• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年09月03日 13:33

ストラテジーブレティン(260号)ポスト安倍は「安倍」~安倍政権の歴史的貢献と日本政局~(中)

 NetIB‐Newsでは、(株)武者リサーチの「ストラテジーブレティン」を掲載している。今回は2020年8月31日付の記事を紹介。


 市場の最前線での40年にわたる観察者の立場から、安倍政権が成し遂げた偉業は特筆に値する、と考える。数十年後の歴史家は、安倍政権時代を日本の新たな発展の土台をつくった画期的な時代として記すだろう。
 数多くの功績を枚挙にいとまがないが、(1)外交機軸の再設定、(2)デフレ脱却と経済成長軌道の設定、(3)未完ではあるが、行政、企業統治、働き方などの諸改革、の3つが特筆される。

(2)最強のデフレファイター、だが財政健全化路線に足をすくわれる

アベノミクスを打ち出した見識

 デフレ脱却、失われた20年を終わらせたのも、安倍氏の業績である。日本の長期経済停滞の原因は、前項の地政学要因に加えて、誤った財政金融緊縮政策にある。

 バブルつぶし、信用抑制、財政節度というマクロ的緊縮政策が2000年から12年まで続いた。筆者は03年に、高名なジャーナリストと安倍晋三官房副長官の案内で小泉首相に面会し、「名目経済成長を高めるためのインフレ政策が必要です」と建言したことがある。この時、改革者と思われていた小泉首相は、「インフレはダメだ」と一刀両断に切り捨てた。

 財務省の財政再建キャンペーンにすべての学者、政治家、メディアが洗脳され、積極的マクロ政策の必要性を議論する雰囲気はまったくなく、民主党政権になってそれは一段と強まった。2000年代から続いていた日本病、デフレ進行、世界最低の異常な低金利の意味するところは、需要不足と貯蓄余剰である。このデフレ政策が円高を加速し、日本の産業競争力は壊滅寸前(ハイテク中枢産業は壊滅)にあった。

安倍なくしてデフレ脱却はなかった

 13年に安倍政権が誕生し、このデフレ政策体系が始めて根本転換されたのである。大半の学者、エコノミスト、メディアが反対するなかで、浜田宏一氏を内閣参与に迎え入れ、高級官僚中で唯一デフレ政策を批判していたアジア開発銀行総裁であった黒田氏を日銀総裁に迎え入れ、「大胆な金融緩和、財政出動、改革」を3本の矢とするアベノミクスを打ち出したのである。

 安倍政権は後半になると、安倍氏の意に反して、デフレ派の反撃により2度にわたる消費税増税、財政均衡路線回帰(プライマリー財政収支の黒字目標)により経済と株価は息切れしたが、経済政策軸の大転換をたった1人で成し遂げたことに驚いた。

 09年以降、武者リサーチは積極的マクロ政策と円高阻止の金融政策を強く訴え続けたが、孤軍奮闘の感が強かった。13年以降、株高、雇用拡大、名目GDP上昇と経済パフォーマンスは大きく改善した。アベノミクスがなくても、世界経済拡大という循環環境の下で景気は良くなっていたはずだという論者がいるが、それは間違いである。

 図表2に示されているように、09年~12年まで、欧米株価がボトム比2倍前後の上昇を遂げていたとき、日本株はリーマン後の最安値近辺で低迷していた。民主党政権と白川日銀総裁の体制の下での円高デフレ政策が主因である。たとえば、東日本大震災の直後には、日本支援のためのG7為替協調介入がなされ、為替水準是正の絶好の環境が整ったが、この好機を生かせなかった。 

 図表3は円レートとG7協調介入の推移であるが、過去6回の協調介入のうち5回は為替トレンドの大転換をもたらした一方で、11年3月の東日本大震災直後の協調介入はトレンドを転換できないばかりか、さらなる円高がその後2年にわたって継続した。QEによりバランスシートを大膨張させてリフレ政策を加速した米連邦準備理事会(FRB)、欧州中央銀行(ECB)に対して、日銀がまったくの無策であったためである。

 この結果、11~12の2年間にさらなる超円高により、エルピーダメモリの破綻、シャープ、パナソニック、ソニーの液晶やテレビの衰弱、など、ハイテク産業の競争力は最後の一撃を受けた。

 このツンドラのように日本に蔓延し、日本人のアニマルスピリットを奪っていたデフレマインドを払しょくさせたのは、安倍氏の功績である。安倍政権の7年半の間に、2%のインフレ目標には届かないものの、デフレは終焉し、株価は2.24倍となり、コロナ危機のさなかですら6月失業率は2.8%と大幅な雇用増加を実現した。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年12月02日 07:00

いよいよ今年度中の事業者公募へ 九大・箱崎キャンパス跡地再開発(中)NEW!

 こうした跡地利用計画やグランドデザインを受けて福岡市は、新たな拠点の創出に向けて、九州大学跡地にふさわしい機能の導入を図るとともに、土地利用転換に向けた都市基盤を整...

2020年12月02日 07:00

国交省担当者に聞くなぜ今、「流域治水」なのか?(後)NEW!

 『流域治水を実現するためには、民間企業や住民の方などの参加者を増やさなければなりません。たとえば、住家ごとに「浸透ます」を設置して雨水を貯める「各戸貯留」という取り...

2020年12月02日 07:00

東宝ホームの空き家プロジェクト 4棟の空き家を高性能住宅へNEW!

 北九州市戸畑区三六町―若戸大橋や国道199号線、北九州都市高速道路2号線などの幹線道路のほか、JR九州工大前駅も近い住宅地で、JR線路を挟んで北側の臨海部には日本製...

2020年12月02日 07:00

都心の利便性と居住性が魅力、福岡市「薬院・平尾エリア」(3)NEW!

 戦後、焼け野原となった中心市街地の復興のために、福岡市は国が制定した特別都市計画法に基づき、47年1月から「戦災復興土地区画整理事業」に着手した...

2020年12月01日 17:20

1人ひとりが社会を動かすプレーヤーに 市民社会への変容が世界を変える(後)

 「教育の問題が、根本にあるのではないでしょうか。自分たちが社会の一員であり、社会をつくっているのは自分たちだということを教える教育、つまりシティズンシップについての...

2020年12月01日 17:04

アメリカ大統領選挙後の世界秩序を模索する!(5)

 下記の3名の報告が行われた...

2020年12月01日 16:50

第一生命が詐欺容疑で『実録 頭取交替』登場の元社員を刑事告発 (35)山口銀行の田中耕三特別社友が退任

   【表1】を見ていただきたい。特別社友を退任した田中耕三氏の役員履歴である。1970年10月に本店営業部長に就任。それから5年弱経った75年5月、取締役本店営業部...

激化するコロナ用ワクチンの開発レース 隠蔽された副作用のリスク(中)

 こうした発表がなされるたびに、製薬会社の株価は急騰し、株式市場全体の景気も押し上げる効果があるようだ。しかし、こうした期待先行の動きには注意が必要だろう...

2020年12月01日 15:43

ガウディー本社跡にLOVE HAIR?が移転

 管工事業者で、2019年4月19日に福岡地裁より破産手続開始決定を受けた(株)ガウディ―の本社跡に、美容室「LOVE HAIR?」姪浜店が移転...

2020年12月01日 15:33

新語・流行語大賞に小池都知事の「3密」

 もはや師走の恒例行事といえるユーキャン「新語・流行語大賞」。このほど、第37回2020年受賞語が発表され、年間大賞に小池百合子東京都知事の「3密」が選ばれた...

pagetop