2024年04月24日( 水 )

「コロナにも暴風にも負けない」~自然災害の住宅防水対策として注目を集める「OSORAリビング」(2)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

(株)栄住産業

 近年、地震や台風、豪雨など自然災害が増加し、防災意識が高まるなか、住宅のレジリエンス性(強靭性)がクローズアップされている。とくに屋根の防水技術に定評のある企業として注目されるのが、福岡に本社を構える(株)栄住産業である。1976年に鹿児島で創業以来、金属防水工法の販売を手がけ、2003年に木造用住宅の金属防水加工技術「スカイプロナード」を開発。この技術を使い、屋上を幅広く活用する「OSORAリビング」を提供している。「スカイプロムナード」は3月17日、災害に強い住宅・まちづくりに貢献する建材として高く評価され、「第6回ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)で最優秀賞を受賞した。「コロナにも暴風にも負けない」同社についての分析をお届けする。

災害に強い金属防水工法 「スカイプロナード」

 「住宅の品質確保の促進などに関する法律」(令和元年法律第37号)によれば、新築住宅の「構造力上主要な部分」および「雨水の侵入を防止する部分」に瑕疵担保責任を定めている。瑕疵担保責任とは、売買などの有償契約において、その目的物件に、一般の人では簡単に発見できないような瑕疵、つまり欠陥があった場合、売り手の引き渡し義務者が買い手に対して負わねばなない担保責任のことである。これにより、新築住宅を供給する工務店は、雨水の侵入が確認されたり、耐久性が不十分だったりした場合に責任を負う必要がある。とくに雨水の侵入などは、それまでの経験や想定されていた雨量がもはや意味をなさない状況になりつつあり、施工業者はこれまで以上に台風など豪雨対策を考慮する必要がある。

 近年、日本ではレジリエンス性(強靭性)という言葉が浸透しつつある。13年3月に内閣府がさまざまな業界を加味したうえで国家全体のレジリエンス性を高めることを目的に、ナショナル・レジリエンス懇談会を開始したことにはじまる。この言葉は、建設業界だけをとらえたものではないが、今後さらに増加するとされる災害にむけて、住宅部門においても必要性が唱えられている。19年11月に開催された同会では、「気候変動で台風外力が増えていく中、これまで経験した災害レベルから施設設計の外力を設計するようなかたちでよいのか。常にハード整備が後手になり、先手を打ったハード対策も重要施設には考えていかなければいけない」とされ、これまでの経験による防災の危険性が問われている。

 このレジリエンス性、とくに屋根部分の防水技術に定評のある企業がある。福岡に本社を構える栄住産業だ。1976年に鹿児島で創業以来、金属防水工法の販売を手がけ続け、現在では福岡本社を中心に全国23カ所に拠点を設ける。03年に木造用住宅の金属防水加工技術「スカイプロナード」を開発、展開した。スカイプロナードは、ステンレス・鋼板に表面保護膜加工を施し耐久性・防水性に優れた金属防水工法として、(一社)HEAD研究会から13年度HEADベストセレクションを受賞している。

 スカイプロナードには5つの特徴がある。(1)不燃性:国の不燃認定を取得(NM-1981)、(2)ノーメンテナンス:ほかの防水工法とは異なり、水回り清掃以外はメンテナンスが不要、(3)防災性:揺れを分散させ、雨水を侵入させないつなぎ目の仕組みで台風・地震に対し高い耐久性をもつ、(4)安全性:健康に悪影響をおよぼす恐れのある化学物質の不活用、(5)屋上の有効活用:(1)~(4)の特徴から生まれる屋上利用の実現、である。

 スカイプロムナードは、防水下地である木下地との間に空気層をつくらない密着工法。また特殊加工にて金属を組み合わせており、釘穴が仕上がり面(防水面)になく、釘により防水層を留め付けている工法ではないため、経年劣化やサビにより木下地から釘が浮き上がることがない。施工当初の防水性能を維持しつつ、30年以上使用が可能だ。スカイプロナードはその防水性のみならず耐久性などさまざまなメリットが評価され、20年3月現在、全国で45万件以上の施工実績を誇る。また、近年では台風の影響もあり、直近3年の施工件数は7万5,300件を超え、施工実績も累計46万棟を超える勢いだ。先の令和元年代風による雨漏れなどの被害件数はゼロと驚異的な実績を出している。

 スカイプロナードはその技術と実績が認められ、20年3月、「第6回ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2020」において最優秀賞を受賞した。

スカイプロナードは、HEAD研究会から2013年度HEADベストセレクションを受賞している
キャプション関東圏おけるスカイプロナードの施工実績

(つづく)

【麓 由哉】


<COMPANY INFORMATION>
代 表:代表取締役会長  宇都正行
    取締役社長  宇都和光
所在地:福岡市東区原田-5-6
設 立:1976年2月
資本金:9,800万円
売上高:47億4,831万円(19/3期)

(3)

関連キーワード

関連記事