わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月26日 11:19

「徒歩の調査」から見た福島第一原発事故 被曝地からの報告(前)

元福島市渡利住民 千葉 茂樹

実際に歩いて調べた汚染状況

千葉 茂樹 氏

 原発推進派の方も、原発事故が起きたらどのようになるか、この報告を読んで考えていただきたい。本報告では、私が体験した「福島第一原発事故の現実」を書かせていただく。なお、本報告は反原発の立場で書いている訳ではない。あくまでも私の体験・調査の結果であり、「原発事故が起きてこうなった」ということである。

 原発事故当時、私は福島市渡利に居住していた。 9年経った今でも、あの恐怖の日々は、鮮烈に蘇る。これは、その恐怖を味わった人間でないとわからない。

 人は、嫌な事や自分に都合の悪いことには目を背けようとする。はたしてそれで良いのであろうか。その行為は後日、「大きなツケ」として自分に戻って来る。本稿は、受け取る人によっては不快に感じるであろう。しかし、よく考えていただきたい。現実を直視していただきたい。そのうえで、どうすべきかを考えていただきたい。なお、私の報告書や論文は、私が放射能汚染地域を一歩一歩、足を進めて調査したものである。他人のデータをまとめたものではない。

30年後の検証調査のために

 初めに、私の基本的な考え方を述べておきたい。原発事故は絶対に起こしてはならない。しかし、起きてしまった以上、放射性物質による汚染の状況を詳細に記録して残す必要がある。なぜなら、原発事故の20~30年後に再検証が必ず行われる。この際には、詳細な現地調査のデータが必要となる。私はその日のために調査をしているのである(日本地質学会のHPに掲載)。

 今、原発事故直後の調査を振り返ると、「やっておけば良かった事」や「恐怖でできなかった事」がたくさんある。当時は高校に勤めており、今のように自由にはできなかった。仕事はあくまでも「結果がすべて」であり、この原稿を書きながらも反省しきりである。

原発事故を語ることは「風評被害」か

 あえて書かせていただく。福島県では原発事故を語ることについて「忌避感情」が強い。「臭い物には蓋をせよ」という状態である。原発事故の汚染を「風評」と報道することがあるが、風評とは「根も葉もないこと、『根拠のない事』を、さもあるようにいうこと」である。しかし、私の2019年の調査では、福島県には間違いなく「原発事故由来の汚染物質」がいまだにある。私は青年期まで岩手県一関市で育った。一関第一高校の恩師から言われた言葉の1つは「常に自分の頭で考えて行動せよ。事が起きたとき、根本原因を取り除かねば、物事は解決しない」である。臭いものは取り除くことこそ最善の解決法であり、蓋をしてはいけないのだ。

 私の経験を書く。毎春、地元大学で地質学系学会の福島支部総会・研究発表会がある。2013年春、私は原発事故に関する2011~12年の調査データを発表した。その際、2人の大学教授から「福島県には、あなたが発表したような『汚染された土』はない。数値を見ると測定機器に問題がある。大学の機器で測定しないからそんな値になるんだ」と罵倒された。

放射能を測定した、飯舘村の黒い土

 2013年7月、問題の「汚染土」を京都大学原子炉実験所の小出裕章氏に測定していただいた。その土は、2012年4月30日に飯舘村で採集した土である。結果は1,430万Bq/kgという、とてつもなく高い放射能が出た。放射能が0.8万Bq/kg以上になると隔離しなければならない。実にその基準の1800倍の放射能である。

 さらに2019年の発表では、博士課程の大学院生から「公的機関で測定データを公開しているから、あなたの調査には意味がない」との意見が出た。しかし実際のところ、公的機関では私のように「現地を歩いての調査」はしていない。私が嫌いなことは、事実を事実として認めないこと、都合の悪いデータは排除すること、データを自分に都合の良いように曲解すること、である。

 住民の考え方もいろいろである。昨年徒歩で調査をしていると、汚染を心配して声をかける方、怪訝そうに見る方、不審者として警察に通報する方、などさまざまであった。

(つづく)


