受け入れたがらないのが本音だ。そうしたなか、同社ではできる限り、どんな短い時間帯でも利用者の要望に応えるようにしようと柔軟な受け入れ体制を敷く。

 また筋力トレーニングを主体とする介護予防についても、月の利用制限を設けず、何度でも利用してもらっても良いことにしている。これらが評判を呼び、外部から移ってくる利用者もいる。まさにこれが「利用者の喜ぶこと」なのだ。

業界イメージを変えつつ、シェア拡大

 介護職と聞けば、大変なイメージだけが先行してしまいがちだ。しかし、それはあくまで一部であり、福祉にはほかにもまだステージが広がっている。当然現場を知ってもらうことから始まるが、若手に期待するのは単なる人手不足解消ではない。「今後も福祉の領域から出ることはないが、新卒者には総合職としての活躍を望みたい。福祉の世界で新しいチャレンジをどんどんしていきたいし、これまでのイメージを変えていきたい」と飯田社長。

 経営的な今後の目標は、ずばり福岡市でのシェアを10%まで拡大すること。現在はおよそその半分の5%。とはいえ、すでに相当な数字でもある。目標に対して、すべてを倍にすれば良いわけではない。とくに人材を倍にするのは至難の技。少ない人手で効率良い働き方を実現するために取り入れようとしているのが、ICTなどの新技術だ。すでにIT関連企業との共同研究を始めており、介護分野でのICT化を積極的に進めていく。医療介護は地域密着だから成り立つ領域。県外に広げる予定はなく、福岡市およびその周辺都市圏で積極展開する。福岡で「福祉=さかいの樹」とイメージを定着させるのが目標だ。

創業の原点を忘れず、場所創り

若いスタッフも活躍中
若いスタッフも活躍中

 「会社として、若いスタッフが成長していき、複数店舗任せられる責任者を育てたいし、そのためには望むことは叶えてやりたい。それを越えて、独立したいという要望が出ても、歓迎したい」――競合店舗が増えるという考えではなく、福祉サービスが浸透しやすくなり、助け合える機会も出てくるというのが飯田社長の考えだ。

 最後に、飯田社長から聞いた経営方針を固めたエピソードを紹介する。デイサービス立ち上げの際に、数カ所の事業所を見学した飯田社長。訪問先のスタッフに、「家族が困ったとき、この事業所に家族を預けたいですか」と聞いたそうだが、返ってきた答えはすべて「ノー」だった。「スタッフ自らが家族を入れたくない業界なのだ」とショックを受けるとともに、これから自分が立ち上げていく事業所は、従業員が「自分の家族を利用させたい」と心底思える「場所」にしようと決めた。家族を入れたいと思えるほどの質の高いサービスを提供しないといけない。これが会社の経営理念となった。

「自分の家族を利用させたい」場所を創る
「自分の家族を利用させたい」場所を創る

<COMPANY INFORMATION>
代 表:飯田 哲也
所在地:福岡市南区野間4-1-12
設 立:2003年10月
資本金:300万円
TEL:092-557-1203
URL:http://www.med-sakai.jp/sakainoki/

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年06月23日 17:59

【読者ご意見】山口FG・吉村会長への内部告発状について(12)NEW!

 NetIB-Newsでは、読者のご意見を積極的に紹介し、議論の場を提供していきたい。

ワクチン接種は税金の無駄遣いNEW!

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事を抜粋して紹介する。今回は、「リスクが未知数のワクチンに巨額の税金を投入することは税金の無駄遣いだ。ワ...

2021年06月23日 16:56

華僑、日本へ移住NEW!

 「日本人はちょろい、カモカモ」と大声で喋りながら我がもの顔で闊歩する中国系アメリカ人。つまり資産をアメリカに持ち逃げして米国籍を得た中国系である。

2021年06月23日 16:23

コーセーアールイー、大橋駅徒歩30秒の用地にファミリーマンション建設へNEW!

 (株)コーセーアールイーは西日本シテイ銀行大橋支店の跡地を2年前に購入しており、この地は西鉄大牟田線大橋駅徒歩30秒という交通の要所に位置する。

2021年06月23日 16:13

大幅増益で「攻めの姿勢」へ 面積、戸数ともに九州トップクラスNEW!

 20年の「全国分譲マンション 売主・事業主別供給占有面積ランキング」(※)では、1位が野村不動産で供給面積は27万4,276m2、2位がプレサンスコーポレーションで...

2021年06月23日 15:30

【凡学一生の優しい法律学】民間学術研究団体のお粗末な憲法論(前)NEW!

 米国のマーク・ラムザイヤー教授の「従軍慰安婦≠性奴隷」説に対する韓国と中国からの批判論に対して、民間団体「国際歴史論戦研究所」(杉原誠四郎会長)は「学問の自由に対す...

2021年06月23日 14:45

2050年代を見据えた福岡のグランドデザイン構想(32)~新福岡空港島(案)への高速道「新空港アクセス道」の検討NEW!

 新福岡空港への道路アクセスは、前回述べた鉄軌道と同様に、地下トンネルでのアクセスとする必要がある。

2021年06月23日 14:00

元労働基準監督官・中野公義弁護士の著書『同一労働 同一賃金 裁判所の判断がスグわかる本』プレゼント~先着で5名さまに

 元労働基準監督官という経歴を有する「労働事件のスペシャリスト」中野公義弁護士の著書『同一労働 同一賃金 裁判所の判断がスグわかる本』が6月20日に発刊された...

2021年06月23日 13:15

【福岡県警】新型コロナ休業支援金の不正受給で3人逮捕 全国初の摘発

 福岡県警は22日、新型コロナウイルスの影響により休業し、休業中に休業手当を受けとれていない労働者に国が支給する「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」をめ...

2021年06月23日 12:01

主要12社の経常利益率、コロナで軒並み急上昇 ナフコ8%、MrMax4.36%、マルキョウ4.09%

 主要12社の2021年2~3月期決算によると、期間の儲け具合を示す経常利益率(経常利益÷営業収益)はコロナ特需でほとんどの企業で急上昇した。巣ごもり消費による好売れ...

pagetop