わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月20日 15:28

【凡学一生の優しい法律学】憲法改正について(7)

9条論・改正論について~隠蔽され続ける不都合な真実

 最近、近隣諸国から日本人の歴史認識の稚拙さが批判されます。その批判は当を得ていないというのが筆者の見解ですが、日本人の歴史認識が根本的に稚拙であることは、憲法9条議論においては確実にいえることです。これは「知らしむべからずよらしむべし」の封建為政の精神が依然として日本に深く根差している事実を反映しています。

 日本国憲法が成立した当時、地球的政治状況を見て、戦争のない軍事力を不要とする平和な地域が地球上に存在していたかをまず考えて見てください。日本自身が、戦争を終えたばかりで、近隣諸国ではすでに戦争状況がたくさんありました。

 このような状況で出現した日本国憲法の戦争放棄をはじめとする平和憲法条項の現実的意味は、日本国では、現実に必要な軍事力は連合国(実際は米国)が対応するということであり、駐留軍(米軍)の継続を意味しました。このような正しい歴史認識があれば、そもそも現在まで続く、不毛な9条議論は存在しなかったものです。憲法学者は必ず、直ちに9条の文意解釈論を展開するため、9条の憲法議論は極めて難解です。問題・意味が存在しないところに問題・意味を設定するのですから当然です。日本の法学生はこの一種の政治的陰謀・隠蔽にたちまち巻き込まれます。

 永遠に続く解釈論の1つが、9条条文は自衛権まで放棄したか、の議論です。戦争放棄、交戦権否定の条文がある限り、「自衛の戦争」という議論の設定そのものが論理矛盾です。

 しかし、現実の世界政治はパワーポリティックスといわれる軍事力対立の世界であり、まったくこれらの議論は無意味です。

 憲法に限らず、法の解釈は現実にふさわしい解釈をしなければ、法としての存在意義を失います。学者のただの机上の空論となります。世界の政治状況を無視した9条の解釈論がいかに無意味かをまず理解すべきです。これは極めて当たり前の議論ですが、立法の解釈論として「立法者意思説」とか「立法事実論」があります。これは立法者がどのような事実を前提ないし想定して立法したかの議論です。

 9条に関していえば、立法者は米国軍人のマッカーサーであり、前提事実は現実には東西冷戦対立のパワーバランスの国際政治状況です。結局、9条の戦争放棄は日本人が独自に戦争について判断できない政治状況において規定されているところから、日本人による戦争、日本人による交戦権の主張を認めないというに過ぎず、現実の軍事的対応は駐留米軍がする、という立法事実が前提事実です。

 日本国憲法の9条と米軍駐留は不可分の関係にあることが理解できれば、現在の米軍基地の存在問題も実は憲法問題であることが理解できるのであり、これが、正しい歴史認識に基づく議論です。現実には日本は「事実上の」軍事力(自衛隊)を保有しています。軍事力に「事実上」という形容詞が必要なのも日本固有の現象であり、世界の笑いもののひとつです。軍事力に「事実上」と「事実上でない」ものがあるはずもなく、まったく馬鹿げた日本語です。

 結局、9条改正は日本の軍事力(自衛隊)の法的認知問題であり、同時に駐留米軍の撤退問題でもあります。軍事防衛力をもたない国家など地球上には存在しえないのですから、現実に即応した法的解釈をしなければなりません。現在の国民の多数にこの国家の命運をかけた議論能力がどこまであるか、を自問したとき、答えは自ずから明白です。

憲法も法律も国民生活の規範を定めるもので、時代の変遷によって、改変の必要があることは当然です。従って、問題は具体的な改変の中身です。

 現在、自民党の主張する憲法改正の具体的中身が明確ではありません。極論すれば、戦争放棄を定めた9条だけを改正したいのであれば、時代の変遷による改変の必要性という改正の大義名分が成り立ちません。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年12月09日 17:38

ヤマキ、かつおだしに血糖値抑制作用を確認

 ヤマキ(株)(本社:愛媛県伊予市、城戸善浩社長)は4日、かつおだし摂取による血糖値上昇の抑制を、ヒト試験で確認したと発表した。

2019年12月09日 17:13

久留米市のマッサージ店経営者、準強制わいせつの容疑で3度目の逮捕

 福岡県警は12月7日、準強制わいせつ容疑で、福岡県筑後市居住の自営業・坂井俊夫容疑者(43)を再逮捕した。坂井容疑者は11月5日、11月26日にも別の準強制わいせつ...

2019年12月09日 17:12

間違いだらけの大学英語入試~経済政策にひた走る文科省!(前)

 大学入学共通テストに導入予定だった英語の民間試験は10月の萩生田光一文部科学大臣の「身の丈」発言(BS討論番組)であっけなく延期となった。しかし、火の粉は高校・大学...

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(17)〜工事経歴に記載されていないのはなぜなのか?

 本日(12月9日)、既報の通り、ライオンズクラブ(以下LC)337-A地区の『名誉顧問会』が午前10時頃から開催されている。開催場所は不明だが、「開催されることは、...

2019年12月09日 15:49

【読者投稿】宇久メガ現場に「宙に浮いた謎のプレハブ」

 長崎県佐世保市宇久島の島民から、先週末一枚の写真が届いた。写っているのは、コンクリートブロックを重ねた足(台)に宙に浮いている謎のプレハブ。出現した場所は、宇久陸上...

2019年12月09日 15:35

(株)富山ゴルフ(富山) ゴルフ場経営

 富山ゴルフは12月6日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日、同地裁より保全管理命令を受けた。

2019年12月09日 15:28

「ガセネタであってほしかった」大麻事件

 福岡県宇美町の町議会議員が大麻取締法違反で逮捕された事件。直近の報道では、容疑者は末端の購入者ではなく、大麻を売りさばいており、その中枢にいたことを報じている。有権...

2019年12月09日 14:51

ソロン関係会社間で新たな係争判明

 ソロンの創業者である故・田原學氏の長男、司氏が代表を務める(株)ゼンズーが、(株)ソロンの関連会社(都市環境開発(株))を訴えた裁判事件が確認された。原告が被告に求...

徴用工裁判と日韓請求権協定の真実を知る重要性

 関係資料も網羅されている。多くの者が提示する疑問をQ&A方式で分かりやすく解説している。日本では、いささか知性を欠く韓国批判の主張が流布されているが、真実に真摯に向...

2019年12月09日 14:24

冨治商会が役員選任

 冨治商会は11月25日に定時株主総会ならびに取締役会を開き、役員を選任した。

pagetop