• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年09月17日 10:00

“行動”することから見える新しい道〜日本と海外の人材の違い(後)

 9月8日、スタートアップ企業やベンチャー企業、中小企業の第2の創業の支援などを目的としているコワーキングスペース・fabbit(株)は、米名門スタンフォード大学アメリカンフットボール部コーチである河田剛氏、APAMAN(株)の代表取締役社長・大村浩次氏、(株)ボードウォーク・キャピタルの代表取締役社長・那珂通雅氏の3者を交えてオンラインセミナーを開催した。

世界を知る3名の鼎談

 第二部では河田氏に加えて、大村氏、那珂氏がオンラインで加わり、視聴者から事前に送られた質問を基に鼎談を行った。その一部を紹介する(聞き手:大村氏、那珂氏)。

 ――海外でゼロから行動を始めていくなかで、どのようなことを意識していましたか。

 河田 誰にでもできることを、誰にもできないレベルで行動に移すことを意識していました。アメリカ人は優先順位を付けるのがうまいため、優先順位が低いと判断したことを行動には移しません。そのため、時間があればできることをあえて自分なりにアレンジをして、組織における自分の「必要性」を高めました。また、一生懸命に働いていました。基本的なことですが、重要です。そこに価値を見出してもらったら、あとは自分にしかできないことをつくりました。

 ――アメリカのスタンフォード大学は多くの優秀な人材を輩出し、多くの卒業生が経済界で著しい活躍を見せています。同大学はどのような文化があり、どのような教育に重点を置いていますか。

 河田 スタンフォード大学は世界で2番目に広い敷地をもつにもかかわらず、1学年の学生数はわずか1,600人です。毎年4~5万人が受験しますが、評定平均が4.0満点の「ただの天才」ではなく、面白い個性を持ち、評定平均が3.5点の人を合格させます。そのため、イノベーションやケミストリーが生まれるのです。

 アメリカでは大学入試がないため、アプリケーションとテストスコア、1人ひとりの評定平均を評価して、合否を決めています。この方法がアメリカの大学の強さを生み出しています。特徴的な個性を持ち、さまざまなことをマルチにこなしてきた人を評価しますが、そのうちの1つがスポーツです。

 1学年に1,600人という規模は、卒業時にはファーストネームと顔が一致する人数です。この狭き門をくぐり、さまざまな方法で構築したネットワークが未来永劫に続く点が強みではないでしょうか。

オンライン面談の様子

 ――fabbitも、サンフランシスコとシリコンバレーに進出し、拠点を構えました。リーマン・ショック時の大不況では、GAFAをはじめとしたアメリカ大陸の西海岸(シリコンバレーなど地域)の企業が、アメリカ経済を大きく発展させました。そのなかでも、スタンフォード出身者の活躍にはすばらしいものがあります。その要因は、どのような点にありますか。

 河田 主な要因の1つは、変化を恐れずに積極的に挑戦する点にあると考えています。たとえば、スタートアップ企業では、CEOが会議で発表するプレゼン資料を毎週変更するだけではなく、プレゼン内容も変更します。先週言ったことですら、1週間足らずで変わることがあります。一方で、売り方や強調するメッセージは変わりません。つまり、大胆に行動する行動力を持ちつつも、「芯」はぶれません。

 「芯」をもつとは、自信をもってチャレンジすることを恐れない姿勢をもつことで、確固たる商品力のよりどころであると考えています。さらに、実行に移すまでのスパンが非常に短く、スピード感があります。一方で、日本人は保守的になりがちであるため、スピードが遅い企業も多くあります。「芯」をもって変化し続けること、行動に移すまでにスピード感があることが日本企業と大きく異なる点であり、今後、日本企業が世界で不況から抜け出すために必要なことだと考えています。

 コロナ禍によって、私たちの経済活動は大きく変化しています。ソーシャルディスタンスを取るためにリモートワークが推進され、「face to face」を基本とした営業からテレワークに則ったオンライン営業に移り変わり、環境の変化に慣れずに戸惑っている企業、社員も多いでしょう。

 この環境の変化は突然訪れたことですが、対応に遅れると直面している課題を解決できません。各業界の経営者は、「コロナの流行が落ち着いたとしても、コロナ以前の経営方法では生き残ることができない」とたびたび、口にしています。周りを見ながら対策を考え、「世の中に合わせる」方法では対応できない時代になりました。「後の先」は、もはや対策とはいえなくなっているかもしれません。

(了)

