• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月25日 10:10

小池東京経済活動全面再開が破綻する日 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は東京都の主権者は小池百合子氏を落選させるべきだと訴えた6月24日付の記事を紹介する。


 東京で新たに55人のコロナウイルス感染者が確認された。小池百合子東京都知事は「東京アラート」だけでなく、営業自粛要請も全面的に解除した。都知事選に合わせて経済活動全開の体制を整えたということだろうが、世の中は小池氏を中心に回っているわけではない。この点を勘違いしていると大きなしっぺ返しに遭遇するだろう。

 小池氏の行動においては、すべてに「自分の都合」が優先されているように見える。
女帝 小池百合子』(文藝春秋)
 を読むと、エジプトに留学して女性と同居して以来、この行動様式は現在まで一貫しているように見える。

 小池氏が所属した政党も目まぐるしく変化してきた。日本新党-新進党-自由党-保守党-保守クラブー自由民主党-都民ファーストの会-希望の党を渡り歩いてきた。政治における確固たる信念、思想を感じられない。おそらく、そのようなものは存在しないのだろう。ただひたすら、より高い地位に上り詰めることだけが追求されてきたのだと思われる。

 4年前の都知事選で小池氏は「築地は守る、豊洲は生かす」と唱えた。しかし、築地を守りはしなかった。

 「食のテーマパーク」はどこに消えてしまったのか。都知事になるための、その場限りの票を得ることができれば、それでよいという考えなのだろう。しかし、小池氏の言葉を信用した市民は浮かばれない。いくつもの大きな風呂敷を広げたが、何も実現できていない。

 2020年の最大の懸案はコロナである。コロナが脅威として認識されたのは1月下旬。コロナの被害を軽微に抑制した台湾は1月からコロナ対策を本格化させた。水際対策を徹底した。マスクの確保についても政府がシステマティックに対応した。

 武漢で本格化したコロナウイルス感染拡大の影響をもっとも強く受ける可能性が高かったのが台湾だ。その台湾がコロナを見事に封じ込めた。

 台湾は東アジアの優等生である。小池百合子都知事は3月1日の東京マラソン実施を強行した。安倍内閣が「瀬戸際の2週間」と叫んだのが2月24日。3月1日は、その「瀬戸際の2週間」の真っ只中 だった。

 東京マラソンは7万人の濃厚接触者を生み出した。小池都知事は東京五輪7月開催にまっしぐらに突き進んでいた。ところが7月24日に東京五輪の延期が正式決定されると行動が急変した。「感染爆発重大局面」と唱えた。

 「感染爆発重大局面」は3月1日の東京マラソン開催時に示されるべき言葉だった。東京の緊急事態宣言は5月25日に解除された。ところが小池知事は6月2日に「東京アラート」を発令した。「東京アラート」には発令・解除基準が設定された。

 具体的数値基準として
「新規陽性者数」=1週間平均で1日20人未満
「感染経路不明」=50%未満
「陽性者増加比」=直近1週間とその前の1週間の感染者数比が1
 が示された。

※続きは6月24日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」「小池都政でなぜ都民が不幸になるのか」で。


▼関連リンク
植草一秀の『知られざる真実』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月15日 10:06

「コロナ後の世界経済」~ポスト資本主義の倫理、哲学で世界経済の再構築を(後)NEW!

 ここで肝心なのは、金もうけ本位の姿勢を見直すことだ。単なるDXデジタル技術やデータ活用でデジタル経済に転換するという安易な対応ではよくない...

2020年07月15日 07:00

相次ぐマンションの設計偽装~デベロッパーと行政の「不都合な真実」 仲盛昭二氏 緊急手記(3)NEW!

 このように、行政主導による構造検証においても、設計の偽装が見逃されていた。全国のマンションやホテルなどにおいて偽装が続けられ...

2020年07月15日 07:00

【株主総会血風録1】大戸屋ホールディングス~買収を仕掛けたコロワイドが戦わずして“戦線放棄”の奇々怪々(6)NEW!

 コロワイドは、最初から実行するべきTOBをなぜしなかったか。これも、理由ははっきりしている。「のれん代」がネックとなったからだ...

2020年07月14日 17:12

新型コロナウイルス~関東で感染拡大

  【表1】を見ていただきたい。全国(47都道府県)の新型コロナウイルス感染者の順位表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国(47都道府県)の7月14...

2020年07月14日 16:00

ストラテジーブレティン(256号)~日本を蘇生に導くハイテク大ブーム~米中対決のカギを握る半導体、言わば現代の石油(1)

 米中対決は香港の一国二制度の崩壊で決定的となった。現世界情勢の特徴は「中国の一方的攻勢」であろう。インド国境、南シナ海、東シナ海・尖閣列島では周辺への威圧を強めてい...

2020年07月14日 15:30

「コロナ後の世界経済」~ポスト資本主義の倫理、哲学で世界経済の再構築を(前)

 ポストコロナの時代には、格差拡大を続ける資本主義や、AIやICTを活用したリモートワークなどのオンライン化ではなく、倫理や哲学に立脚した新しい世界経済の再構築を目指...

2020年07月14日 15:05

朴ソウル市長の死去で大きく揺れる韓国社会(後)

 2年ほど前に、韓国の大統領有力候補として名が挙がっていた安照正前忠南道知事の性的暴行事件は、多くの国民に失望とショックを与えた。当時韓国では「Me Too運動」が広...

2020年07月14日 14:41

【8/10~12】上村建設前社長・上村秀敏氏初盆供養

 上村建設(株)は8月10~12日、同社前代表取締役社長・上村秀敏氏の初盆供養を同社の芥屋研修所にて執り行う...

2020年07月14日 13:32

梅の花が下方修正 20年4月期は43.9憶円の赤字に

 (株)梅の花(久留米市)が7月13日、業績予想の修正を発表した...

2020年07月14日 12:00

中国の新車販売が急回復!トヨタは2カ月連続で単月販売台数の過去最高を更新!

 中国自動車工業協会は7月10日、6月の新車販売台数が、前年同月比11.6%増の230万台だったと発表した。新型コロナウイルスによる影響が落ち着き、3カ月連続でプラス...

pagetop