• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月19日 16:15

【凡学一生の優しい法律学】日本学術会議委員任命拒否事件(6)番外編(前)

有名弁護士の馬鹿げた論争~感覚的な議論

 国民は弁護士の知力・論理力がいかに拙いものであるかという実演劇を、橋下・宇都宮両有名弁護士の論争に見ることができる。橋下氏の議論の注目すべき点は、「何でも権利に変えてしまい、さらに権利を基にして物事を考えが、それは恣意的である」ということである。例を挙げると、下記の通りだ。

 (1)総理大臣が学術会議の推薦に基づき「任命する」とあれば、それを「任命権」と認識し、表現する。
 (2)菅総理大臣が推薦を無視して6名の被推薦人を任命しなければ任命拒否権の行使と認識し、理解する。

 上記の2つの事例において、議論がいかに粗雑で感覚的なものであるかをわかりやすく説明したい。

 法文に「任命する」とあっても、それが実質的なものか、もしくは形式的なものかということは、関連する法規や制度、立法者意思などを勘案して決定する。また、法文上には任命するとの文言がとくにない場合でも、実質的には「任命」である例も無数にあるという事実からでも、両弁護士の立論が論理的でないことが感覚的に理解されるだろう。

 ただ、宇都宮氏は当初、総理大臣の任命権は天皇の国事行為における任命権と同じく形式的なものであると主張していた。この主張の根拠自体がおそらく感覚的であり、論理的でないため、総理大臣には任命権があるが、任命拒否権はないという矛盾の論理の泥沼にますます入っていった。

 宇都宮氏は、この主張の変更が重大な矛盾を含むものとは夢にも思っていない。感覚のみで議論をしている証拠である。橋下氏は、宇都宮氏の主張にすかさず横槍を入れ、勝ち誇ったかのようなコメントを発表した。これまたとんでもない暴論であるが、後述する。

 宇都宮氏の新しい論理は、なぜ重大な矛盾を内包するか。それは、おそらく任命拒否権と解任権を混同し、感覚的に同一性を認識した結果である。任命拒否権は、その言葉のとおり、第三者が行った任命を拒否する行為を正当化する権利であり、任命権者に属する権利ではない。任命権者にもともと属しない権利である任命拒否権を論ずるのは、明らかな矛盾である。

 宇都宮氏が、もし任命をしなければならないのに駄々をこねて任命をしない場合を想定しているのであれば、それは任命権の行使義務のたんなる怠慢である。それならば、橋下氏は任命権者には自由裁量権があるため任命をしないという判断が許されると反論するだろう。

 しかし、任命する場合にはその内容について自由裁量が認められていても、採用を決定すべき場合において採用しないことは自由裁量でもなんでもない。これは任命権を権利としてのみ理解し、その義務としての側面を失念したものである。その例を挙げると、嫌がらせでいつまでも任命しないことは自由裁量に当たるのかということだ。その状況を想像すれば、「自由裁量」というマジックワードも色あせる。

 橋下氏の主張は、もっとも重大な論点である「推薦の無視」が議論から除外されている。今回の総理大臣の「任命する」権利と義務には、「学術会議の推薦に基づき」という重大な前提条件が存在する。両弁護士の「推薦」という言葉に対する理解は感覚的なものであり、法律上は実質的に何の制限もなく、総理大臣がせいぜい参考にする程度のものと認識している。

 そのため、今回の議論では、両弁護士に総理大臣に「推薦を無視する権利はあるのか」という発想がない。その発想を持っていれば、推薦を無視することは明らかに明文の規定に反するため、推薦を無視できない任命権という議論をすること自体が不毛であることに気づくはずである。実質的な任命権者は学術会議そのものにあるが、その理由は学術会議が党派政治から独立し、時の政治状況を超えた視点から国政に関して提言をするという制度の目的と自治独立性に合致したものであるためだ。

 橋下氏らが好む「権利」を用いて表現すれば、「推薦無視権」が総理大臣にあるかないかという本質的な議論となるが、明文に反する議論はさすがに橋下氏でさえ躊躇するだろう。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

資産税の「フロントランナー」 さらなる高みを目指して

 (税)アイユーコンサルティングは、全国的にも数少ない資産税案件を専門としたコンサルティング型(税)で、全国でもトップクラスの実績を誇っている(2019年度実績:47...

入居者目線とオーナー満足度を高めるアパートづくりで全国展開

 昨今のコロナ禍において、会社経営者やサラリーマンなどから投資対象として一際関心が高まっている、賃貸アパートの経営。家賃収入で資産を増やしていくアパート経営では、いか...

2020年11月27日 16:41

クイーンズヒル田原司氏の人となり

 当サイトで複数回にわたり発信している、名門の「クイーンズヒルゴルフクラブ」の運営会社・(株)ザ・クイーンズヒルゴルフ場をめぐる騒動。元理事6名の発起により「クイーン...

2020年11月27日 16:34

九経連などが「ベトナムスマイルフェア」を実施

 27日、渡辺通り電気ビルにて「ベトナムスマイルフェア~がんばろう!! ベトナム留学生応援企画~」が開催された...

2020年11月27日 16:24

三井不動産、東京ドームにTOB実施か

 三井不動産が東京ドームに対して株式公開買い付け(TOB)を行おうとしていることがわかった。買収総額は1,000億円規模になるとみられている...

2020年11月27日 16:15

1人ひとりが社会を動かすプレーヤーに 市民社会への変容が世界を変える(前)

 「ソーシャル」というキーワードをこれほど耳にした年はなかったのではないだろうか。しかし、今回は一世を風靡した「ソーシャルディスタンス」ではなく、本来の意味での「ソー...

2020年11月27日 15:04

負けを認めないトランプ大統領に見る精神的若さの可能性と限界(3)

 しかも、そんな“アンチ・エイジング社会”アメリカで今、新たな進化が見られるようになった。何かといえば、「リバース・エイジング」という発想法である...

2020年11月27日 14:40

『脊振の自然に魅せられて』すばらしい脊振の紅葉(2)

 山の季刊誌『のぼろ』の記者から、「池田さん、脊振山系で一番紅葉のきれいな所はどこですか」と電話が入った。来年の『のぼろ』の秋号の紅葉特集は、脊振にするという...

2020年11月27日 14:18

(株)レナウン(東京)/アパレル

 10月30日に民事再生手続廃止決定を受けた同社は11月27日、東京地裁より破産手続開始決定を受けた...

支離滅裂・悪行三昧菅義偉内閣

 安倍晋三前首相の虚偽答弁が明らかになった。桜疑惑について、安倍前首相は国会で再三、次のように述べていた...

pagetop