わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
未病と介護予防で地方創生へ 高齢者のQOL向上図る「日本型CCRC」とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年04月03日 11:33

未病と介護予防で地方創生へ 高齢者のQOL向上図る「日本型CCRC」とは

NPO法人高齢者健康コミュニティ

 少子高齢化にともなう社会保障費の増大と税収の減少が、大きな問題となっています。高齢者の自立支援は、今後の国の医療介護財政状況と密接に関係しています。政府は、「高齢者ができる限り健康でその人らしく、最期まで住み慣れた場所で安心して暮らせる」~地域包括ケアシステムの構築を方針として打ち出しており、これから高齢者ケアの考え方が大きく変わろうとしています(【表】参照)。

 一方で、超高齢化が進行していくなかで、我が国が考えていかなければならないのが、企業の経済成長です。「企業の目的は顧客の創造である」とは経営学の父であるP・Fドラッカーの言葉ですが、そのために企業はマーケティングとイノベーションという2つの基本的な機能を考えていかなければなりません。

 高齢者の自立支援についてマーケティングの視点から考えた場合、欧米と比べて我が国では、未病・介護予防を中心とした「健康型高齢者住宅」がほとんど整備されていないのが現状です。この健康型高齢者住宅は、地域包括ケアシステムを構築していくなかで、高齢者の尊厳を遵守するとともに自立を促していくうえで、重要な要素になります。そのため、高齢者ケアのなかでも、今後の成長が見込まれる市場だと思われます。

 健康型高齢者住宅の開発のヒントになるのが、米国の「CCRC」です。CCRCとは、体力や記憶力が衰えていく高齢者に対して、同じ敷地内で最期まで継続したケアを提供可能な総合施設であり、「Continuing Care Retirement Community」の頭文字をとったもので、「継続したケアを提供する高齢者の生活共同体」と訳せます。私どもは、CCRCを「高齢者健康コミュニティ」としました。具体的には、継続した生活支援・健康支援・医療・介護サービスを提供することで、高齢者の尊厳を守りながらも、できる限り自立して健康かつ快適に暮らすことのできる「健康型高齢者住宅」を中心とした総合的サービス施設です(【図1】参照)。

 米国にはCCRCがおよそ2,000カ所あり、80万人程度の高齢者がCCRCで暮らしているといわれています。CCRCには、「健康型住宅」のほかに、高齢者の医療・介護ニーズに応じて対応できる「支援型住宅」、看取りまでできる「介護型住宅」の3つの高齢者住宅があります(【図2】参照)。見慣れたスタッフと最期まで同じ場所で暮らすことは、適応能力が低下した高齢者の生活環境の変化による精神的な落ち込み、認知症の進行(トランスファーショック)を予防することにも寄与するといわれています。CCRCの予防効果として、(1)「寝たきりになる確率の低減」、(2)「急性期病院からの早期退院」、(3)「医療介護費用の低減」などが挙げられています。

 我が国では、土地のコストを考えると、CCRCの機能を1つの敷地で提供することは容易ではありません。そこで私どもは、医療介護サービスを提供する複合施設を拠点とし、健康型高齢者住宅を開発するとともに、地域の高齢者の自宅もネットワークでつなぎ、地域包括ケアシステムの機能を満たす「日本型CCRC」を提案しています。具体例を紹介しますと、複数の医療・介護施設を運営する佐賀県のある医療法人では、中心となる地域に病院や在宅クリニック、訪問看護ステーションを据え、その近隣に通所介護や住宅型有料老人ホーム、グループホーム、宅老所を配置することで、地域での在宅医療介護サービスを提供。これによって、日本型CCRCのモデルを形成しようとしています。今後は新しい宅老所などを含めた「健康型高齢者住宅」を充実させ、地域高齢者の自立支援を促進していくことを検討しています。

 高齢者の自立支援ニーズが高まるなかで、医療と介護を統合した自立支援を行う健康型高齢者住宅を取り入れた「日本型CCRC」は、新しい市場・顧客を創造するとともに、地方創生の解決策の1つとなると考えられます。


Profile
窪田 昌行
(くぼた・まさゆき)
鹿児島出身。1981年、九州大学工学部大学院修了(工学修士)、93年、ペンシルバニア大学ウォートンスクール終了(MBA)、2000年に岡山大学医学部(医学博士)。建設会社の病院企画・計画担当、経営コンサルタントを経て、06年に産学連携で医療福祉経営マーケティング研究会を設立。14年に日本型CCRCの理念・仕組みの普及と人材育成の場の構築のためにNPO法人高齢者健康コミュニティを設立し、理事長を務めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月09日 07:00

知的に自立した若者を育てよ〜教育現場からの報告と提言(4)NEW!

 近年拡大の一途をたどる「指定校推薦」制度は、若者らのそうした傾向を助長するのみならず、学生らのうちに要らぬ分断さえ生み出している。大学が特定の高校と協定を結び、その...

2021年05月09日 07:00

【コロナで明暗企業(6)】日本製鉄と日立製作所~企業城下町の栄枯盛衰(中)NEW!

 日本製鉄は茨城県鹿嶋市の東日本製鉄所鹿島地区にある高炉1基の休止を決めた。鹿島地区は旧住友金属工業の基幹拠点である。住友金属工業が製鉄所を開いた1960年代以降、鹿...

2021年05月08日 07:00

知的に自立した若者を育てよ〜教育現場からの報告と提言(3)

 このような調子でこれまでどうやって入試や定期試験をクリアしてきたのか、と学生に率直な質問をぶつけてみたことがある。そのとき、ある学生の一群(私立大)は、それは誇らし...

2021年05月08日 07:00

被災地復興や新型コロナ禍への対応 高まる業界団体としての存在感(後)

 『具体的な要望としては、軽油引取税についてですね。軽油は一般的にディーゼルエンジンなどに利用されて軽油引取税がかかりますが、最終処分場で使う重機については減免されて...

2021年05月07日 18:56

【成り行き注目】(株)九設(大分)/電気設備工事ほか

 同社は、5月6日付の決済が不調に終わったことが判明した。

2021年05月07日 17:59

芝浦グループ 建築中の新本社ビルを公開

 芝浦グループホールディングス(株)は、45周年となる2022年に向けて、福岡市中央区に新本社ビルを建設している。これまで同グループが施工してきた物件のなかでも最大級...

2021年05月07日 17:52

掲載予告~山口FGの吉村猛社長に対する「内部告発状」が当社に届く

 当社児玉社長と浜崎裕治顧問宛てに、山口銀行の現役行員から4月30日付で山口FGの吉村猛社長に対する「内部告発状」が送付されてきた。詳細については来週月曜日から掲載す...

2021年05月07日 17:45

【5/30まで】国際政治経済学者・浜田和幸氏の「創作漢字書展」が開催中

 メルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏の「創作漢字書展」が東京・銀座...

2021年05月07日 17:38

イーロン・マスク氏が先導役を務めるBMIビジネスの最先端事情

 世界を騒がすことに関しては天才的な能力を発揮するのがイーロン・マスク氏である。確かに、電気自動車の「テスラ」から宇宙ロケットの「スペースX」の開発などを通じて世間を...

2021年05月07日 17:24

被災地復興や新型コロナ禍への対応 高まる業界団体としての存在感(前)

 産業廃棄物を適正処理することは生活環境の保全と国民経済の発展を図るために不可欠なうえ、近年は大規模災害の多発などで被災地における災害系廃棄物の処理も大きな社会問題と...

pagetop