• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月06日 17:28

世界平和に向けて(10)ガトーフェスタハラダ・インタビュー

 NetIB-Newsでは、世界平和を実現する一助となるべく、外国人留学生・技能実習生などに関するトピックを取り上げていく。今回は、DEVNET International(以下、DEVNET)から提供していただいた(株)原田(洋菓子店ガトーフェスタハラダを運営)の原田節子専務のインタビュー記事を下記に紹介する。同社では中国やベトナムから技能実習生を受け入れてきた。
 なお、この記事は世界の有識者約14,000名に配信されているニュースサイト「OTHER NEWS」(配信言語は英語、スペイン語、イタリア語)にもDEVNET発のニュースとして掲載されている。

原田節子・(株)原田専務取締役

 DEVNETは、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けて、外国人技能実習制度下、管理団体を行っている「国際異業種協同組合」と提携し、東南アジアの発展途上国の若者を中心に日本の民間企業への受け入れを呼びかけ、実習後のフォローも行っている。その活動の1つとして、外国人技能実習生の受入を行っている民間企業へインタビューを行い、実態を調査した。

 原田は、群馬県にて1901年創業、119年の歴史をもつ。和菓子業からスタートし、その後、洋菓子業、製パン業も手がけ、食パンを素材とした「ラスク」が日本全国で大ヒットし、現在は日本の大手デパートなどに27店舗を展開、約1,000人の従業員を抱える企業である。

(株)原田高崎工場

 ――なぜ、技能実習生の受け入れを始めたのですか。

 原田 技能実習生の受け入れを先に始めていた取引先からの紹介で、17年秋頃にこの制度を知りました。受け入れを行うことで国際的な社会貢献につながると考え、受け入れを始めました。

 自社のパン製造業務に従事することや地域社会との交流により日本の文化と触れ合うことで、実習生が帰国後に日本での経験を活かすことができ、当社としても若い労働者を獲得できることが理由の1つです。

 ――実際に実習生を迎えてどうですか。

ガトーフェスタハラダ本館

 原田 当社はこれまで100名以上の実習生を迎えていますが、協調生もあり、真面目な勤務姿勢で働いてもらっています。業務習得状況も良好であり、実際の戦力にもなっています。礼儀も正しく、明るい性格が担当部署のみならず、全社からの評判も良いです。

 双方にとっての壁となるのが、やはり「言葉」です。そこで当社としては、日本語検定試験に対して独自の支援を行っており、実習生にも積極的に受験するように呼びかけています。

 今までコロナ禍の影響により新たな受け入れが停止していましたが、日越首脳間協議により、11月初旬より再開となる見通しです。新たな採用に向けてZoomなどオンラインツールを利用して準備を進め、コロナ禍が終焉した際には採用を再開したいと考えています。

 ――技能実習生の帰国後のフォローや交流はしていますか。

 原田 中国人実習生60名のうち2名は、日本人と結婚して自社で勤務しています。また、ベトナム人実習生の数名は、特定技能1号として継続して勤務してもらっています。ベトナムへ帰国した1期生の4名については、コロナ禍が世界的に鎮静化して6期生の面接がベトナムで可能となれば、その機会に会食会を開催し、情報交換をしたいと考えています。


 以上が、外国人技能実習制度を活用している民間企業のインタビューである。原田では、技能実習生の受け入れに対し、語学試験への支援、帰国後の交流など独自のフォローを行い、単純に自社の労働力としてのみでなく、国際的な社会貢献に向けた活動を行っていることがわかる。

 SDGsの目標達成に向けた実践として外国人技能実習制度の活用があるが、目標達成には制度のみでなく、受入企業による積極的な協力が必要不可欠である。

 そのためには民間企業の努力のみに留まらず、日本国政府や第三者となる国際的機関による橋渡しを「スムーズ化」する必要がある。「制度」の確立のみではなく、「実践」を行ってこそ、その存在意義が生まれてくるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月16日 15:15

中洲の灯は絶えない、必ず復活する(1)意外としぶとい

 中洲を専門とする不動産業者は14日にも顧客から17件の休業申し出の連絡を受けたようだ。しかし、暗い感じはまったくない。関係者は「経験こそが財産、数億円の価値をもつ力...

2021年01月16日 07:00

コロナ禍でも今後に向けた協力を促進、九州-ベトナム関係の全面的な発展を(後)

  コロナという逆風が吹き荒れるなか、ベトナムは九州との人的・経済交流を質的に発展させるために、IC・ICT商談会やベトナム人労働者の技能向上などに注力している。ヴー...

2021年01月16日 07:00

「人間の経済」を基軸に、環境問題を考察する!(5)

 「新聞、雑誌などで地球市民(グローバルシチズン)という言葉がよく躍っているのを、読者の皆さまもお気づきのことかと思います。私たちには、特定の国・地域に限られる権利と...

2021年01月15日 18:37

【福岡県に緊急事態宣言】(8)福岡県下の主な商業施設の営業時間変更(15日時点)

 福岡県への緊急事態宣言発令を受け、対象区域内の商業施設の営業時間の変更が続々と発表されている。現時点では休業ではなく、利用者への注意を促したうえでの営業時間短縮で対...

2021年01月15日 18:16

大和エネルギー、風力発電事業から糸島市を除外

  大和ハウスグループで再生可能エネルギー関連事業を手がける大和エネルギー(株)(大阪市)は14日、福岡県糸島市二丈と佐賀県唐津市七山の脊振山系西側で計画する大規模風...

2021年01月15日 18:13

次世代のデジタルバンク「みんなの銀行」、24時間スマホで口座開設が可能に~ふくおかフィナンシャルグループ

 (株)ふくおかフィナンシャルグループ(福岡市、柴戸隆成会長兼社長、以下、FFG)の子会社の(株)みんなの銀行(横田浩二頭取)は14日、インターネット専業銀行「みんな...

2021年01月15日 16:58

関係者困惑~西日本新聞の新天町再開発記事は飛ばし!?

 2021年の元旦、福岡の地方紙である西日本新聞の一面に、センセーショナルな文字列が躍った...

2021年01月15日 16:51

前熊本市長・幸山政史氏が自伝「下手と呼ばれた男の流儀」を出版

 熊本県議、熊本市長を務めた後、熊本知事選に2度出馬した幸山政史氏がこのほど、政治家生活25年を機に、自伝をまとめた。到底書評と呼べるものではなく、読書感想文の域を出...

(有)アドバーウィン(大分)/産業廃棄物中間処理

 同社は、2020年12月22日、大分地裁に破産手続きの開始を申請した。

2021年01月15日 16:43

ストラテジーブレティン(270号)~年初の経済市場点描、株高は当然だ(前)

 米国株式は史上最高値更新、日本株式も30年ぶりの高値(ドルベースでは史上最高値更新)など、株が駆け上がっている。韓国、台湾株は昨年11月以降、日本株式以上の上昇ペー...

pagetop