• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月17日 12:59

原点回帰で収益改善を急ぐほっともっと 20年2月期第3四半期

 持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開する(株)プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)が14日に発表した20年2月期第3四半期の決算短信によると、ほっともっと事業のセグメント売上高(19年3月-11月)は798億6,900万円で前年同期比の3.5%減となる一方、営業損失(同時期)が4,300万円と前年同期の6億6,500万円から大きく縮小した。

第3四半期の業績推移
※クリックで拡大
第3四半期の業績推移

 今期は不採算店舗の整理を進め、9月には191店舗を閉鎖した。前年同期より店舗数が大きく減少していることも考慮すると、売上高という規模の面での減少は避けられない。

 店舗数比較については、単純に期末時点を比較しても閉店した店舗がいつまで営業していたかの影響もあり、単純比較は難しい。参考として月末時点の店舗数を3月から11月までの9カ月間を合計した数で比較すると、18年度に対し19年度は97.1%、つまり営業店舗は2.9%減。売上高の前年比3.5%減はブレの範囲とみることもできる。

月別店舗数推移
※クリックで拡大
月別店舗数推移

 同社は、商品力強化のために原価が上昇したものの、赤字幅の縮小が進んだ要因として、「効率的なプロモーション」と「店舗諸経費の改善」を挙げている。

 コンビニ弁当の台頭は、大手小売や飲食店まで含めた品質改善や価格競争を誘発し、消費者にとっては広い選択肢のなかで、外食・中食を日常的に利用できるようになったが、既存の持ち帰り弁当店の業界においては、弁当店同士の競合状態から、食品を扱うあらゆる産業がライバルとなる熾烈な競争に変わった。

 新たに参入したプレイヤーが開拓したのは、シニアや女性に向けた商品の開発や、健康志向への対応など、従来の弁当業界が対応しきれていなかった顧客層で、この客層の広がりによって現在の中食需要の急増は起きた。

 同社も5月には「もち麦入り金芽ごはん」を新たに発売し、野菜を拡充した「プラスベジ」メニューや、「FULL FULL SALAD」の発売など健康志向などに配慮したメニューを充実させた一方で、中心に据えたのは原点回帰ともいえる策だった。同社が挙げた「効率的なプロモーション」に注目すると、今期打ち続けた販促策は、メイン顧客層が求めるボリューム感のあるおかずの売り込み。明確に最も数字の取れる所を取りに行っている。

 食材の「ロースかつ」は18年秋に新設した工場での自社製造に切り替え、食べ応えを重視し従来品の20%増量をした。これを軸にかつ丼のバリエーションを増やすとともに、期間限定の特売フェアを行った。そのほか「海鮮えび天丼」4種を対象としたえび天増量キャンペーンやすき焼き弁当の発売、近年人気の高まるローストビーフ丼や1月には「人気のおかず全部のせ!」と銘打ったデラックス得丼を新たに発売するなど、既存商品の強化やリニューアル、新商品の投入などを織り交ぜた販促策を、肉魚中心のガッツリ系を中心に次々と打ち出し、新規顧客と既存客と両面への訴求を行っている。

 同社では、ほっともっとのほか、定食レストラン「やよい軒」、しゃぶしゃぶ「MKレストラン」など多業態を展開している。

 やよい軒は2000年代中頃まで丼物を中心とした「めしや丼」を発展させ、定食主力に変更してきた業態。19年12月末には全国的に382店舗を展開している。現在利益面での稼ぎ頭は、やよい軒事業で、セグメント利益(19年3月-11月)は8億5,500万円。

 「MKレストラン」は、近年人気が高まり、参入企業が急激に増えている「しゃぶしゃぶ食べ放題」業態の先駆け店舗で、1号店の中洲店(福岡市博多区)をオープンさせたのは25年以上前の1994年。ブームのなかにありながらも、他社とは一線を画した店舗スタイルで業界内に一定の地位を確保し、本拠地である福岡では、他社をしのぐ18店舗を展開している。とはいえ数字の面ではやはり、競合の影響により売上高が停滞するとともに、販促費の増加や人件費を始めとした経費増の価格転嫁もできずに、収益悪化が続いている。

 このほか調味料や加工食品の開発・販売を行う宮島醬油フレーバー(株)(本社:福岡市博多区、高橋洋二社長)も傘下に収め、食の総合企業へと変化してきた同社であるが、売上の約7割を占めるのは依然としてほっともっと事業。前期は核となるほっともっと事業の営業赤字により、連結で最終赤字となる事態を招き、収益体質の改善を急いでいる。

 ほっともっと事業のセグメント利益段階ではV字回復と言っていいほどの幅で改善しているが、いまだマイナスの営業損失状態にある。やよい軒事業の利益で連結の営業利益、経常利益段階までは黒字を確保しているが、大量閉店の減損処理により今期の最終赤字はほぼ確定の見込みだ。

 新規顧客の取り込みと合わせて、弁当屋としてのメインターゲットである「ガッツリ系」への取り組みは、一定の効果を出したが、まだまだ途半ば。さらなる改革に期待したい。

【吉田 誠】

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込み下さい。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

▼関連リンク
デラックス得丼お試し価格19日まで Hotto Motto(ほっともっと)
しゃぶしゃぶチェーン拡がる イオンモールに相次ぎオープン
Hotto Motto(ほっともっと)、「もち麦入り金芽ごはん」新発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年02月21日 14:50

「検察崩壊元年」ゴーンの反撃(12)

 60年前の昭和30年代に起きた「白山丸事件」。「犯人が国外にいる」ことだけで公訴時効は中断する、という判例で、現在もこれが盛んに悪用され、事件そのものを検察が知らな...

2020年02月21日 14:00

インターネット時代における言論人の使命・責任とは何か!(3)

 第2セッションのテーマは「ジャーナリズム挑戦課題」である。座長はPeter Zoerher(国連UPF ヨーロッパ&中東メディア担当ディレクター)で、6人のパネリス...

2020年02月21日 13:01

新型コロナウィルス問題に隠された真実(後編)

 中国人の食に賭ける思いには日本人の想像を絶するものがある。たとえば、先に述べたが、絶滅の危機に瀕しているトラについて。もちろん、中国政府は野生のトラを捕獲したり、そ...

2020年02月21日 13:00

アベノミクスがもたらす「資本栄えて民滅ぶ」国の未来(4)

 日本経済が民主党政権時代を上回る超低迷を続けているのに、企業収益が倍増してきたのは、労働者に対する分配所得を圧縮してきたからだ。労働者1人あたりの実質賃金は第2次安...

pagetop