• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月26日 11:19

「徒歩の調査」から見た福島第一原発事故 被曝地からの報告(前)

元福島市渡利住民 千葉 茂樹

実際に歩いて調べた汚染状況

千葉 茂樹 氏

 原発推進派の方も、原発事故が起きたらどのようになるか、この報告を読んで考えていただきたい。本報告では、私が体験した「福島第一原発事故の現実」を書かせていただく。なお、本報告は反原発の立場で書いている訳ではない。あくまでも私の体験・調査の結果であり、「原発事故が起きてこうなった」ということである。

 原発事故当時、私は福島市渡利に居住していた。 9年経った今でも、あの恐怖の日々は、鮮烈に蘇る。これは、その恐怖を味わった人間でないとわからない。

 人は、嫌な事や自分に都合の悪いことには目を背けようとする。はたしてそれで良いのであろうか。その行為は後日、「大きなツケ」として自分に戻って来る。本稿は、受け取る人によっては不快に感じるであろう。しかし、よく考えていただきたい。現実を直視していただきたい。そのうえで、どうすべきかを考えていただきたい。なお、私の報告書や論文は、私が放射能汚染地域を一歩一歩、足を進めて調査したものである。他人のデータをまとめたものではない。

30年後の検証調査のために

 初めに、私の基本的な考え方を述べておきたい。原発事故は絶対に起こしてはならない。しかし、起きてしまった以上、放射性物質による汚染の状況を詳細に記録して残す必要がある。なぜなら、原発事故の20~30年後に再検証が必ず行われる。この際には、詳細な現地調査のデータが必要となる。私はその日のために調査をしているのである(日本地質学会のHPに掲載)。

 今、原発事故直後の調査を振り返ると、「やっておけば良かった事」や「恐怖でできなかった事」がたくさんある。当時は高校に勤めており、今のように自由にはできなかった。仕事はあくまでも「結果がすべて」であり、この原稿を書きながらも反省しきりである。

原発事故を語ることは「風評被害」か

 あえて書かせていただく。福島県では原発事故を語ることについて「忌避感情」が強い。「臭い物には蓋をせよ」という状態である。原発事故の汚染を「風評」と報道することがあるが、風評とは「根も葉もないこと、『根拠のない事』を、さもあるようにいうこと」である。しかし、私の2019年の調査では、福島県には間違いなく「原発事故由来の汚染物質」がいまだにある。私は青年期まで岩手県一関市で育った。一関第一高校の恩師から言われた言葉の1つは「常に自分の頭で考えて行動せよ。事が起きたとき、根本原因を取り除かねば、物事は解決しない」である。臭いものは取り除くことこそ最善の解決法であり、蓋をしてはいけないのだ。

 私の経験を書く。毎春、地元大学で地質学系学会の福島支部総会・研究発表会がある。2013年春、私は原発事故に関する2011~12年の調査データを発表した。その際、2人の大学教授から「福島県には、あなたが発表したような『汚染された土』はない。数値を見ると測定機器に問題がある。大学の機器で測定しないからそんな値になるんだ」と罵倒された。

放射能を測定した、飯舘村の黒い土

 2013年7月、問題の「汚染土」を京都大学原子炉研究所の小出裕章氏に測定していただいた。その土は、2012年4月30日に飯舘村で採集した土である。結果は1,430万Bq/kgという、とてつもなく高い放射能が出た。放射能が0.8万Bq/kg以上になると隔離しなければならない。実にその基準の1800倍の放射能である。

 さらに2019年の発表では、博士課程の大学院生から「公的機関で測定データを公開しているから、あなたの調査には意味がない」との意見が出た。しかし実際のところ、公的機関では私のように「現地を歩いての調査」はしていない。私が嫌いなことは事実を事実として認めないこと、都合の悪いデータは排除すること、データを自分に都合の良いように曲解すること、である。

