• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月02日 17:27

IT化とデータ可視化の推進でジョブ型への対応を(前)

ナレッジスイート(株)
代表取締役社長 稲葉 雄一 氏

 新型コロナウイルス感染症対策によりテレワークが普及したとはいえ、ジョブ型に完全に移行できるわけではなく、経営者・社員双方にとって適切な雇用形態の模索が続くであろう。
 東証マザーズ上場のナレッジスイート(株)の提供するサービスは社内の無形のノウハウの可視化・資産化を推進し、業務の効率性向上、リスクヘッジに役立つものであり、地方の企業、中小企業のデジタルシフトを後押しするものだ。コロナによる社会環境の変化などについて、代表取締役社長・稲葉雄一氏に話をうかがった。

(聞き手:(株)データ・マックス 取締役 緒方 克美)

社会の環境変化とテレワーク

 ――コロナでデジタルシフトが急速に進んでいることについて、どう評価しますか。

 稲葉雄一氏(以下、稲葉) 中小企業も含めてコロナによるテレワークとよく言われていますが、テレワークという言葉は、経営者または従業員のどちらに向けて発せられているかで意味が異なります。従業員にとっては効率的で夢のある動きだと思います。他方、経営者の目には、労働基準局が定める労働法に逆行するものとして映ります。今の変化により「テレワークによるテレワーク社員」という言葉が生まれました。業務委託、一年契約という通常の社員とは完全に異なる雇用形態によって、会社が負担する領域を極力削減する言葉に成り下がっています。

 私たちとしては、どちらを推進すべきなのか悩ましいところです。米国では企業がレイオフを自由に行い、また社員が成果を生んでいなければすぐに解雇しますが、日本ではそれはできません。

 ――テレワークのもとでは社員をアウトプットやアウトカムでしか評価できなくなると思います。新型コロナウイルスにより、米国のジョブ型のスタイルに移行していくのでしょうか。

 稲葉 私個人はその方向に向かうと思いたいのですが、一気にドラスティックに移行するとなると、400万社ある会社が成り立っていけるのかという懸念があります。中小企業と大企業とでは、社員1人あたりの重み、業務の内容が大きく異なります。会社として特定の社員に依存する状態のままジョブ型に移行するとなると、その社員がうまくいかない場合に大きなリスクを抱えることになります。数年前に個人事業主にアウトソーシングを発注する際のリスクが焦点となりました。発注後に途中で放棄されてしまうケースが続出したのですが、業務委託はそれに近く、個人が「成果」を出せないことへのリスクを負いきれないのです。

 社員の側からみた問題として、社員は会社に守られている環境において、「自由」を「楽」としてとらえる傾向があることが挙げられます。そもそもジョブ型では、経営者側はそのジョブを8時間分の労働に相当するものとして従業員に課し、生産性、効率性を考えますが、社員は同じ対価であれば8時間でなく3時間で終わらせようと考えます。

 ジョブ型はそのように3時間で終わらせられる社員に対してとくに効果的であり、テレワークにより、ジョブの完了時期、生産性の向上と開発の進展が可視化されていくのであれば、その社員にとっても自身が働きやすい環境で大きなミッションを行え、プラスということになります。経営者にとっても、その社員には3時間分の給与を支払えばよいため、コストカットできます。

 ――今後、会社と個人とはどのような関係にあるのがベターでしょうか。

 稲葉 人間同士の関わり方が重要だと思っています。面と向かって会って、何かあったときにすぐその場で声をかけられる状況が大事であり、生身の人間として話し合う場が必要だと思っています。しかし、オンラインでは、人間の肌感覚、温度差、あうんの呼吸などが感じられず、必要なときにすぐ声をかけることができません。

 オンラインのツールが普及しても、人との交流の場がそれに移行したとはいえないでしょう。人間はほかの人の性格、間、仕草などに対し、好き嫌いが出るものですが、これらはオンラインのなかでは見えづらいものです。また、当社の社員が「仲間と会えないのが寂しい」とよく言っており、そこからは、オンラインで会っていても実際には会っていないという感覚があることがうかがえます。

(つづく)

【文・構成:茅野 雅弘】

IT導入補助金対象ITツールに選ばれたKnowledge Suite! 今が導入するチャンスです

純国産クラウド型 統合ビジネスアプリケーション「Knowledge Suite(ナレッジスイート)」

<COMPANY INFORMATION>
ナレッジスイート(株)

代 表:稲葉 雄一
所在地:東京都港区虎ノ門3-18-19
設 立:2006年10月
資本金:6億8,110万円
売上高:(19/9)21億5,994万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月21日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(8)NEW!

 井出氏は、新型コロナウイルス感染拡大で世界が求められていることは(1)感染経路の究明、(2)感染防止のための諸国民の努力、(3)専門家、医療関係者への期待・要請...

2020年09月21日 07:00

ご縁と絆を大切にして、堅実な事業を構築し続けるNEW!

 (株)隆工務店は1965年1月創業、67年7月設立の建設会社だ。現代表取締役・田原昇氏は、長年“番頭”として先代を陰で支え続け、2016年7月に3代目の同社代表取締...

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

pagetop