• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年04月09日 16:41

YouTubeがD.アイクの動画を削除 BBCが犯行認める

 デーヴィッド・アイクが出演する4月6日の英国の独立系メディア『ロンドンリアル』のインタビュー動画が生配信終了直後、YouTubeから削除された。新型コロナウイルスと5G(第5世代移動通信システム)の関係について語っている。翌7日、英国の公共放送BBCは自身が削除を依頼したことを認める記事を配信した。

 動画は「コロナウイルスの陰謀:コロナはいかに私権を奪い、国民経済を破壊するか」と題し、『ロンドンリアル』のCEOでオーナーのブライアン・ローズ氏が約2時間半にわたり話を聞くもの。アイク氏は、コロナウイルスと5Gとの関係やワクチン注射の目的について掘り下げるとともに、ロックダウン(都市封鎖)による経済の破壊、人権の剥奪、個人情報の略取などの計画を指摘している。

 その後、「VIMEO」も同じ動画を消した。

 アイク氏は3月18日にも同番組に出演。新型コロナウイルスの裏側に言及して世界的に話題を呼び、700万回の再生数を誇った。ブライアン氏によれば、今回の生配信中には34万人が視聴(BBCは6万5,000人と報道)した。

 7日、アイク氏は自身のウェブサイトに緊急の動画メッセージを掲載。「インタビューはまったく破壊的な内容で、これを見れば、なぜYouTubeが削除したかがわかるだろう。多くの企業が、人々に真実が知られるのを脅威に感じ、止めようとしていた」と告発した。

 そのうえで、世界中のできるだけ多くの人がその動画を見るよう呼び掛けた。「膨大な人々がそのビデオに出てくる情報を知れば、世界に起こる現象が変わってくるから」と説明した。

 消された動画は現在、『ロンドンリアル』のウェブページ(会員登録が必要)か、下記の「BIT CHUTE」で見ることができる。

 BBCも同じ日、この削除事件をトップページで取り上げた。ただし、「コロナウイルス:YouTubeはデーヴィッド・アイクの5Gインタビューの後、規制を厳しくした」と題し、「陰謀論者」による「コロナウイルスの症状と5G網の誤った関連付け」を糾弾するもの。

 YouTubeの広報担当の女性の話として、「WHO(世界保健機構)と地域の保健当局が説明したようなコロナウイルスの実態あるいは伝染に反論するような内容は今や、YouTubeの方針に違反する」との見解を紹介した。

 アイク氏へのインタビューについて、「支払の引き金となる動画のボタンをクリックして彼らの生対談の反応を目立たせる人もいた」「同社はまた、違反者を金もうけできなくさせる」「YouTubeはそのビデオがまだ配信している間、インタビューの主催者がその偉大な対話道具を通じて生まれる収益を得続けることを許している」などと形容し、彼らが金もうけのために言論しているとの印象を刷り込む。

 驚くべきは、「BBCがなぜそのビデオが許されるのかと詰問した後、規則を変えた」と、自局がYouTubeに削除要請したことを明かしていることである。そして、この規制更新が通信ソフト「WhatsApp」の新規制導入と同時であることを強調する。「WhatsApp」は7日付で告知を出した。医療従事者の支援にも使われていることを挙げ、メッセージの転送を1回に制限するもの。「私たちは人々に正確な情報をもたらすため、WHOや20を超える国の保健省を含むNGOや政府と直接仕事をしている」と胸を張る。

 BBCの自白は、ブライアン氏が同日配信したメッセージ動画で知った。BBCの記事が自分たちの提起した問題に何ら触れていないことを批判し、報道の自由を強調。「デーヴィッドとすべて合意するわけじゃないが、僕は彼の権利を守り抜く」と、御用メディアへの対決姿勢を鮮明にした。この動画は日本語字幕も付いているので、ぜひご覧いただきたい(下に貼付)。

 アイク氏へのインタビュー配信に対する警戒は、事前からあったと思われる。削除されるインタビューの2時間ほど前にメッセージを配信し、「デーヴィッドが来るか、ビルに入れるか、心配だ。『アイクを出すな』と圧力がある。何が起こるかわからない。しかし、言論の自由は人間の基本的権利だ。オーウェル的国家にされたくない」と落ち着かない様子で語っていた。