 住民の考え方もいろいろである。昨年徒歩で調査をしていると、汚染を心配して声をかける方、怪訝そうに見る方、不審者として警察に通報する方、などさまざまであった。

(つづく)


〈プロフィール〉
千葉 茂樹

1958年生まれ。岩手県一関市出身。元福島県高等学校教諭。専門は火山地質学。調査の中心は磐梯山。この他に、「富士山、可視北端の福島県からの姿」などの多数の論文がある。2011年3月11日の福島第一原発事故の際は、福島市渡利に居住していた。翌12日、会津の猪苗代にいったん避難して20日に渡利に戻る。異変を感じたことから、専門外の「放射性物質による汚染」の研究を始めた。その後、阿武隈山系の平田村に転勤となる。平田村は原発から約45kmと近いが、地形の影響で「汚染がドーナツ状に低い地域」のほぼ中心にある。著者の調査形態は、地質調査と同じ「徒歩」が基本。2019年3月で定年退職。

※詳細な調査データは「報告書・論文など」として、京都大学吉田英生教授のHP(Watt & Edison)http://wattandedison.com/Chiba2.htmlに掲載。磐梯山の論文も含む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月11日 15:19

【みやき町】ふるさと納税再開へ

 佐賀県みやき町は、10日、同町内のコミュニティセンターこすもす館で、ふるさと納税再開に向けた事業者説明会を行った。

2020年07月11日 07:00

開発から半世紀を経て団地再生へ「宗像・日の里モデル」とは(後)

 ほぼ全域が1965年から始まった日本住宅公団(現・UR都市機構)の土地区画整理事業で開発されたもので、その面積は217.6haと、当時としては九州最大規模だった...

2020年07月11日 07:00

変貌しつつある大阪港~アフターコロナ時代の万博を 実現できるか?(4)

 万博関連インフラ整備は、概ね順調に進んでいるが、万博開催については新型コロナウイルスの影響は避けられない状況だ。10月に開催予定だったドバイ万博は1年間延期...

2020年07月10日 17:49

お仏壇のはせがわ中興の祖・長谷川裕一氏の経営者としての最終的総括(1)

 「お仏壇のはせがわ、再生なるか」をテーマに2回にわたって報告した。 (株)はせがわの前途は非常に険しい。潰れることはなくてもじり貧傾向を下っていくであろう。前号で...

2020年07月10日 16:52

新型コロナウイルス感染拡大~関東で猛威

  【表1】を見ていただきたい。全国(47都道府県)の新型コロナウイルス感染者の順位表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国(47都道府県)の7月10...

2020年07月10日 16:30

自民党が外国人材受入れ推進を安倍首相に提言~高度人材や技能実習生など(前)

 7月1日、自民党政務調査会外国人労働者など特別委員会が開催され、高度人材や技能実習生などの外国人材の受入れ推進について、議論がなされた...

2020年07月10日 16:22

中国東北部と北朝鮮で活発化する火山活動:富士山の噴火も(4)

 科学技術が進歩し、東京工業大学と京都大学では人工知能(AI)を駆使した火山噴火を予測する研究を進めているが、自然界の動きを正確に見極めるにはまだまだ時間がかかりそう...

2020年07月10日 16:17

なぜ、人は非オンライン会議にこだわるのか?

 今回のコロナショックが本格化してきた4月頃、私も本気でマスクをするようになったが、頭のなかは今年11月14~15日開催予定の白馬会議が実施できるかどうかでいっぱいだ...

2020年07月10日 16:15

【凡学一生のやさしい法律学】関電責任取締役提訴事件(7)日本の民度は、本当に大丈夫か

 裁判官による「公共の福祉」論法は、多くの識者の批判を浴びて現在では影を潜めている。しかし、それに代わって...

2020年07月10日 16:00

ドコモ、KDDI、ソフトバンクが豪雨被災地6県でWi-Fi spotを無料で開放

 NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯大手3キャリアは、豪雨による被害が深刻な6県を対象に、自社のWi-Fi spotを無料で開放している...

pagetop