〈プロフィール〉
千葉 茂樹

1958年生まれ。岩手県一関市出身。元福島県高等学校教諭。専門は火山地質学。調査の中心は磐梯山。この他に、「富士山、可視北端の福島県からの姿」などの多数の論文がある。2011年3月11日の福島第一原発事故の際は、福島市渡利に居住していた。翌12日、会津の猪苗代にいったん避難して20日に渡利に戻る。異変を感じたことから、専門外の「放射性物質による汚染」の研究を始めた。その後、阿武隈山系の平田村に転勤となる。平田村は原発から約45kmと近いが、地形の影響で「汚染がドーナツ状に低い地域」のほぼ中心にある。著者の調査形態は、地質調査と同じ「徒歩」が基本。2019年3月で定年退職。

※詳細な調査データは「報告書・論文など」として、京都大学吉田英生教授のHP(Watt & Edison)http://wattandedison.com/Chiba2.htmlに掲載。磐梯山の論文も含む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月09日 07:00

知的に自立した若者を育てよ〜教育現場からの報告と提言(4)NEW!

 近年拡大の一途をたどる「指定校推薦」制度は、若者らのそうした傾向を助長するのみならず、学生らのうちに要らぬ分断さえ生み出している。大学が特定の高校と協定を結び、その...

2021年05月09日 07:00

【コロナで明暗企業(6)】日本製鉄と日立製作所~企業城下町の栄枯盛衰(中)NEW!

 日本製鉄は茨城県鹿嶋市の東日本製鉄所鹿島地区にある高炉1基の休止を決めた。鹿島地区は旧住友金属工業の基幹拠点である。住友金属工業が製鉄所を開いた1960年代以降、鹿...

2021年05月08日 07:00

知的に自立した若者を育てよ〜教育現場からの報告と提言(3)

 このような調子でこれまでどうやって入試や定期試験をクリアしてきたのか、と学生に率直な質問をぶつけてみたことがある。そのとき、ある学生の一群(私立大)は、それは誇らし...

2021年05月08日 07:00

被災地復興や新型コロナ禍への対応 高まる業界団体としての存在感(後)

 『具体的な要望としては、軽油引取税についてですね。軽油は一般的にディーゼルエンジンなどに利用されて軽油引取税がかかりますが、最終処分場で使う重機については減免されて...

2021年05月07日 18:56

【成り行き注目】(株)九設(大分)/電気設備工事ほか

 同社は、5月6日付の決済が不調に終わったことが判明した。

2021年05月07日 17:59

芝浦グループ 建築中の新本社ビルを公開

 芝浦グループホールディングス(株)は、45周年となる2022年に向けて、福岡市中央区に新本社ビルを建設している。これまで同グループが施工してきた物件のなかでも最大級...

2021年05月07日 17:52

掲載予告~山口FGの吉村猛社長に対する「内部告発状」が当社に届く

 当社児玉社長と浜崎裕治顧問宛てに、山口銀行の元行員から4月30日付で山口FGの吉村猛社長に対する「内部告発状」が送付されてきた。詳細については来週月曜日から掲載する...

2021年05月07日 17:45

【5/30まで】国際政治経済学者・浜田和幸氏の「創作漢字書展」が開催中

 メルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏の「創作漢字書展」が東京・銀座...

2021年05月07日 17:38

イーロン・マスク氏が先導役を務めるBMIビジネスの最先端事情

 世界を騒がすことに関しては天才的な能力を発揮するのがイーロン・マスク氏である。確かに、電気自動車の「テスラ」から宇宙ロケットの「スペースX」の開発などを通じて世間を...

2021年05月07日 17:24

被災地復興や新型コロナ禍への対応 高まる業界団体としての存在感(前)

 産業廃棄物を適正処理することは生活環境の保全と国民経済の発展を図るために不可欠なうえ、近年は大規模災害の多発などで被災地における災害系廃棄物の処理も大きな社会問題と...

pagetop