• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月28日 14:09

「北九州市とNTTドコモとの連携協定」キックオフイベント(前)

 2020年1月24日、北九州市(市長・北橋健治)と(株)NTTドコモ九州支社(九州支社長・山崎拓 以下、ドコモ)は、「5G、ビッグデータの活用によるSDGs達成に向けた連携協定」を締結した。これを受け同日、小倉城天守閣(北九州市小倉北区)にて「5G×北九州 近未来の最前線ミートアップ」キックオフイベントが開催され、5G関係者や、地元北九州のスタートアップ企業、一般の参加者など80名におよぶ来場者によって、小倉城天守閣の最上階が埋め尽くされた。

イベントのファシリテーターを務めるコワーキングスペース秘密基地(北九州市小倉北区)の岡秀樹代表
イベントのファシリテーターを務めるコワーキングスペース秘密基地
(北九州市小倉北区)の岡秀樹代表

 岡 本日はお集りいただきましてありがとうございます。皆さまがいらっしゃるここは、小倉城の天守閣です。小倉城といえば、これまでお昼間の観光の拠点でしたが、夜間もこのように利用させていただいて、新しい取り組みやこれからの北九州の将来に関することを皆さまと共有しながら、今後の北九州を考えていく、今日はそのような会の1つです。

 今年の春より商用開始される5G、この大きな情報インフラになる5Gを北九州市でも利用するために、みんなと考えながら新しいものをつくっていきたいと思っています。本日、北九州市とドコモが連携協定を結んだことは、次世代、近未来につながる相応しい内容になっています。新しい時代を迎えるにあたり、方法論や哲学などいろいろなものを総じて推進していかなければ、追いつかないと思います。今日は見えないところを見える化することが狙いであり、「5Gのことを誰よりも知って、次のビジネスの準備をする!」という主旨でこのイベントを開催します。

「史上最もアクティブな連携協定にしたい」~全国初の実証実験開始

ドコモとの連携協定の立役者である北九州市役所の安永信一郎氏(企画調整局/地方創生推進室/特区・国際人材担当課長)
ドコモとの連携協定の立役者である北九州市役所の安永真一郎氏
(企画調整局/地方創生推進室/特区・国際人材担当課長)

 安永 ドコモとの連携協定においては、史上最もアクティブなものにしたいと思っています。こんな協定見たことないと市民の皆さまに思ってもらえるような、常に動き続けている連携協定にしたいと思っています。協定の内容としては、
(1)データ分析によって「まち」を見て、「持続的な経済成長」につなげていきます。

(2)5G時代はコンテンツが大事になると考えており、小倉城や平尾台、関門海峡などの歴史的・文化的資源をどのようなコンテンツにしていくか、オンラインのなかで資源の良さを表現していきたいと思っています。

(3)社会がデジタル化していくなかで、情報リテラシー向上が大事になります。個人でいうとIDやパスワードをしっかり管理していき、便利な暮らしを享受しているからには、データ社会に対しての向き合い方、基本的な素養はみんながもつべきだと思っています。

(4)そしてすべては持続可能なSDGsの観点で取り組んでいきます。

 取り組みについては、
(1)全国初の取り組みである「官民データ連携を見据えたEBPM(データ証拠に基づく政策立案)に関する実証実験」を行います。お客さまの許諾を得たデータのなかで、ドコモがもつデータと北九州市がもつデータを掛け合わせて、何が見えるかという実験で、昨年1年間で蓄積したデータを、今年2~3月にかけて解析してもらい、北九州市の観光振興などにおける政策立案に役立てていきます。

(2)「5Gを活用したワーケーションによる移住、定住の促進」。ワーケーションとは、ワークとバケーションを組み合わせた造語になりますが、北九州市の交通結節拠点・小倉駅の北側に「5G」や「XR(※)」を活用した、仕事とリフレッシュ休暇が体験できるワーケーション環境を今年夏ごろまでに設置する予定です。人口の拡大を促進し、将来的な移住・定住者の増加を目指します。【※XRとはCross Realityの略で、VR(Virtual Reality/仮想現実)、AR(Augmented Reality/拡張現実)、MR(Mixed Reality/複合現実)、SR(Substitutional Reality/代替現実)などの先端技術の総称。5Gの活用でよりリアリティの高い体験が期待される】

(3)「最先端技術を活用した観光客や市民へのサービス向上」では、この小倉城において「XR」を活用した実証イベントを行い、他所では得られないような体験を提供することで集客につなげる狙いで、秘密基地の岡代表を中心にコンテンツをいろいろと考えてもらい、このまちの魅力を伝える取り組みを行います。

(4)「市民や経済界における情報リテラシー向上促進」については、デジタル社会において個人・企業が何を身につけるべきかが重要になってきます。ただ生きているだけでも、取り巻く環境は激変している。その事実を個人や企業がいかに理解しているか、意識して行動を変えていくのか、そんな機会はまちのなかにはなかなかない状態です。
ですから、地方都市である北九州市でIoTやAI技術、5Gなどの最先端技術に関するセミナーや体験会などを行うことで、触れて感じて考えてもらうきっかけをつくっていきたいです。今後、社会のデジタル化はますます進化し、これから100年という長期スパンでの「データによるまちづくり」が始まっていきます。ビッグデータとは何なのか知り、扱ううえでのリスクを学び、見えてきたデータをしっかりと使う姿勢を、まちの皆さまと共有していきます。

 私たちの願いをお伝えしますと、ドコモのブランドビジョンで「いつか、あたりまえになることを。」というスローガンがありますが、私はこの言葉がとても好きです。行政がやるべきことはまさにこれだと思っています。現在のこと、近未来のことをわかりやすく見せて伝えていき、市民、企業ができるだけ早く最新のテクノロジーやサービスを知って感じて考えて、当事者として行動するきっかけをつくっていきたいと思っています。ぜひ、皆さま一緒に新しい社会をつくっていきましょう!

 次回、「北九州市と一緒にブルーオーシャンに乗り出していく」(株)NTTドコモ・本高祥一氏(法人ビジネス本部・法人ビジネス戦略部長)をお伝えします。

小倉城天守閣で開催された
小倉城天守閣で開催された
イベントの様子
イベントの様子

(つづく)
【松本 悠子】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年02月21日 14:50

「検察崩壊元年」ゴーンの反撃(12)

 60年前の昭和30年代に起きた「白山丸事件」。「犯人が国外にいる」ことだけで公訴時効は中断する、という判例で、現在もこれが盛んに悪用され、事件そのものを検察が知らな...

2020年02月21日 14:00

インターネット時代における言論人の使命・責任とは何か!(3)

 第2セッションのテーマは「ジャーナリズム挑戦課題」である。座長はPeter Zoerher(国連UPF ヨーロッパ&中東メディア担当ディレクター)で、6人のパネリス...

2020年02月21日 13:01

新型コロナウィルス問題に隠された真実(後編)

 中国人の食に賭ける思いには日本人の想像を絶するものがある。たとえば、先に述べたが、絶滅の危機に瀕しているトラについて。もちろん、中国政府は野生のトラを捕獲したり、そ...

2020年02月21日 13:00

アベノミクスがもたらす「資本栄えて民滅ぶ」国の未来(4)

 日本経済が民主党政権時代を上回る超低迷を続けているのに、企業収益が倍増してきたのは、労働者に対する分配所得を圧縮してきたからだ。労働者1人あたりの実質賃金は第2次安...

pagetop