• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月01日 14:45

【特別寄稿/西田亮介】冗長性の欠如がもたらしたもの 「民意」に揺さぶられるリスクマネジメント(中)

東京工業大学 准教授 西田 亮介

失敗したリスク・コミュニケーション

 ここまで挙げてきた不安と「耳を傾けすぎる政治」をめぐる諸問題にはSNSが普及した現状を踏まえたコミュニケーションの失敗が関係する。世界に目を向けてみると、この分野でのWHOの対応は早く、配慮したものだった。

 WHOは1月31日に新しいリスク・コミュニケーションチームEPI-WIN(Information Network for Epidemics: 感染症のための情報ネットワーク)の創設を公表。EPI-WINのミッションはSNSを中心とする「インフォデミック(infodemic)」に対処することであった。インフォデミックとは、情報を意味する「インフォメーション(information)」と「感染症拡大(epidemic、pandemic)」を合わせてつくられた造語だ。

 EPI-WINは感染症拡大もさることながら、インフォデミックへの対応を初期から重要視していた。正確か否かにかかわらず、情報の過剰性、つまり情報量の増大が人々の不安感を刺激し、対処を難しくすることを懸念する。このことは単に正確な情報を発信するだけでは不十分で、適切な発信方法が重要であることを意味した。

 2011年の東日本大震災当時は、デマの流通や風評被害もあったが、日本のSNSの普及期にあたり、そのポジティブな側面に関心が集まった。しかし今回は状況が異なっている。すでにSNSはスマートフォンなどのモバイルデバイスとともに人々の生活に浸透し、若年世代に限らない幅広い人たちの情報収集ツールになっていた。

 WHOの対応や、前述のような情報環境を踏まえて、政府や厚労省、内閣官房、首長などもそれらの活用を意識したようにも思われる。しかし、いくつかの好例は認められるものの、多くの課題を残した。たとえば省庁や政党のSNSアカウントにおけるテレビに対する「実名反論」。EPI-WINはコミュニケーションの方針を「Identify(明確化)」「Simplify(簡素化)」「Amplify(拡散)」「Quantify(定量化)」と定めていたように、影響力の大きな日本の情報番組の間違いを具体的かつ客観的に批判、反論することそれ自体は、近年のリスク・コミュニケーションのトレンドにかなっているともいえる(そもそもワイドショーがこれらの方針とバッティングする!)。

 しかし省庁のアカウントの投稿内容にも必ずしも正確とまではいえない曖昧な記述や、主観的な内容が含まれていたため、かえって混乱と人々の不安を招来した。こうして専門のセオリーとしては必ずしも間違いとはいえない広報手法は日本では政治的理由で選択しにくくなった。SNS上のリスク・コミュニケーションがリスクになるというまったく笑えない事態に陥り、むしろ政治不信を深めることになってしまった。

(つづく)


<PROFILE>
西田 亮介
(にしだ・りょうすけ)
東京工業大学准教授。博士(政策・メディア)。1983年京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。同大学院政策・メディア研究科修士課程修了。同後期博士課程単位取得退学。同助教、(独)中小機構リサーチャー、立命館大特別招聘准教授等を経て現職。専門は社会学。『メディアと自民党』『マーケティング化する民主主義』『無業社会』等著書多数。その他、総務省有識者会議、行政、コメンテーター等でメディアの実務に広く携わる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月05日 07:00

プラスチック製レジ袋の有料化 各社各様でスタート

 7月1日から全国で一律にプラスチック製レジ袋の有料化が始まった。持ち手のない袋やバイオマス素材25%以上配合の袋は対象外となる...

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(4)

 そもそも7年前に導入が決まった時点では、1基の建造費は800億円と言われていた。それが、あれよあれよという間に2倍以上に膨れ上がり、2基併せて4,500億円になって...

2020年07月04日 07:00

【凡学一生の優しい法律学】関電責任取締役提訴事件(3)真実隠蔽過程の序章

 かつて「関電疑獄」として、関電収賄事件の解説記事を連載した。そのとき、不祥事を引き起こした取締役会自身の手によって、ヤメ検を中心とした真相究明を目的とする「第三者委...

2020年07月04日 07:00

IT化とデータ可視化の推進でジョブ型への対応を(後)

 「単純作業の自動化が重要だと思っています。たとえば、営業で問い合わせを受けたときに必ず行うルーティン業務があります...

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(3)

 実は、EMP攻撃のリスク分析はアメリカでは20年前から行われている。というのも、国防総省そのものが、仮想敵国を標的にしたEMP兵器の開発に取り組んできたからだ...

2020年07月03日 16:57

この世界、どうなる?(8)「マイアミ・ナイス」

 私が学生のころ、日本のテレビでは「マイアミ・バイス」というアメリカ製のテレビドラマが流行っていた。ドラマ・アナリストによると、「よくできたシリーズ」だったそうだ...

2020年07月03日 16:45

加熱処理乳酸菌FK-23は抗ガンに高い効果 酵素処理乳酸菌LFKはインフルエンザ肺炎軽減やガン転移抑制

 DEVNETは、ニチニチ製薬と提携して、FK-23を免疫強化や抗ガンなどに、LFKをインフルエンザ肺炎軽減やガン転移抑制、花粉症などのアレルギー対策などに役立ててい...

2020年07月03日 16:15

6月、九州北部地方の月平均気温が過去最高の24.9℃に

 福岡管区気象台によると、6月の九州北部地方(山口県を含む)の地域平均気温平年差は、1946 年の統計開始以降最高となり、もっとも暑い6月となった...

2020年07月03日 16:02

手ぶらでBBQ!カリフォルニアバーベキュービーチでアイドルが体験レポート

 福岡のアイドルグループ、ふくおか官兵衛Girlsの白石ありさと、NEO☆学院の望月琉菜が「California B.B.Q BEACH」(福岡市西区今宿)をレポート...

筑後商事(株)(旧・(株)マミーズ)(福岡)/スーパー「マミーズ」経営

 同社は6月22日、福岡地裁柳川支部から特別清算開始決定を受けた...

pagetop