• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月21日 09:30

【シリーズ】生と死の境目における覚悟~第3章・「尊厳死」とは(後)

 運営する「サロン幸福亭ぐるり」(以下「ぐるり」)で、新年をはさみ2件の常連客を亡くした。1人は82歳の男性Sさんで、死因は血液のガン。もう1人は77歳の女性Eさんで、喉に食べ物を詰まらせたのが原因。

 突然の訃報に来亭者の多くが呆然とするありさま。Sさんは子どもに先立たれ、最愛の妻も数年前に亡くし、親戚とのつながりも希薄だった。それをサポートしたのが同じ棟に住む女性と「ぐるり」の常連。Eさんはステージ4の癌で闘病中の夫を献身的に支えてきた。1人残されたご主人の落胆ぶりは傍目にも気の毒なくらい落ち込んでいる。「生と死の狭間」に潜むものは…。

 介護の現場でも、妻が通う施設ではさまざまなトラブルが日常的に起きている。「介護職員の数の不足ばかりが問題ではない」と妻は話す。

 介護職員の介護力と質の低下。スキルも考え方も行動も、「介護職に不適切な人」が多すぎるからだという。介護職員不足から、誰でも構わず採用し、即日から現場で働かせる。妻のように介護福祉士の資格所有者と初心者との時給にさほどの差がない。

 「週3日勤務」という契約が、いつのまにか「週5」になり、膝を痛めても、責任者は「手を合わせて懇願」するばかり。経営者は利益のみを追求するあまり、利用者目線での経営を放棄し、切り詰めた経営に方向転換。現場はさらに混乱し、その付けはすべて介護職員と利用者に重くのしかかる。それほどまでに運営する側が追い詰められている「あなたが唯一実行可能な選択肢は‘辞めること’」といっても、責任感の強い妻は、苦しい顔をするばかりだ。

 介護現場でおきるのは事故ばかりではない。「事件」も少なくない。4年前に老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で、介護職員のIが3人の入所者を階段から突き落とすという事件を起こしている。理由は入所者3人から金品を盗みとがめられたからだ。根底にあるのは、Iがもつ「仮想的有能感」(「いかなる経験も知識も持ち合わせていないにもかかわらず、自分は相手より優秀であると一方的に思いこんでしまう錯覚のこと」(心理学者の速水敏彦氏の造語)である。

 「施設に入るような人間は、社会的に生産性をもてない人生を終えた人たち。役立たずの人間を処分して何が悪い」という強い思い込みである。これは4年前の7月に起きた「津久井やまゆり園45人殺傷事件」の犯人Uの「障害者は不要」と考えと同じだ。家族間でも同居人の放棄や虐待する‘事件’が絶えない。

 「埼玉県によると、2014年度に家族から虐待を受けた高齢者は623人だった。生命や体に危険がおよぶなどとして、家族から引き離す措置をとったのは292人にのぼった」「『認知症日常生活自立度』をみると、『自立度Ⅰ』『自立度Ⅱ』で半数近くを占め、比較的軽い症状の高齢者が虐待を受けている状況がみられた。

 虐待の種別をみると、身体的虐待が最も多く、全体の50.3%を占める。心理的虐待が26.8%、介護・世話の放棄が12.0%と続く」(「朝日新聞」2016年3月2日)と報告している。認知症の高齢者を介護する家族からの暴力が多い。「介護していた母親を殺した」(同平成28年9月21日)では、介護に不安を抱えていた被告が母親を絞殺。「犯行時心神耗弱状態だった」として、懲役3年保護観察付き執行猶予4年の判決が降りるという介護殺人事件も起きている。

 元高級官僚の父親が、昨年、息子の暴力に絶えかね絞殺する事件も起きた。本人が望まない病院での死、本人の意志に反する葬儀、残された財産の分与で揉める家族…。私自身、故郷にある墓の改葬のことで、菩提寺の住職と揉めている。「家族関係が希薄になった」だけではかたづけられない問題が山積している。作家南木佳士が模索した「尊厳死」「安楽死」も結論を先送りされたままだ。

