• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月29日 17:00

【検証】「ゴーン国外脱出」~人質司法の後に来るもの「無限裁判」(後)

 現在、日本人が感覚的にゴーンの裁判が行われないことを納得している背景にはこのような裁判手続の本質に対する大きな無知誤解が原因である。

 以上の明白な事実は、民事訴訟法学者であれば、瞬時にして判断できる。しかし、黙認するだろう。このようにして、犯罪を裁くべき刑事裁判所が、検察官の犯罪を隠蔽するため、刑事訴訟法を曲解して歴史に残る大犯罪を敢行する。

 日本国民の目は騙せても世界の良識を欺くことはできない。日本の法律学者全員が恥をかき、日本国民が恥をかく。ゴーンは名誉回復のため、世界に向けてこの事実を知らしめる。

 上記二件の裁判所犯罪が深くゴーン事件に関係関連しているという事実には単に歴史の偶然とは割り切れない不可思議な思いを禁じ得ない。

 結局、裁判所が自ら法の規定を踏みにじることになるのだが、日本には事実上「誠実な」刑事訴訟法学者は存在しないようであるから、このような裁判官による法律違反が横行する。この論文を見た大学で刑事訴訟法を教えている学者ならぜひ反論していただきたいと思う。

 日本で有数の経済団体の代表者がゴーンの国外脱出について意見を求められ、「正々堂々と日本の裁判を受けてもらいたかった」とコメントした。テレビドラマの見過ぎでなければ、正真正銘の無知無能である。

 日本では過去、多数の冤罪が発生した。有名な甲山事件では事件発生から被告人全員が無罪を勝ち取るまで25年を要した。以下主な冤罪事件の判決確定までを示せば松川事件14年(無罪)・名張ブドウ酒事件12年(死刑)・八海事件17年(無罪)狭山事件14年(無期懲役)である。

 65歳のゴーンが無罪を勝ち取るまでに平均でも15年は優にかかる。80歳のときに無罪を勝ち取って、人生に意味があるか。その前に獄死(一審で有罪となれば直ちに収監される)する可能性すらある。冤罪かどうかは別にして、アメリカ議会でのアメリカ商人の証言で有罪とされた田中角栄元総理大臣は裁判が確定する前に死去した。そのため、公訴棄却(裁判の打ち切り)となった。逮捕起訴され被告人となった田中角栄はついに汚名を晴らすことなく鬼籍の人となった。

 このようなむごい事実が多数ある日本の刑事裁判史である。「正々堂々と」という発想自体が無知無能の結果という他ない。日本有数の経済団体の代表者といえば、日本では「学識経験者」でもトップクラスの人である。

 以上の事実が海外に報道されれば、日本人全体の名誉が貶められることは想像に難くない。国民は今こそ、「井の中の蛙」から脱皮して文明先進国の仲間入りを目指さなければならない。

 ほかに有力な証拠がないうえ、従来まで有力な証拠とされてきた自白がない裁判では裁判所も無罪の判決を出すしかない。しかし、それは検察と手を組んできた裁判所としては責任を問われることは間違いない。そこで裁判所が選択する訴訟指揮は可能な限り、裁判を長期化することである。高齢な被告人であれば、判決を出すまえに死去してくれるかもしれない。途中で退官時期も来るかもしれないし、転任もある。被告人の人権など、裁判官はまったく考えていない。無罪判決を出せば身内から、有罪判決を出せば世間から、批判をうける。これを避けるには、ひたすら裁判を長期化するほかない。

 被告人の迅速な裁判を受ける権利は憲法で保障された権利である(37条1項)。公判期日不指定が5年という異常な期間ではあるが、判例もある(高田事件)。本件は検察の証拠開示の拒否という違法行為が理由の期日不指定であるから、1年2カ月でも憲法違反となることは明白である。マスコミをはじめとする世論の喚起が必要である。日本のマスコミが刑事被告人の権利保護とはまったく逆の方向を向いていることを世界の良識は知っている。今後、世界の良識による日本のゴーン裁判のあり方に対する批判は厳しいものとなる。

(この項了)
【凡学 一生】

▼関連リンク
【検証】「ゴーン国外脱出」~形式犯と実質犯
【検証】「ゴーン国外脱出」~ゴーン効果
【検証】「ゴーン国外脱出」~王は法を犯さない
【検証】「ゴーン国外脱出」~菊池弁護士の誤解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年02月21日 14:50

「検察崩壊元年」ゴーンの反撃(12)

 60年前の昭和30年代に起きた「白山丸事件」。「犯人が国外にいる」ことだけで公訴時効は中断する、という判例で、現在もこれが盛んに悪用され、事件そのものを検察が知らな...

2020年02月21日 14:00

インターネット時代における言論人の使命・責任とは何か!(3)

 第2セッションのテーマは「ジャーナリズム挑戦課題」である。座長はPeter Zoerher(国連UPF ヨーロッパ&中東メディア担当ディレクター)で、6人のパネリス...

2020年02月21日 13:01

新型コロナウィルス問題に隠された真実(後編)

 中国人の食に賭ける思いには日本人の想像を絶するものがある。たとえば、先に述べたが、絶滅の危機に瀕しているトラについて。もちろん、中国政府は野生のトラを捕獲したり、そ...

2020年02月21日 13:00

アベノミクスがもたらす「資本栄えて民滅ぶ」国の未来(4)

 日本経済が民主党政権時代を上回る超低迷を続けているのに、企業収益が倍増してきたのは、労働者に対する分配所得を圧縮してきたからだ。労働者1人あたりの実質賃金は第2次安...

pagetop