【川辺川ダムを追う/特別寄稿】川辺川ダムが「予定通り」作られていれば、死者の多くが「救われていた」はずだ(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年09月10日 07:00

【川辺川ダムを追う/特別寄稿】川辺川ダムが「予定通り」作られていれば、死者の多くが「救われていた」はずだ(前)

京都大学 大学院工学研究科 教授 藤井 聡 氏

 本原稿は、メルマガ「三橋貴明の「新」経世済民新聞」(7月11日)として配信された内容を基に、著者の了解を得て、編者が加筆・編集したものです。

(1)大きな被害をもたらした球磨川決壊

 梅雨前線の日本列島での停滞による「令和2年7月豪雨」は、全国にさまざまな被害をもたらしています。そのなかでもとくに大きな被害を受けたのが熊本。熊本県の死者は55人、行方不明が9人と報道されています。熊本でここまで被害が拡大したのは、球磨川で多数の氾濫と2カ所の決壊があったからです。

 球磨川は、多数の支流から多くの水が流れ込む一方で、川幅が狭く、「日本三大急流」の1つにも位置づけられる河川です。それだけ流れが速ければ当然、豪雨時には、氾濫が生じる「暴れ川」となります。従って河川の技術者たちは皆、今回のような大水害が生ずるリスクが極めて高いという事実を、残念ながらよく認識していたのです。

 だから技術者たちはこの球磨川の「洪水対策=治水対策」のためにさまざまに議論を重ね、行政に迅速な対策を図ることを進言し続けてまいりました。そのなかで技術者たちが、ほぼ唯一の現実的な対策としてずっと進言してきたのが、「川辺川ダムの建設」でした。

(2)球磨川決壊を防ぐために、川辺川ダム事業が40年をかけて進められてきた

 技術的な事前検討によれば、そもそも今回決壊した「人吉」エリアは球磨川で最も脆弱な地点だということがわかっており、そこでの氾濫を防ぐためには、少なくとも川の流量を「7分の3」つまり、43%もカットしなければならないと計算されていました。

 そのための最も効果的かつ現実的な解決策が、「川辺川ダム」の建設だったのです。それ以外にも「放水路をつくる」(つまり、新しい川をもう一本掘って、水を分散させる)、「遊水池をつくる」(ダムの代わりに、大きな池をつくる)などの対策も検討はされたのですが、建設時間も、建設費用も、余分にかかってしまうことが示されており、現実的な解決策としてダム建設が得策となろうと判断されたのです。こうした経緯で川辺川ダム事業は、1966年から始められ、2008年時点ではおおよそ7割程度の進捗状況にまで至っていました。

(3)「ダム不要論」の世論に押されるかたちで、ダム事業は中止、その後対策はなされなかった

 しかし、21世紀に入ったあたりから、(地元の洪水リスクに対する危機感とは裏腹に)公共事業、とりわけダムに対する反対世論が日本を席巻していくようになっていきます。

 そんな空気のなかで行われた選挙を通して誕生した蒲島郁夫熊本県知事(現役)は、自然環境の保護などを理由にダム反対を表明するに至ります。さらには「コンクリートから人へ」を標榜した民主党政権によって、八ッ場ダムと同時にその建設事業が2008年に中止されてしまいます。

 つまり、人吉市を中心とした球磨川沿岸域の人々の命と財産を守るために、1966年から40年以上の歳月をかけて7割がた進捗していた川辺川ダム事業が、当時の「ダムは無駄だ」という空気に押されて破棄されるに至ったのです。このときにすでに、今回のような大水害が球磨川決壊によって起こることは、誠に遺憾ながら半ば決定づけられたといえるでしょう。そもそも川辺川ダムは、08年に中止されていなければ、(1,100億円の予算で)17年には完成していたはずでした。

