• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月23日 16:17

アロマセラピーで認知症を予防・改善(前)

星薬科大学先端生命科学研究所ペプチド創薬研究室
特任教授 塩田 清二

 認知症にかかわる医療費は15兆円に上り、国民経済を大きく圧迫している。2025年には、団塊の世代が75歳を迎え、認知症患者数は爆発的に増大していくとみられている。そんななか近年の研究で、アロマセラピーによって、認知症およびその前段階の人(フレイル)の脳機能を活性化し、認知機能の改善を図れるということがわかってきた。星薬科大学先端生命科学研究所ペプチド創薬研究室特任教授・塩田清二氏に解説してもらった。

アルツハイマー病と嗅覚障がいの相関性

 超高齢化の進んでいる日本において、認知症患者の急激な増加は医療費を圧迫し、看護や介護を行う人たちにも大きな負担となっている。

 最近の新聞報道では、認知症にかかわる医療費は15兆円にもなり、国民経済を大きく圧迫していることが知られている。さらに2025年には、団塊の世代が75歳を迎えることになり、認知症患者数は爆発的に増大していくことは間違いない。

 認知症あるいはパーキンソン病などの患者さんは、嗅覚が障害されている場合が多いといわれている。我々は、NIRS(光トポグラフィー)という最近開発された装置を用いて、近赤外光を脳に照射して、とくに大脳皮質の脳血流量を測定している。この装置を使った実験によると、アロマセラピーによって、認知症およびその前段階の人(フレイル)の脳機能を活性化し、認知機能の改善を図れるという結果が出てきている。 

 認知症は、何らかの外的および内的原因により脳の記憶などに関わる神経細胞の機能低下が生じたり消失したりしたために、記憶力や注意力などの知的能力が障害された状態になることであるといえる。

 認知症の多くは、脳の器質的な変性をその病因としている。たとえばアルツハイマー病では、全般的な脳の萎縮や脳室の拡大が見られ、最も顕著な神経変性は、海馬やその領域にみられ、アルツハイマー病特有の物忘れと対応していると考えられている。

 とくに近年、注目される臨床症状として、アルツハイマー病による嗅覚障害がある。これは以前より指摘されており、アルツハイマー病のごく初期に嗅脳の委縮とその機能低下がみられることが注目されていた。

 またアルツハイマー病の重症度が、嗅覚障がいの重症度と明らかに相関性のあることが多くの研究で報告されている。さらに加齢にともない、健常者でも嗅覚機能の低下がみらえることもわかってきている。

(つづく)

参考文献:『<香り>はなぜ脳に効くのか アロマセラピーと先端医療』塩田清二著(NHK出版新書)2012刊

<プロフィール>
塩田 清二 (しおだ・せいじ)

 早稲田大学卒業後、新潟大学大学院修士課程修了。昭和大学医学部にて医学博士号を取得(1983年)。アメリカのチューレン大学客員教授、昭和大学医学部顕微解剖学講座主任教授(1999年〜2015年)を経て現在、星薬科大学特任教授。2018年に中国ハルビン医科大学の客員教授に就任。日本アロマセラピー学会名誉理事長、糖尿病肥満動物学会の名誉会員。「米田賞」「後藤賞」を授与。VIP/PACAP関連ペプチドおよびRegulatory Peptides国際学会の理事。英文原著論は500を超える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月28日 11:30

2016年発達障害者支援法が改正 雇用障害者数、過去最高を更新(1)NEW!

 障害者の職業の安定を図る「障害者雇用促進法」が改正され、障害者雇用率(法定雇用率)の引き上げと、雇用対象となる障害者の範囲に「発達障害を含む精神障害者」が新たに加わった。

2020年02月28日 11:14

トランプ大統領もかなわないインドの強かな国際交渉力(前編)NEW!

 このところモディ首相率いるインドの台頭が目覚ましい。中国を人口の多さでも経済発展の速度でも追い抜く勢いを見せている。何しろ、人口は数年以内に17億に達するというし、...

2020年02月28日 11:00

拡大する九州のベトナム人コミュニティ 九州とベトナムの経済・人的交流の今後(後)NEW!

 海外投資について、ベトナム含め東南アジアへの移転が進んでいることは耳にされているかと思います。ベトナムと日本との間には共通の利益があり、また高度な信頼があります。ベ...

面会拒絶をはじめる病院もNEW!

 中国に端を発する新型コロナウイルスの影響は、日に日に増している。病院Aは患者のお見舞いにきた家族に対して、マスクを配布していたが、最近は備蓄分のマスクに余裕がなくな...

2020年02月28日 10:14

LIXILビバ、九州進出本格化~来月水巻町に5号店NEW!

 ホームセンター6位のLIXILビバ(本社:埼玉県)が九州で攻勢を強めている。来月福岡県水巻町に開店予定の九州5号店・水巻店はそれまでイオン九州の商業施設内への出店だ...

2020年02月28日 10:11

【シリーズ】生と死の境目における覚悟~第4章・老夫婦の壮絶な癌との闘い(4)NEW!

 オヤジは家族のために一心不乱に働き、稼いできてくれた。帰宅は連日夜11時ごろ。オヤジのおかげで自分と弟は2人とも大学に通え、卒業できた。 オヤジは無骨といえば、それ...

2020年02月28日 10:00

『脊振の自然に魅せられて』「残雪の道標補修作業と素晴らしきブナ林」(後)NEW!

 ところどころに残る雪を踏みしめ、アップ・ダウンを繰り返しながら、休憩地点となるビューポイントへと進む。ようやく小爪峠と金山の縦走路の中間点にある岩場のビューポイント...

2020年02月28日 09:30

縮むニッポン、健康寿命延伸で「生涯現役社会」は実現するか(後)NEW!

 実は、保険者には個人のレセプトや健診データは集まっているが、運動や食生活等の生活習慣の改善、糖尿病等の重症化予防に向けた具体的な取り組みなどとは十分つながっていない...

2020年02月28日 07:00

不動産とテクノロジーの融合目指し、既存の業界とテック企業を結ぶ(前)NEW!

 2018年9月、(一社)不動産テック協会は不動産とテクノロジーの融合を促進し、不動産に係る事業ならびに不動産業の健全な発展を図るため設立された。これまで協会では、不...

2020年02月28日 07:00

海外の事例から見る有望な不動産テックとは(前)NEW!

 不動産テックでは、海外のさまざまな先進的取り組みが日本に流入していくのは、時間の問題だ。「海外の有望な成果を取り入れることによって、業界全体が盛り上がる」と期待して...

pagetop