• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月30日 07:05

関わるすべての人と感謝・信頼し合える堅実なアパート経営による人生100年時代の資産づくり 一樹百穫 

投資用アパートの企画・販売
(株)アイケンジャパン

徹底した入居者目線のアパートづくり

代表取締役 中島 厚己 氏
代表取締役社長 中島 厚己 氏

 投資用アパートの企画・販売および賃貸管理を手がける(株)アイケンジャパン。同社では、2006年8月の設立当初から現在に至るまで、一貫して「堅実なアパート経営」を可能にする付加価値の高いアパートづくりを行ってきた。高い入居率や収益稼働率を維持するため、同社の手がけるアパートでは厳選された立地条件はもちろんのこと、まるで高級分譲マンションを思わせるかのような充実した標準設備や、防音・耐震に優れた独自構造を備え、最高レベルの劣化対策〈等級3〉などを満たしている。

 入居者ターゲットとしているのは“社会人の女性”。彼女らのニーズに応えるため、同社のアパートはオートロックのエントランスや、外から見えない内廊下・屋内階段など、デザイン性やセキュリティ面などの細部に至るまで、こだわり抜いてつくられている。

 広々としたLDKスペースと開放的なスカイバルコニーを備え、アパートの概念を超えた住空間を提供する「GRANDTIC(グランティック)」シリーズを始め、居住性にこだわった3階建てアパート「REGALEST(レガリスト)」、3階層あるユニークな間取りのロフト付きアパート「RIZEST(ライゼスト)」などの各種ブランドを用意。土地の形状や、入居者目線のニーズに合わせた、さまざまな展開が可能だ。

社会人の女性をターゲットにした高質なアパート
社会人の女性をターゲットにした高質なアパート

関わるすべての人と感謝・信頼し合える企業へ

 手がけるアパート物件だけでなく、社員の誠実さや、明るく爽やかな対応などにも定評があり、顧客からの信頼も厚い。

 そんな同社の社風を一言でいうと、手がけるアパートと同じく“堅実”である。社内には、社員1人ひとりの仕事面での能力向上はもちろんのこと、人間的な成長をも促すための教育制度や評価制度が整備。社内の部門は営業部、工務部、PM部、経営管理部、そして経営企画室に分かれており、新卒入社の社員は初めにPM(Property Management/不動産管理・運用)部に配属して、同社の基本となる業務からじっくりと育て上げる仕組みだ。

 社員に対して、月一万円の禁煙手当の導入や、産休・育児休暇の取得を推奨するなど、福利厚生面も充実。さらに年一回の社員旅行では、希望すれば社員の家族のみならず、恋人の参加までOK。家族からの仕事に対する理解が深まり、社員の定着率も高い。非常に風通しの良い組織風土が形成されており、他社が一朝一夕で真似できるものではない。

 経営指針にもあるように、代表取締役社長の中島厚己氏の「お客さまだけではなく、社員も含めた関わるすべての人と感謝・信頼し合える、アットホーム企業であり続けたい」という信条が色濃く反映。このような社風の下、同社においては社員の1人ひとりが、仕事を通じて自らの成長を実感できるような環境が整えられている。

非常に風通しの良い社内
非常に風通しの良い社内

業界に変革をもたらす先駆者へ

 これまでに自社企画アパートの販売棟数は800棟弱、管理総戸数は約5,700戸以上と、着実に実績を積み重ねているアイケンジャパン。

 2019年6月には、新たな拠点となる熊本支店を開設した。これまで九州エリアにおいては、本社を置く福岡を中心とした営業活動を行ってきたが、熊本支店の開設により、福岡本社が九州北部エリアを、熊本支店が九州南部エリアを担当する九州内2拠点体制に移行。営業活動体制だけでなく、物件の管理サポート体制がさらに強化されたことで、さらなる顧客満足度の向上に取り組みながら、ビジネスの拡大を目指している。

 現在、全国9拠点体制での営業網を構築している同社だが、今春からは新たに土地活用の分野にも進出。各地域の不動産業者と業務提携を行い、紹介を通じて地元の土地所有者に対し、不動産投資の視点を取り入れた提案を推進している。

 「本業である堅実なアパート経営においては、地に足を着けたブランディング・事業展開をこれまで以上に進めていくことはもちろんですが、今後は、IT技術などを取り入れた快適な住空間や、ニーズを先取りしたサービスを提供するなど、常に新しい挑戦をしていきたいですね」(中島社長)と、新規事業への挑戦にも意欲的だ。

3つの「アイ」

 同社は企業理念として「堅実が一番を、業界の常識としたプラットフォーム企業を目指します」を掲げ、そのための行動の基本に置く行動指針として、3つの「アイ」(愛・Eye・I)を定めている。「愛」は仕事や会社、仲間、そして家族を愛し、互いに信頼し合える社会づくりを目指すこと。「Eye」は時代の流れを正しく見据える視野をもち、主体的に業務に取り組むこと。そして「I」は、社員自身が常に謙虚・素直・プラス思考を基本に、何事にも果敢に挑戦しながら各人のスキルアップと人格形成に努めること。この3つの「アイ」こそが、同社の社名「アイケンジャパン」に込められた想いなのだ。

 「商品力はもちろん大事ですが、弊社の最大の武器は社内の風通しの良さや、安心して仕事に打ち込める社内環境にあると思っています。お客さまやお取引先さま、そして社員とその家族など、弊社に関わるすべての人と感謝し、信頼し合えるような、そんなアットホーム企業であり続けたいと思っています」(中島社長)。

 “堅実な社風”のなかで育まれた優秀な社員たちによる万全の体制で、“堅実なアパート経営”による、人生100年時代の資産づくりをサポートするアイケンジャパン。今後のさらなる躍進が期待される。

<COMPANY INFORMATION>
代 表:中島 厚己
所在地:福岡市中央区天神2-7-21
設 立:2006年8月
資本金:5,000万円
TEL:092-739-6655
URL:https://aikenjapan.jp/recruit/

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月23日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(10)NEW!

 中川氏は「米中貿易戦争」に関して、ソ連や日本が経験した「トゥキディデスの罠」に言及した...

2020年09月23日 07:00

独自性を高める事業構築NEW!

 2015年1月に設立された総合建設業(株)スエナガ。同社は設立して5年の新鋭企業である。同社の企業スローガンとして『土地に夢を、建物に想いを』を掲げ、賃貸マンション...

2020年09月22日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(9)

 最後に、中川十郎BISJ会長は「新型コロナ騒動」のなかで密かに進行している国際政治に目を向け、「一帯一路と米中貿易戦争」について発表した...

2020年09月22日 07:00

健康・安全意識の高まりに乗って、オールミネラル化システムにブレイクの兆し

 独創的な水処理システム『ミネラルクリスター』を製造・販売する(株)クリスター。雨が山の地層を通過し、豊富なミネラルを含んだ名水となって地下から湧き出る―そんな自然の...

2020年09月21日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(8)

 井出氏は、新型コロナウイルス感染拡大で世界が求められていることは(1)感染経路の究明、(2)感染防止のための諸国民の努力、(3)専門家、医療関係者への期待・要請...

2020年09月21日 07:00

ご縁と絆を大切にして、堅実な事業を構築し続ける

 (株)隆工務店は1965年1月創業、67年7月設立の建設会社だ。現代表取締役・田原昇氏は、長年“番頭”として先代を陰で支え続け、2016年7月に3代目の同社代表取締...

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

pagetop