• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月01日 07:00

2016年発達障害者支援法が改正 雇用障害者数、過去最高を更新(3)

 障害者の職業の安定を図る「障害者雇用促進法」が改正され、障害者雇用率(法定雇用率)の引き上げと、雇用対象となる障害者の範囲に「発達障害を含む精神障害者」が新たに加わった。厚生労働省が発表した2018年度の民間企業による障害者の雇用状況は、雇用障害者数・実雇用率ともに過去最高を更新。なかでも発達障害を含む精神障害者の雇用数が急増している。企業は発達障害者の雇用にどう向き合えばいいのか。

これだけは理解しておきたい発達障害の基礎知識

 では、発達障害に関する著書・監修書が多い宮尾氏に、発達障害を正しく理解するための基礎的な知識を解説してもらう。

 「発達障害とは、子どもが発達していく過程のどこかに問題が生じてくることを指しています。さらに精神病的な症状ではなく、認知(理解や行動する過程)に問題があり、生活や学校生活上に問題が生じる状態といえばわかりやいと思います。これまで発達障害は原因がよくわからなかったために、親の育て方、本人の性格、生活環境のせいなどと思われてきました。また親自身も『自分たちのしつけが悪かったのだろうか』『愛情の注ぎ方が足りなかったのでは』と悩み、自らを責めて苦しむ人が少なくありませんでした。しかし現在では研究が進み、発達障害は生まれつきの障害で、脳の機能に何らかの不具合があるために不適応の状態が起こること、親の育て方や本人の性格とは無関係であることが明らかになっています」

 発達障害は、生まれながらに脳機能に何らかの不具合があることで起こる障害であることはわかった。では、どうして脳に障害が起こるのだろうか。

 宮尾氏が続ける。

 「原因やメカニズムについてたしかなことはまだよくわかっていませんが、2つの要因において研究が進められています。1つは、遺伝子には問題がないが、妊娠中や出産時における何らかの影響が、胎児の脳に障害をつくるというもの。もう1つは、精子と卵子がそれぞれ持っている遺伝子の情報に何らかの異常が起きて、脳に障害が起きるというものです。前者は、今のところ『原因の一部になっているようだが、主原因とはいえないかもしれない』という見方が有力のようです。後者については、たとえば基本的に同じ遺伝子を持つ一卵性双生児の場合、1人が発達障害だと、もう1人も発達障害である確率が40%~98%と高くなります。この点では、遺伝子との関わりがありそうだといえるかもしれません」

 だが遺伝子と何らかの関係があるからといって、単純に親から子へ遺伝すると思い込むのは早計だという。

 「双生児でも遺伝子の違う二卵性双生児や、兄弟姉妹の場合は、ともに発達障害を発症する確率は5~10%にすぎません。しかし、発達障害の親から発達障害の子どもが生まれる確率は、かなり高いことがわかってきました。ただし親から子への遺伝を裏づける科学的証拠やデータは、十分あるわけではありません。発達障害の遺伝子をもっているとは考えにくい親から、発達障害の子どもが生まれることがありますし、発達障害のある子どもの兄弟姉妹であっても多くは普通に成長しています」

 発達障害には、大きく3つのタイプがある

発達障害の図表見本
発達障害の図表見本
※クリックで拡大

 発達障害にはいくつかの種類があり、大きく「自閉症スペクトラム障害(ASD)」「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」「学習障害(LD)」の3つに分けられる(別表参照)。

 発達障害の臨床経験が豊富な宮尾氏にわかりやすく解説してもらおう。

 「どの種類の発達障害かを見分けるために、さまざまな診断基準や指標が設けられています。発達障害の現れ方は人それぞれで、単独の障害として現れる場合もあれば、複数の障害が併存している場合もあります。ASDは、かつて「自閉症」「自閉性障害」「広汎性発達障害」「アスペルガー症候群」など、さまざまな名称が用いられていました。しだいにこれらをまとめて1つの連続体(スペクトラム)ととらえるようになり、現在では自閉症スペクトラム障害の名称が広く用いられています。ASDの大きな特徴は、『コミュニケーションの障害』『社会的なやりとりの障害』『こだわりの行動』の3つがあります。そのために普通とは違った行動をとり、周囲を戸惑わせることがありますが、それはしつけができていないわけでも、わがままなわけでもありません。またADHDによく見られるのは、『不注意』『衝動性』『多動性』の主に行動面における特性です。さらにLDは、知的能力が“部分的”に遅滞している状態のことです。知的能力には『聞く』『話す』『読む』『書く』『計算する』『推論する』などがありますが、これらのうち1つ以上に遅れや困難が認められます」

