2022年06月25日( 土 )
by データ・マックス

レベスタからベススタに~ベスト電器が博多の森球技場のネーミングライツを取得

 ベスト電器(本社:福岡市博多区、小野浩司社長)が、福岡市が公募していた「博多の森球技場」のネーミングライツを取得した。これにより3月1日から同球技場の愛称はこれまでの「レベルファイブスタジアム」(略称:レベスタ)から「ベスト電器スタジアム」(略称:ベススタ)になる。

 愛称の使用期間は2020年3月1日から23年2月28日までの3年間。命名権料は年間3,600万円。

 ベスト電器は「福岡市に本社を置く地場企業として、同球技場へのネーミングライツを通じた活動により、福岡市内におけるスポーツ振興と発展に貢献していきたい」とコメントしている。

関連キーワード

関連記事