 アイク氏はプロサッカー選手引退後、BBCでキャスターを務めている。

【写真】
犯行を認めるBBCの記事

【動画】
ブライアン氏による翌日の報告(日本語字幕付き)
https://www.YouTube.com/watch?v=tx9s_B6fmho

消されたインタビュー動画
https://www.bitchute.com/video/H4W7FwBy0Ukh/

『ロンドンリアル』
https://londonreal.tv/

<プロフィール>
高橋 清隆(たかはし・きよたか)  

 1964年新潟県生まれ。金沢大学大学院経済学研究科修士課程修了。『週刊金曜日』『ZAITEN』『月刊THEMIS(テーミス)』などに記事を掲載。著書に『偽装報道を見抜け!』(ナビ出版)、『亀井静香が吠える』(K&Kプレス)、『亀井静香—最後の戦いだ。』(同)、『新聞に載らなかったトンデモ投稿』(パブラボ)、『山本太郎がほえる〜野良犬の闘いが始まった』(Amazonオンデマンド)。ブログ『高橋清隆の文書館』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月27日 17:16

【11/6】「九州プロモーションセンター in ハノイ」開設の記念講演(九経連主催)

 ベトナム・ハノイ市に「九州プロモーションセンター」が開設されることを記念し、11月6日に九経連主催による記念講演「九州プロモーションセンター in ハノイへの期待」...

2020年10月27日 16:44

自民党外国人等特別委員会でが外国人技能実習・特定技能、留学生の現状について議論

 自民党政務調査会外国人等特別委員会が10月16日に、外国人技能実習・特定技能、留学生の現状について議論を行った...

2020年10月27日 16:11

地域の市民主体による太陽光、風力などの再エネ発電所~全国の市民発電所は1,000カ所以上に

 東日本大震災の福島原発事故や度重なる台風・豪雨災害で甚大な被害を受けている昨今、使えることが当たり前と感じられてきた電気の問題は「他人事ではない」時代になっている...

2020年10月27日 15:16

バイオ企業・林原の元社長、林原健氏が死去~マスコミを利用した“バイオの寵児”の神話は砂上の楼閣(2)

 林原の創業は1883(明治16)年。初代の林原克太郎氏が岡山市で林原商店を掲げて、水あめの製造を始めた。地方の小さな水あめ屋であった林原商店を全国区の企業へと飛翔さ...

2020年10月27日 14:43

【凡学一生のやさしい法律学】元TOKIO山口達也氏の酒気帯び運転の疑い事件~冤罪の一類型

 刑罰法規に限らず、すべての法律は階級性をもつ。それは法律を制定する権力の価値観、意向に従っているという側面を有しているということだ。一方、権力者によって被治者が苛酷...

2020年10月27日 13:59

いわれなき批判を越えて 群を抜くパチンコホールの換気能力

 依然、世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。感染拡大防止の観点から、密閉・密集・密接のいわゆる「3密」回避が要請され、多くの商業施設が営業自粛を余儀なくされた。パ...

2020年10月27日 11:44

【ラスト50kmの攻防】長崎ルート全線開業の機運加速 両県関係者が意見交換会

 九州新幹線長崎ルートの整備方式で対立する国交省と佐賀県が、武雄温泉―長崎間の開業が2022年秋と決まった後、初めて新鳥栖―武雄温泉間の整備方式を協議した...

2020年10月27日 10:45

【大阪都構想=大阪市廃止】二重行政解消後も他府県より低い成長率 都構想の不都合な事実

 大阪都構想(大阪市廃止)の「住民投票」(11月1日投開票)が終盤戦に突入した10月26日、反対派の猛追を報じる新聞記事が相次いだ...

2020年10月27日 10:11

マークイズ、ホークスリーグ優勝でセールを実施

 Pay Payドームに隣接する大型商業施設「MARK IS 福岡ももち」は、福岡ソフトバンクホークスのリーグ優勝が決定した翌日から5日間、全館をあげて優勝セールを実...

2020年10月27日 09:25

糸田町の「統合文化施設建設」、17.3億円で早田組が落札

 福岡県糸田町発注の「町民体育館など統合文化施設(仮称)建設工事(1工区)」を、(株)早田組が落札した...

pagetop