(つづく)
【古木 杜恵】

<プロフィール>
宮尾 益知(みやお・ますとも)

 東京都生まれ。徳島大学医学部卒業。東京大学医学部小児科、自治医科大学小児科学教室、ハーバード大学神経科、国立成育医療研究センターこころの診療部発達心理科などを経て、2014年にどんぐり発達クリニックを開院。
『発達障害の基礎知識』『職場の発達障害』など多くの著書がある。専門は発達行動小児科学、小児精神神経学、神経生理学、発達障害の臨床経験が豊富。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月08日 17:55

加速する建設現場へのICT技術の導入、「i-Construction大賞」授賞式開催〜国土交通省NEW!

 国土交通省は5日、「i-Construction大賞」の授賞式をオンラインで開催した。同賞は、建設現場の生産性向上を図る「i-Construction」に係る優れた...

2021年03月08日 17:44

アフターコロナの市民の心を癒す「パブリックアート」の大きな役割!(1)NEW!

 ニューヨークはアートの街として2つの点で有名である。1つは、ニューヨークには「メトロポリタン美術館(MET)」「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」など83もの美術...

2021年03月08日 17:32

【東日本大震災から10年】宮城県で津波を経験、九死に一生を得るNEW!

 ゼオライト(株)の常務取締役・松井真二氏は2011年3月9日、フジパン仙台工場の水処理プラントの設置を行うため、河村恭輔名誉会長(当時・会長)と河村勝美会長(当時・...

2021年03月08日 17:07

【福岡県知事選2021】元国交省局長・奥田氏が出馬断念 2日の速報ピタリNEW!

 小川洋・福岡県知事の辞職にともなう県知事選に出馬する意向を示していた、元国交省局長の奥田哲也氏(59)が今日午後、立候補を断念すると表明した。自民党の二階俊博幹事長...

2021年03月08日 16:51

大野城~水城橋梁補修、14.8億円で前田建設工業が落札NEW!

 福岡県北九州高速道路公社発注の「大野城~水城橋梁補修工事(R2-3)」を、前田建設工業(株)九州支店が14億8,690万円(税別)で落札した...

2021年03月08日 16:22

テスラは電気自動車の最後の勝者になれるのか?

 二酸化炭素の排出抑制など、環境への配慮を優先する機運が高まり、自動車業界でも電気自動車へのシフトが本格化している。そのような状況下で、新型コロナウイルスによるパンデ...

2021年03月08日 16:09

【怪文書】故・田中久也県議の後継めぐり怪文書 出所をほぼ特定

 昨年12月30日に亡くなった自民党福岡県議の田中久也氏(享年87)の後継をめぐる補欠選挙が、県知事選と同じ4月11日に行われる...

水のリーディングカンパニーとして 地域社会に安心安全を提供し続ける

 ゼオライト(株)は1969年11月、「良い水創り・人財(ひと)創り」を経営理念に河村恭輔氏が創業。70年8月に株式会社に改組して、恭輔氏が代表取締役に就任。2004...

街をデザインすることで地域貢献 時代を越えて残る住まいを提供

 西武ハウス(株)は、「デベロッパー業務を通じて広く社会に貢献する」という経営理念のもと、環境・プラン・品質・デザインあらゆる点で「つくり手が住みたくなる住まい」を追...

2021年03月08日 14:57

ポスト・コロナ時代をどう生きるか?変化する国家・地域・企業・個人、そして技術の役割(5)

 『安倍前首相は米国とイランの国際関係を仲裁しようとイランを訪問しましたが、イラン核合意では成果が出ませんでした。欧州はイランの核合意復帰を望みますが、バイデン政権は...

pagetop