• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月02日 14:31

【特別寄稿/西田亮介】冗長性の欠如がもたらしたもの 「民意」に揺さぶられるリスクマネジメント(後)

東京工業大学 准教授 西田 亮介

飽和する情報、届かなかった原理原則

 先の世界的な新型インフルエンザや中東呼吸器症候群の感染拡大は、日本においては限定的なものにとどまった。そのような背景もあって、感染症拡大は日本では稀な事態であり、さらに店舗や学校が長期間にわたって閉鎖され、社会、経済生活に顕著な影響がおよんだことで人々は大きな不安を感じたはずだ。

 不安感は不満となって顕在化する。向かった矛先の1つは政治だった。並行して、感染状況のみならず、制度や対処が違う他国の部分的な状況がマスメディアとSNSを介して人々に届けられたことで、ますます不満は高まった。

 新型コロナウイルス感染症感染拡大直前までは、歴代最長政権となり、「安倍一強」と呼ばれた現政権だが、強い揺さぶりを受けている。各社の世論調査では軒並み内閣支持率が低下し、不支持率と接近するか調査によっては後者が前者を上回っている。

 確かに政治と行政の発信には多くの課題が残されている。近年改善傾向にあるとはいえ、明らかにインターネットやSNSでの迅速な広報の視点は乏しかったし、公表される資料の見せ方や可読性、わかりやすさにも問題があった。何より政策の原理原則が見えず、政府に説得の姿勢も乏しかった。改善は必須だ。

 しかし注意すべきは、やはり前述の「耳を傾けすぎる政治」である。良くも悪くも日本社会は政治や行政にさほど関心を示していなかった。そのため政府資料や発表の読み方(リテラシー)に課題も残る。人々は不満を政府に表明する権利を有しているが、同時に間違えたり、誤解したりすることも少なくない。そのとき「耳を傾けすぎる政治」を具現化する政府や首長の選択が好ましいとは限らないことは繰り返すまでもあるまい。

削ぎ取られる「冗長性」

西田 亮介 氏

 新型コロナウイルス感染症が日本社会と政治を変えるか否かは、生活変容の期間の長さ次第ではないか。たとえば選挙運動や投票は不急不要にはあたらない(≒重要である)とされている。短期間で終わった場合には緩やかに平時に戻り、長期化する場合には例外事項が恒久化していくイメージだ。

 コロナ禍において、政府と都道府県知事が「自粛」を「要請」したことで、強い総動員的自粛の空気が生まれ、市民生活、経済生活、文化生活に多くの行動変容が生じたし、そうせざるを得なかった。ただし、これらが恒久化して定着するには、今回の実質的な自粛期間は短かったのではないか。蓄積した不満と、コロナ以前を懐かしむ風潮は緊急事態宣言解除後、非日常を忘却させてしまう印象だ。非日常を恒久化するには、年単位の制約が生じ、不可逆的にそうせざるを得ない状況が必要ではなかったか。

 現状、世界と比べて、総じて死亡者は少なく、失業率も顕著な増大を示しておらず、倒産件数も同様だ。いずれも好ましいといえる。アフターコロナに向けて、正確に日本型社会の良い点を残し、課題を克服していく作業が求められている。このとき不安に付き動かされる民意と「耳を傾けすぎる政治」の誘惑を排して、新しい社会と政治の構想を創意工夫できるかが問われている。

 1970年代末ごろから、ムダ取り、行財政改革、グローバル化の名の下に、社会と政治の冗長性を排除してきた。冗長性は緊急時の資源組み換えやイレギュラーな対処を容易にする。IT業界でもその確保が配慮されるが、日本社会はそれらを削りすぎてきたのではないか。過剰ダイエットによって、基礎的な体力が損なわれているようにも見える。現代的な機能する冗長性はどのようなもので、いかにして可能か。懸念される第2波、第3波に備えながら、こうした中長期を射程に入れた議論が行われるなら、それが日本社会にとっての新たな希望となるはずだ。

