• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月11日 09:38

「現在、政権を取っている人たちこそ反社勢力」と山本太郎氏~日米FTAの再交渉期す

米国が日本市場22分野を狙っていることを説明する山本氏(2019.12.10筆者撮影)
米国が日本市場22分野を狙っていることを説明する山本氏
(2019.12.10筆者撮影)

 れいわ新選組の山本太郎代表は10日、群馬県・JR高崎駅前で街頭記者会見を開き、臨時国会での日米貿易協定承認を「まさに国家の切り売り。売国」と批判するとともに、有権者買収や公文書改ざんを引き合いに「現在、政権を取っている人間たちこそが反社勢力」とやゆし、政権交代が実現したら再交渉を行う考えを示した。

 会見に参加した女性が、食の安全と農業を心配する立場から日米貿易協定に対する見解を求めた。山本氏は「もともとはTPP(環太平洋経済連携協定)で、貿易における障壁をなくそうという考え方。自民党は野党時代、絶対反対と言ってた」と切り出した。

 2010年の菅直人政権のTPP参加方針に対し、「TPP参加の即時撤回を求める会」をつくって対抗した経緯を紹介。92人からスタートして、政権奪取直後の2013年2月には、前自民党議員378人中、236人に達していた。

 稲田朋美衆院議員は産経新聞で「TPPバスの終着駅は日本文明の墓場」と糾弾し、江藤拓衆院議員はISD(投資家対国家紛争解決)条項を「受益者が外資だったら、お話にならない」と問題視していた。しかし、採決では賛成する。その後米国が抜け、直接交渉することに。

 「直でやったらめちゃくちゃに食われるだろう。だって、今まで断ったことあったっけ、アメリカに」

 山本氏は日米地位協定が改定できない現実を挙げ、「はっきり言ったら、植民地みたいな状態。にもかかわらず、アメリカとの交渉でウイン・ウインですと言われているのがこの日米FTA」と述べ、日米貿易協定における政府のうそを列挙した。

 「米国は自動車関税の撤廃を約束したというが、してない。まあ、先々話していこうやという話。米国からの牛肉輸入はTPP合意内としていたが、TPP超え。コメや乳製品は勝ち取ったというが、先送りされただけ。自動車のために農業を差し出し続けないと言っていたが、差し出し続けることに。日米協定はウイン・ウインと発表したが、日本は失っただけ」

冷え込みのなか、約300人が耳を傾けた(2019.12.10筆者撮影)
冷え込みのなか、約300人が耳を傾けた
(2019.12.10筆者撮影)

 農産品の関税撤廃率は日本72%に対し、米国1%に終わった。米国議会向けの説明文書には、今回の物品貿易とデジタル貿易のほか、さらに20項目の交渉が控える。

 一方、野党側についても「衆議院で戦わなかった。参考人質疑も行っていない」と国会対応に疑問を呈した。来年1月1日の発効を遅らせるために体を張り、ピケを張るべきだったとの見方をした。

 協定案は参院が議決しなくても、30日経てば自然承認された。2閣僚の辞任で審議時間がずれ込み、会期末までの成立が危ぶまれていた。それにもかかわらず、野党側は「桜を見る会」の追及に明け暮れ、交渉に関する資料提出もないままわずか11時間の審議で採決に応じた。

 山本氏は「戦術の問題なのか。有権者買収のほうが話が簡単だから。理解はできるが、これ(日米貿易協定)を差し上げたら、駄目だろう。日本国内の産業を守らなくてどうするんだ。まさに国家の切り売り。売国」と喝破した。

 「桜を見る会」を通じた有権者買収のほかにも、森友学園・加計学園の両疑惑を隠ぺいするための公文書改ざんや意図的な紛失、前年比1.4%となった2018年の賃金伸び率の根拠となる8年分の毎月勤労統計データの廃棄などを挙げ、「現在、政権を取っている人間たちこそが反社勢力」とやゆした。

 そのうえで、山本氏はTPPや事実上の日米FTAについて、「政権交代していく中で、そのような反社会的勢力が権力をもって約束してしまったことに関して、もう1度話し合いをするなかで取り戻すしかない」と述べ、政権奪取後に再交渉を行う考えを示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

2020年09月18日 17:00

コロナで綱渡りの百貨店 高い損益分岐点、収益大幅悪化は必至

 コロナ下で百貨店が綱渡り経営を続けている。博多大丸以外は損益分岐点比率が高く、岩田屋三越とトキハ、井筒屋は95%を超え、山形屋は105.0%で、わずかな減収で赤字に...

2020年09月18日 16:52

地銀の経営統合~「待ったなし」を検証する(後)

   【表1】を見ていただきたい。47都道府県の地銀の状況表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国47都道府県にある地銀は、第一地銀64行、第二...

pagetop