2022年01月17日( 月 )
by データ・マックス

ダイレックス今期、25店出店で売上高10.4%増~経常は13.8%増益見込む

 ダイレックスの2021年3月期は25店を出店し、売上高2,540億円(前期比10.4%増)を見込む。人件費を筆頭に販管費が10.8%増えるが、増収と粗利益率改善で吸収し経常利益は13.8%増の103億円と二ケタの増益率を目指す。

 前期の出店は20店(閉店5店)だった。親会社サンドラッグの物流網を活用し近畿、東日本に営業地域を拡大しており、九州外での出店は11店と5割を超えた。
 店舗面積450坪(1,485m2)の標準店以外に350坪(1,155m2)の都市型店の開発を進める。原則として生鮮4品を扱う。

※この記事は有料記事です。全文を読むには「流通メルマガ」の申し込みが必要です。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込みください。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

関連記事