 一方で、放水路は8,200億円の予算と45年もの年月がかかると試算されています。遊水池に至っては、1.2兆円の予算と100年以上の歳月がかかるだろうと予期されています。つまり、放水路も遊水池も決して「現実的」な解決策ではなかったのです。従ってそんな事業を政府が決定することなどできるはずもなく、いまだ着工すらされていないのが実情です。

 つまり、ダム中止から12年間、球磨川決壊に対する「抜本的」対策は、何ら進められることなく、今日を迎えてしまった、というのが現実なのです。そもそも当初に技術者たちが検討したように、ダム以外の現実的な解決策など存在しないわけだったのですから、ダム中止となってしまった以上、こうなるのは当然の帰結だと言わねばなりません。

 だから、当時から我々技術者は皆、「この状況下でダム事業を中止するということは、球磨川沿岸域の人々に、“豪雨がきたら、大水害が起こって死亡するかもしれない状況になるが、それについてはあきらめてもらいたい”と言っているに等しいじゃないか!」と思っていたわけですが、まさにそうなってしまったのが、今回の大水害だったのです。誠に無念です。

(つづく)

【編集:大石 恭正】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月26日 07:00

国の「太陽光・風力発電推進」どこまで本音?再エネ政策に漂う不透明感(後)

 天候や時刻で発電量が変わる太陽光や風力発電は、電力を安定供給できるように溜めておける蓄電池が不可欠ですが、今年5月にインドで公募された「24時間365日運転可能な蓄...

2020年09月26日 07:00

孫正義氏の究極の選択~ソフトバンクグループの株式の非公開化はあるか?(4)

 「冒険投資家」の孫氏は、どうやってファンドを再生させるのか。1つの選択肢が、今年前半から欧米メディアでたびたび取り沙汰されているMBO(経営陣による買収)による株式...

2020年09月25日 17:23

東京オリンピックに間に合うか?激化する新型コロナ・ワクチンの開発競争(前)

 世界では依然として新型コロナウィルス(COVID-19)の感染拡大に歯止めがかからず、感染者数はついに3,000万人を突破した。死者も100万人を超えている...

2020年09月25日 16:21

「白髪・グレイヘアに関する意識調査2020」(ホットペッパービューティーアカデミー)~染め続ける人が減少傾向に

 (株)リクルートライフスタイルの美容に関する調査研究機関である「ホットペッパービューティーアカデミー」は、20~69歳の男女を対象に「白髪・グレイヘアに関する意識調...

2020年09月25日 15:54

工事費約14億円、那珂川市道善・恵子土地区画整理事業

 那珂川市道善・恵子土地区画整理事業の実施にあたり、道善・恵子土地区画整理準備組合は業務代行者の募集を行う...

2020年09月25日 15:31

九経連などが「台湾スマイルフェア」を実施

 24日、渡辺通り電気ビルにて「~がんばろう!! 台湾留学生応援企画~台湾スマイルフェア」が開催された...

2020年09月25日 14:42

国の「太陽光・風力発電推進」どこまで本音?再エネ政策に漂う不透明感(中)

 『今年7月から、発電所が発電できる能力を取引する「容量市場」の第1回入札が行われました。天候や時刻で発電量が変わる太陽光や風力発電は、これまで発電した電気を1kWh...

2020年09月25日 14:10

創業1926年の老舗料亭「三光園」が10月末で営業終了

 福岡市の老舗料亭「三光園」(中央区清川)が10月末で営業を終了することを明らかにした。三光園は1926年に創業。政財界人や芸能人らに親しまれてきた...

2020年09月25日 14:00

栗原渉前福岡県議会議長が福岡5区で立候補表明

 前福岡県議会議長で朝倉市・朝倉郡選出の栗原渉福岡県議(54)が次期衆院選で、福岡5区から出馬することがわかった。 

2020年09月25日 13:30

中国経済新聞に学ぶ~北京の自動車運転タクシー、客を乗せた実証実験

 北京市における試乗客を乗せた自動運転の実証実験始動セレモニーが9月10日、北京経済技術開発区の百度「Apollo Park」で開催された。インターネット大手の百度は...

pagetop