(了)


<PROFILE>
西田 亮介
(にしだ・りょうすけ)
東京工業大学准教授。博士(政策・メディア)。1983年京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。同大学院政策・メディア研究科修士課程修了。同後期博士課程単位取得退学。同助教、(独)中小機構リサーチャー、立命館大特別招聘准教授等を経て現職。専門は社会学。『メディアと自民党』『マーケティング化する民主主義』『無業社会』等著書多数。その他、総務省有識者会議、行政、コメンテーター等でメディアの実務に広く携わる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月02日 07:00

【八ッ場ダムを考える】完成まで68年八ッ場ダムにおける「闘争」とは(3)NEW!

 「八ッ場(やんば)ダム」は、2009年9月、民主党政権下でダム建設中止が宣言されたことから、一躍全国的に有名となったダムだ。その完成には、1952年の調査開始から2...

2021年03月02日 07:00

鎌倉・空き家再生ファンドで住民参加型のまちづくり(後)NEW!

 人が長く住み続けられる家を目指して、新築の設計にも工夫を凝らす。中古住宅市場はまだ成熟していないため、新築からも空き家の解決策を探っているのだ...

2021年03月02日 07:00

基山町で18年ぶりの分譲マンション、地方創生の新たなモデルを目指す(後)NEW!

 今回のマンション建設にあたって1月25日、同社と基山町は「まちづくりに関する協定」を締結した。双方が協力してまちづくりの推進および地域振興を行う、官民連携の新たなま...

2021年03月02日 07:00

西鉄高架化、駅前再開発も控える 住宅都市・春日&大野城の今昔(3)NEW!

 明治期になっても、大部分は純農村だった春日村および大野村だが、交通インフラの開通とともに、急激な変化が訪れることになる。まず、1889年12月に九州鉄道の博多~千歳...

2021年03月01日 18:13

【九州FG】肥後銀と鹿銀で共通のスマホアプリを開発 オンラインで口座開設も

 (株)九州フィナンシャルグループ(熊本市)が、モバイルバンキングサービスを手がける米・ムーブン社と提携して傘下の肥後銀行(熊本市)と鹿児島銀行(鹿児島市)共通のスマ...

2021年03月01日 18:04

米金利上昇ショックの株急落、日本株投資に稀有の好条件が揃った

 世界的に株価調整が起きている。日本株価はコロナ後の底値から年末までに68%の急伸を遂げ、今年に入ってからも年初比11%上昇と快進撃を続けてきたが、2月16日の高値か...

2021年03月01日 16:56

【大手企業を糾弾する/大和エネルギー】脊振山系の風力発電所建設計画からみえること(前)「輝く小さな町」糸島市の豊かな自然を守ることこそ、私たちの責任

 「脊振山系に大規模な風力発電所の建設計画」という一見すると心地よいタイトルを掲げて、大和エネルギー(株)が自然の力を活かす再生可能エネルギー事業の...

2021年03月01日 16:26

アビスパ、高いJ1の壁に苦杯 福岡1-2名古屋

 サッカーJ1リーグのアビスパ福岡は2月28日、ホームのベスト電器スタジアムに名古屋グランパスを迎え、シーズン第1節の試合を行った。5年かけてたどり着いた待望のトップ...

2021年03月01日 15:19

中国経済新聞に学ぶ~中国の9割の若者が老後に不安

 中国メディアが行った調査によると、18~35歳の1,000人余りの回答者のうち、9割近くが「今から自分の老後について考え始めなければならない」と答えたという。これよ...

現場を重視した顧客主義戦略で サッシ工事では地場トップクラス

 建物の外と室内を仕切り、風雨を遮る、個室をつくる、さらに個室内を仕切って収納をつくる―建具とは住宅の開口部に取り付けられる「仕切り」の総称を指す。玄関ドアや障子、ふ...

pagetop