• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年04月09日 15:30

【消費税ゼロ+現金給付】川内博史衆院議員(立憲民主党)の新型コロナウイルス対策

 安倍政権の中身の乏しい新型コロナウイルス経済対策と違って、現金給付や消費税ゼロの大胆な対策を提案する川内博史衆院議員(立憲民主党)に話を聞いた。

 ――代議士会で「消費税ゼロ」という声が聞こえたのですが

 川内博史衆院議員(以下、川内) 私は一気に消費税ゼロにすべきだと思います。それだけでなく、現金も給付する。使うお金がないと消費税も払えないわけですから。非正規雇用、フリーランスに1ケ月30万円か40万円を払う。正規雇用(の社員)や公務員は問題ないわけですから、収入が激減した人に対しては手厚い措置をするということです。

 ――収入が激減した人に対して現金を配るしかないと。

川内博史衆院議員(立憲民主党)

 川内 つべこべ言わずに、すぐにお金を配るのが大切なのです。公務員を含めて給料取りはいいですが、フリーランスや非正規雇用の人たちは収入がないわけですから。とにかく、「申請が」とか「手続きが」とか言わずに、すぐに配る必要があります。

 ――金額、規模感については?

 川内 フリーランスや非正規雇用の人が1千万人として、月に1人30万円とすると、1カ月に3兆円。5カ月配ると15兆円です。それぐらいの規模の現金給付が必要だし、消費税はとりあえずゼロにする。会社でも自粛要請で売上が減ったところがあるでしょうから、それに対しても売上減少の補償をすると必要がある。それらを合計して50兆円ぐらいの財源が必要になるのではないか。こういう緊急事態ですから赤字国債発行でまかなうのはしかたないでしょう。

 その代わり安倍首相は責任を取って辞める。感染拡大を招いたことに加えて、学校を一斉休校にする、イベントを自粛させるなど、まったく法的根拠に基づかないことを安倍首相が粋がって言ってしまったから、一気に自粛ムードが広がって大変な経済的打撃を受けているわけです。これは安倍首相の責任ですから、補正予算を組んだ上で責任を取って辞めるということ。新型コロナウイルスは人間と違って忖度をしないのです。

 ――記者会見で何度も聞いているのですが、枝野幸男代表は消費減税に消極的なのですが、一方で(所得に応じて税金を還付する)「給付付き税額控除」に積極的なのです。3月17日にようやく「消費税減税を含めて新型コロナウイルス対策を検討する」と少し前向きの発言をし始めましたが(註)。

 川内 「給付付き税額控除」というのは庶民にわかりません。現金給付のようなわかりやすい政策がいま求められています。とにかく早く消費税減税を打ち出すことが大切です。そして現金給付と消費税減税をセットにしないと意味がない。現金がないと消費できないわけですから、収入が激減した人たちは消費税減税だけを聞いても「何、それ」という感じになってしまう。だから、まず現金給付をする。一方、給与所得のある人にとって消費税減税は実質的に現金を配ることと同じです。

 九州の観光地も大変です。飛行機はほとんど乗っていません。乗客よりも客室乗務員のほうが多いくらいです。永田町近辺にいる人は大半が給与取りなのでわからないかも知れませんが、日銭で回している観光業や飲食業の方は大変です。現金が入って来なくなったら経営が立ちいかなくなる。安倍政権は「融資します」と言っていますが、審査もあるでしょうし、融資が決まって現金が手元に渡るのは何カ月先なのか。保証協会が保証しないのではないですか。これだけ売上が激減すれば、融資をして返ってくる保証もない。「無利子無担保」と言っていますが、ピント外れもいいところです。安倍首相が全国一斉休校とイベント自粛要請をしたことによる売り上げ減なので、減収分を補てん(補償)するのは当たり前です。安倍首相は「あらゆる課題について政府は責任をもちます」と記者会見で言ったわけですから、経済的支援をするのは当然のことなのです。

※註= 枝野代表の3月17日の発言(記者団との囲み取材)
「(新型コロナウイルス対策として与野党から出ている消費減税論について)世界的な株安による世界経済の失速は、深刻かつ長期化するものだと思っているので、消費税を含めてあらゆる施策を選択肢として検討する必要がある」

【ジャーナリスト/横田 一】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月05日 17:05

【みやき町】「元なでしこ」海堀ディレクター委嘱式・女子サッカーチーム・ユニフォーム発表

 佐賀県みやき町こすもす館において、5日、海堀あゆみ氏のみやき町スポーツ政策ディレクター委嘱式および「みやきなでしこクラブU-15」のユニフォーム発表会が行われた...

2020年06月05日 16:58

コロナ危機の裏で深刻化する食糧問題と加熱する種子争奪戦争(中編)

 あまり知られていないが、アフガニスタンは40年前には豊かな農業の輸出国であった。アメリカ軍はアフガニスタン侵攻に際し、「2007年までには同国が再び食糧に関して自給...

2020年06月05日 16:00

伊都きんぐの感謝の0円販売、あっという間に終了

 「どらきんぐエース」、「どらきんぐ生(期間限定商品)」などを販売する伊都きんぐ。同店は公式Twitterを通じてあまおう苺入りチョコレート「いちごの卵」の「訳アリ大...

2020年06月05日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」6月1日発表 福岡労働局分

 6月1日に公表された福岡労働局分は下記の通り...

2020年06月05日 14:51

国家インフラに「負担金」不可解(前)

 遅々として進まない整備新幹線を尻目に、JR東海が手がけるリニア中央新幹線は着実に整備が進んでいるように見える...

2020年06月05日 14:40

今できることに堅実に挑む~(有)金谷洋瓦工事店

 屋根工事一筋53年の社歴を有し、福岡県内だけでなく、県外でも多くの受注実績を有する(有)金谷洋瓦工事店。金谷宏之代表を始めとした熟練した技術者および同社専属職人の高...

2020年06月05日 13:30

「博多廊」「星期菜」などが1日より営業再開~IMD Allianceの取り組み

 営業再開にあたってのあいさつと同社の感染予防対策についてのメールが寄せられたので、以下に紹介する...

2020年06月05日 13:00

【政界インサイダー情報】いよいよ、アベノミクスの目玉IR誘致開発も危険水域

 誰も予想もしなかった、今回の世界的なコロナ感染拡散問題で、この危機管理に対応できず、傷だらけになっている今の政府、強かった筈の安倍一強政権...

2020年06月05日 11:45

(株)ホテルオークラ福岡の社長〜コロナは「新たなホテル業の在り方」を考えさせられた良い機会

 6月に入り、ようやく通常通りの営業に戻し、ホテル内のレストラン・バーも徐々に活気を取り戻しつつあるホテルオークラ福岡。コロナショックにより、改めて業界の役目・今後の...

2020年06月05日 11:14

「 ふくおか筑紫フードバンク」こども食堂のフードパントリーを応援中~エフコープ・西松建設との連携で子どもの居場所づくり(前)

 「ふくおか筑紫フードバンク」の運営を担っているのは、「特定非営利法人チャイルドケアセンター」であり、代表理事は大谷清美氏が務める...

pagetop