(了)

<プロフィール>
大山眞人(おおやま まひと)

 1944年山形市生まれ。早大卒。出版社勤務の後、ノンフィクション作家。主な著作に、『S病院老人病棟の仲間たち』『取締役宝くじ部長』(文藝春秋)『老いてこそ2人で生きたい』『夢のある「終の棲家」を作りたい』(大和書房)『退学者ゼロ高校 須郷昌徳の「これが教育たい!」』(河出書房新社)『克って勝つー田村亮子を育てた男』(自由現代社)『取締役総務部長 奈良坂龍平』(讀賣新聞社)『悪徳商法』(文春新書)『団地が死んでいく』(平凡社新書)『騙されたがる人たち』(講談社)『親を棄てる子どもたち 新しい「姥捨山」のかたちを求めて』(平凡社新書)など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年04月08日 16:38

シリーズ・コロナに潰される

 コロナウイルスの終焉がいつになるかによって変わってくるが、ある経済団体での討議のなかで「中洲の正常化が3カ月後の6月末であれば、まだ未練がある」という発言があった。...

2020年04月08日 15:30

アネーラ税理士法人が横浜事務所を設立

 アネーラ税理士法人(福岡市中央区)と河村会計事務所(神奈川県横浜市)は4月1日付で経営統合し、アネーラ税理士法人横浜事務所を設立した...

2020年04月08日 15:18

(株)アキラ水産が持株会社制に移行~(株)アキラホールディングスに

 (株)アキラ水産(福岡市中央区)は1月24日に(株)アキラホールディングスを設立し、持株会社制に移行した...

2020年04月08日 14:35

かたはらいたしの御用芸人政権擁護発言

 全世帯に布製マスク2枚を郵送で配布する。マスクが不足しているのは事実だが、マスクを保持している人もいる。布製マスクはサージカルマスクと比べれば性能が落ちる...

2020年04月08日 14:09

産業廃棄物を自社敷地内に不法投棄~神奈川県の建設会社に営業停止処分

 神奈川県は3月23日、土木一式工事などを手がける(株)立川建設(神奈川県相模原市、西埜進代表)に対し、営業停止7日間の処分を下した...

2020年04月08日 13:11

井筒屋、緊急事態宣言を受けて一部休業

 福岡県に緊急事態宣言が発令されたことを受け、北九州地区で百貨店を運営する(株)井筒屋は8日、小倉店と黒崎店のショップの一部休業を発表した。今回の判断は各ショップによ...

2020年04月08日 12:30

民間再開発ラッシュ、名古屋・栄はどう変貌するのか?(前)

 名古屋市中区にある栄地区(約9.4km)は、松坂屋、三越などの百貨店や、パルコなどのショッピング施設のほか、ルイ・ヴィトンなどの海外高級ブランド店などが集まる。中央...

2020年04月08日 12:08

スペワ跡地に賑わい取り戻せるか アウトレット&新科学館が22年開業(後)

 「またいつか、別の星で、会いましょう。」――スペースワールドは17年12月31日をもって、市民を始めとした多くのファンに惜しまれつつも閉園を迎えた...

2020年04月08日 11:55

社内コミュニケーションを向上させ、ボトムアップでより良い決定ができる会社に(前)

 (株)ニシケンの新社長に2020年1月、田中誠一氏が就任した。金融業界出身の田中社長は、他社に自社の資産を貸すという点において建機レンタル業界との類似性を感じるとと...

2020年04月08日 11:39

【追報】石村萬盛堂前社長・石村善悟さん死去

 (株)石村萬盛堂の前社長・石村善悟氏が4月8日、福岡市内の病院で死去した。71歳。石村氏は東京大学卒業後、1971年に同社入社。専務取締役を経て79年に3代目社長に...

pagetop