• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月26日 07:00

フットワークの良さを武器に100周年を目指す老舗企業 一樹百穫 

電気工事
博多電設工業(株)

創業83年の老舗企業

4代目取締役社長を務める中岡進士氏
4代目取締役社長を務める中岡進士氏

 福岡地区で老舗として知られる博多電設工業(株)は、1936年11月に西嶋要次郎氏が西嶋電気商会として創業した電気工事業者である。54年1月に(有)博多電設工業所として商号・組織変更し、83年11月に現商号へ変更。現在は電柱から建物設備への引込線工事を主に手がけ、マンション、テナントビル、自動車整備工場などの電気工事を一手に引き受けている。

 同社は創業83年の長い業歴から豊富な実績を有し、受注先は地場ゼネコンを中心に全国規模の中堅ゼネコンが名を連ねる。「最初はゼネコンさんとのお仕事ですが、竣工後は施主さんとの長いお付き合いになります。電気はライフライン、竣工後に何らかの不具合が発生すれば、どんな些細なことでもすぐに駆けます」というのは4代目社長・中岡進士氏。工業高校建築科、電気関係の専門学校を卒業後、94年4月に同社に入社。2013年1月に同社取締役社長に就任した。21歳の時に入社して、39歳で社長に就任した中岡氏は、老舗企業のブランドを着実に継承・発展させながら、次なる100周年を見据えている。

メンテナンスに強み

 福岡地区だけでも数多の電気工事業者が存在するなかで、博多電設工業の特徴は業界屈指の老舗企業であることとメンテナンスサービスにある。仕事内容はゼネコンの指示のもとで施工図をつくり、大工、左官、内装などほかの工事業者と調整を取りながら配線工事を行うこと。一般的には工事業者は建物が竣工するまでが仕事だが、施主からしてみれば建物はその後何十年も稼働していくため、経年劣化や不測の事態が発生する。そのような事態に迅速かつ丁寧に対応するのが同社のメンテナンスサービスだ。

 地場密着型の電気工事業者として長い業歴を有する同社は、メンテナンス専門の人員を配し、コンセント1つからでも困ったことがあればすぐに駆けつけている。「最初は人と人のつながりですが、そこに技術がともなって信用に変わっていきます」。現場たたき上げで創業一族外から初めて社長に抜擢された中岡氏の言葉には、穏やかながらも重みがある。社長就任当初は老舗企業としての信用を失わないようにさまざまなところで顔出しをしてアピールして回ったが、それもしばらくすると「博多さんだから仕事をお願いしたい」と言ってもらえるようになったという。

活況ながらも人手不足

 博多電設工業には内勤者と現場担当者、メンテナンス担当者を含めた現在12名の従業員が在籍している。現場担当者は自分たちの担当工事を「いつ」「誰に」「どうやってもらうのか」の段取りをする仕事である。さまざまな専門工事業者と協力しながら、建築段階に応じてやるべきことを滞りなく手配していくため、スケジュール管理とコミュニケーション能力が必須のスキルだ。

 「仕事ができるようになるまでには相応の時間がかかりますが、臨機応変に対応できれば、自由にやれる面白い仕事だと思います、現場を仕上げていくには担当者の価値観が反映されますので、そこはその人のセンスに任せています」と、中岡社長の現場担当者への信頼は厚い。「基本、自分たちは段取り屋です。段取りがうまくいけばみんなとの協調性が生まれて仲良くなりますし、見事にスパッと現場を仕上げた時の気持ち良さは格別です。何しろ地図に残る仕事ですから家族にも誇れますよ」と仕事の魅力を語ってくれた。

 建設会社の多くが過去最高益を記録する一方で、業界としては職人の高齢化などで慢性的な人手不足に陥り、「仕事はあるが、手が回らない状況」にある。中途採用をして即戦力を拡充しようにも各社ともに有資格者人材を必要とするため、なかなか人員拡充ができず、中長期的な業容拡大に踏み込めないのが実情である。

100年企業を目指して

 このようななか、博多電設工業は100年企業を目指した取り組みを構想している。早くからISOを導入して経営改善を図ってきた同社の業務は効率化され、従業員にとっても働きやすい職場環境になっている。実際のところ、定年退職はあっても中途退職はないというのが同社の自慢でもある。市況も活況で仕事にも恵まれている。そうなると、あとは次世代人材を配置した施工体制こそが100年企業実現へのカギとなる。若い現場担当者を配置すれば、自ずとその世代の横のつながりが生まれ、その世代が10年後、20年後に一線で活躍することになる。100年企業の道程は世代交代の積み重ねでもある。「この建物は自分が電気工事をしたんだ」と家族に胸を張っていえる次世代人材がさらなる博多電設工業を切り拓いていく。

事務所外観
事務所外観

<COMPANY INFORMATION>
代 表:西嶋 ひさよ
所在地:福岡市博多区堅粕4-23-4
設 立:1954年1月
資本金:4,000万円
TEL:092-411-3778

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年02月21日 14:50

「検察崩壊元年」ゴーンの反撃(12)

 60年前の昭和30年代に起きた「白山丸事件」。「犯人が国外にいる」ことだけで公訴時効は中断する、という判例で、現在もこれが盛んに悪用され、事件そのものを検察が知らな...

2020年02月21日 14:00

インターネット時代における言論人の使命・責任とは何か!(3)

 第2セッションのテーマは「ジャーナリズム挑戦課題」である。座長はPeter Zoerher(国連UPF ヨーロッパ&中東メディア担当ディレクター)で、6人のパネリス...

2020年02月21日 13:01

新型コロナウィルス問題に隠された真実(後編)

 中国人の食に賭ける思いには日本人の想像を絶するものがある。たとえば、先に述べたが、絶滅の危機に瀕しているトラについて。もちろん、中国政府は野生のトラを捕獲したり、そ...

2020年02月21日 13:00

アベノミクスがもたらす「資本栄えて民滅ぶ」国の未来(4)

 日本経済が民主党政権時代を上回る超低迷を続けているのに、企業収益が倍増してきたのは、労働者に対する分配所得を圧縮してきたからだ。労働者1人あたりの実質賃金は第2次安...

pagetop