【麓 由哉】


河田コーチ

<プロフィール>
河田 剛
(かわた・つよし)氏
スタンフォード大学フットボール部 Offensive Assistant
1991年 城西大学でアメリカンフットボールを始め、1995年よりオービック・シーガルズで活躍。選手として4回、コーチとして1回、日本一達成。引退後、2007年に渡米し、スタンフォード大学アメリカンフットボール部でボランティアコーチ就任。2011年より正式に採用(現職)。スタンフォードでの14年の活動を通して、日本の政財界と多くのコネクションを築く。現在、日米問わず、大手企業やスタートアップ企業のアドバイザーを務める。


<プロフィール>
那珂 通雅
(なか・みちまさ)氏
ボードウォーク・キャピタル(株) 代表取締役CEO
世界的企業の1つであるシティグループ証券(株)の元取締役副社長として、金融市場の本場米国で業界に携わってきた。同社を退任後、日系ベンチャー企業が海外進出することが、日本が他国と戦っていくためには必要であると感じ、投資会社であるボードウォーク・キャピタル(株)を設立。(株)ベクトル、(株)ビジョン、(株)アイスタイル、(株)ジーニーなど、日本を代表する成長企業の社外取締役を務めながら、自らの豊富な経験に基づいて行われるエンジェル投資や投資先の良きアドバイザーとして経営支援をしている。


<プロフィール>
大村 浩次
(おおむら・こうじ)氏
APAMANグループ APAMAN(株) 代表取締役社長
1999年に“ITを活用して不動産業界の質的向上に貢献したい” という思いからAPAMAN
(株)を設立。不動産業界とIT業界を繋いだ先駆者として知られており、同社の国内店舗数は日本一を誇る。その後、ITノウハウを活用し、コワーキングスペースを提供するfabbit(株)の創設やその他のシェアリングエコノミーなど多種多様に事業を展開している。現在、国内だけでなくアメリカをはじめとした海外事業への展開も加速させている。

那珂社長(左)、大村社長(右)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月30日 16:36

【11/2~】「春水堂台湾フェア」で台湾を満喫~春水堂と台湾観光局がコラボ

 タピオカミルクティーなどを提供する春水堂(日本での運営会社:(株)オアシスティーラウンジ)は台湾観光局東京事務所とともに、11月2日(月)から全国の18店舗にて「台...

(株)フジ精機(熊本)/金属部品製造加工

 同社は、10月23日、熊本地裁に破産手続きの開始を申請した...

2020年10月30日 14:57

大和ライフネクストがオンラインを活用したマンション管理員研修を開始~集合型研修の見直しで業務効率と教育効果向上へ

 大和ハウスグループの大和ライフネクスト(株)は、管理員の入社時研修プログラムにオンライン講義を取り入れてリニューアルし、研修時間の短縮を図っている...

2020年10月30日 13:30

【福岡商工会議所調査】新型コロナウイルスの海外進出企業に及ぼす影響~8割の企業がマイナスの影響があるとしつつも、現地で事業を継続

 福岡商工会議所(藤永憲一会頭、以下、商工会議所)は、九州の海外進出企業385社を対象に実施した「新型コロナウイルス感染症が九州の海外進出企業に及ぼす影響に関する調査...

2020年10月30日 13:00

【新自由主義の波】タネは誰のもの? 菅首相は種苗法改定で日本の農家を殺すのか

 11月1日投開票の大阪都構想の住民投票は、維新と蜜月関係にある菅義偉首相の政権運営にも影響を与えるのは確実だ。野党のふりをしながら与党に協力する「ゆ党」こと維新は、...

総選挙勝利に具体的政策明示不可欠

 10月28日午後5時半より、新宿区四谷区民ホールにおいて 政策連合(オールジャパン平和と共生)主催「政策連合で政権交代-総決起集会&松元ヒロ公演-」が開催された...

2020年10月30日 11:30

【凡学一生の優しい法律学】日本学術会議委員任命の論理学(後)

 任命行為を、ある人を選出し(前工程)、その人に地位権限を付与すること(後工程)と定義する...

2020年10月30日 10:20

福岡市の不動産会社社長を暴行容疑で逮捕

 福岡県警は10月14日、賃貸マンションの管理・提供などを手がけるOI.CAPITAL(株)(旧・オリエントキャピタル(株))の代表取締役社長・山本親幸被疑者を暴行容...

2020年10月30日 10:00

【11/1~】スーツに見える作業着、ワークウェアスーツを博多で

 スーツとして、作業着として、さらには、プライベートでも活躍する私服としても注目される「ワークウェアスーツ」。同商品の企画・販売を手がける(株)オアシススタイルウェア...

2020年10月30日 09:30

ストラテジーブレティン(263)~コロナパンデミックの経済史的考察(6)

 ただしコロナという未曽有の天災に対して資金を出し惜しみする対応を行い、兵力の逐次投入という弥縫策が続けられれば、景況が大不況に急転する可能性もある...

pagetop