• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月18日 07:00

『007』のジェームズ・ボンド役 ショーン・コネリーが愛したバハマの魅力(4) 未来トレンド分析シリーズ 

国際政治経済学者 浜田 和幸

 映画俳優のショーン・コネリーが90歳の生涯を閉じた。10月31日のことである。世界中の多くのファンがその死を悼んだに違いない。何しろ、アメリカの大衆誌「ピープル」がコネリーのことを「生存するもっともセクシーな男」に選んだのは、彼が59歳の1989年のこと。そのニュースに接し、コネリーが唸った言葉が振るっていた。「セクシーかどうかは死んだ時に決まる」。要は死に際において、あるいは、死に直面したときに、その人物の本当のセクシーさというか魅力が定まるというわけだ。

新たなサービスの実験場に

 中国はカリブ海諸国に対してコロナウイルス対策のワクチン購入費として10億ドルの提供を約束。また、災害救援策や平和維持活動といった名目でも支援を重ねている。それと同時に、海賊やテロ対策と称して、トリニダード・トバゴ、バルバトスといった国から軍人を中国に招き、さまざまな訓練の機会を提供している。

 アメリカによる経済制裁の影響で苦しい事態に陥っている南米のベネズエラに対しては人道的支援の名目で100名を超える中国軍兵士を派遣した。そのうえ、イラン産の石油を緊急輸出するお膳立ても講じているのが中国である。アメリカとすれば警戒心を高めざるを得ない状況が生じているわけだ。

 中国の長期戦略は16年に発表された「中国政府によるラテンアメリカならびにカリブ海に対する政策」に明確に定義されている。それによれば、中国はラテンアメリカやカリブ海諸国との間で文化、科学、安全保障の分野での協力体制を強め、海域での航行の安全や海洋資源の開発にもWin-Winを目指すという。

 中国の一帯一路計画は中国とアジア、中東、ヨーロッパ、そしてアフリカを結ぶインフラ整備が主眼とされているように受け止められているが、実のところ、カリブ海から中南米地域にまでネットワークを広げようとする遠大な構想に裏打ちされている。鉄道や高速道路、橋や港湾などハードなインフラ整備も進んでいるが、中国の最終的な狙いは、そうしたハードなインフラの上を縦横無尽に走るソフトの導入である、基軸通貨のドルに代わるデジタル人民元しかり、その安全性を担保するブロックチェーン技術しかりである。

 ブロックチェーンの技術はマネーの決済だけでなく、新しい技術、とくにそのトレーサビリティを活かしてさまざまなシーンに応用する実験が世界中で進んでいる。たとえば食卓に冷ややっこが出されたとしよう。この豆腐はいつ、どこでつくられ、どんな流通経路をたどったのか。豆腐の原料は国産と表示されているが、日本のどこで採れた大豆で、どのように豆腐メーカーに届けられたのか、そうした疑問点を効率的かつ迅速に調べることが可能になる。こうした消費者が知りたい、確認したい情報が簡単に得られれば、食の安全・安心につながるだろう。

 また、医薬品が製薬会社からどういう経路をたどって病院に行き、患者に届いているかについても正確に追跡できるとなれば、患者が正しく飲んでいるかどうかも判明する。服用されなかったり、廃棄処分になったりしている医薬品を回収し、再利用できれば、増大する一方の医薬費を抑制することも可能になるに違いない。応用範囲は無限に広がるだろう。

 いずれにせよ、ショーン・コネリーがこよなく愛したバハマで、これからの世界を大きく変えることになりそうな新たな実験が展開されているわけだ。とはいえ、19年9月、史上最大といわれるハリケーン「ドリアン」に襲われ、バハマは大きな被害に見舞われた。国際空港も港湾施設も破壊されたが、幸い、各国からの支援を受け、復旧が順調に進んでいるようだ。

 日本では知られていないが、バハマ政府が所有する政府専用船舶は日本製が圧倒的に多い。日本の造船会社への評価が極めて高いからである。そのため、ハリケーンの被害からの修復作業には日本企業の協力が欠かせないものとなっていた。「雨降って地固まる」ではないが、ハリケーンの被害を機にバハマと日本の絆が一層強固なものなることを期待したい。

 もちろん、日本がこれから本格的に導入することになるブロックチェーン技術についても、沈没船から回収した財宝の真贋確認と展示という新たなサービスの実験場としてのバハマのはたす役割には大いに期待したいものだ。ショーン・コネリーもあの世からエールを送っているに違いない。

(了)

<プロフィール>
浜田 和幸(はまだ・かずゆき)

 国際未来科学研究所主宰。国際政治経済学者。東京外国語大学中国科卒。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。新日本製鐵、米戦略国際問題研究所、米議会調査局などを経て、現職。2010年7月、参議院議員選挙・鳥取選挙区で初当選をはたした。11年6月、自民党を離党し無所属で総務大臣政務官に就任し、震災復興に尽力。外務大臣政務官、東日本大震災復興対策本部員も務めた。最新刊は19年10月に出版された『未来の大国:2030年、世界地図が塗り替わる』(祥伝社新書)。2100年までの未来年表も組み込まれており、大きな話題となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年11月26日 13:23

ダイナム、パチンコ事業は287億円の減収NEW!

 (株)ダイナムジャパンホールディングスは、25日、2021年3月期の中間決算を発表した。当期のパチンコ事業収入は、前年同期比で287億1,500万円の減収となる45...

2020年11月26日 13:10

未回収となった工事代金5.7億円をめぐり、JR九州子会社が前社長を提訴NEW!

 JR九州(東証一部)の子会社・JR九州住宅(株)が、前社長・松尾純一氏を訴えていたことがわかった。発端となったのは、エステート・ワン(株)からの工事受注...

2020年11月26日 12:12

アメリカ大統領選挙後の世界秩序を模索する!(2)NEW!

 下記2名が「岡倉天心記念賞」の受賞者として選出された...

2020年11月26日 10:30

【企業研究】ロイヤルホールディングス~コロナ禍で飛行機が飛ばず、創業事業の機内食事業が壊滅的な打撃!(3)NEW!

 ロイヤルHDは、何ごとも業界に先駈けて実施してきた。それは、創業者の(故)江頭匡一(えがしら・きょういち)氏の遺伝子である。江頭氏は1923年3月25日、福岡県三潴...

2020年11月26日 10:00

【凡学一生のやさしい法律学】詭弁の論理学(1)NEW!

 日本社会は崩壊の危機に瀕している。しかし一見すると、高度の科学や文芸をもち、大量消費生活を謳歌する大多数の国民は、日本の文明が崩壊の危機に瀕しているなど夢にも思って...

2020年11月26日 09:46

2020年マックス忘年会~万全の感染対策を講じて開催NEW!

 データ・マックスは11月24日、ホテルオークラ福岡で「2020年マックス忘年会」を開催した...

2020年11月26日 08:59

オンライン結婚式という選択、ディライトの取り組みNEW!

 奈良を拠点に、結婚式場やレストランの運営などを手がけるディライト(株)。同社は、コロナ禍で求められる「ニューノーマル」に対応したサービスとして、『オンライン結婚式』...

孤独と向き合い、撃退するための文化芸術

 「良い意味での宗教と文化芸術でしか、もう人間は救えないのかもしれない」とおっしゃるドクターに出会ったのが30歳のころでした。「人間にとって最大の病は何ですか?」と質...

グローバリズムの次のステージに コロナで激変・移行する世界

 現在、新型コロナ蔓延による影響で、国内外のさまざまな動きがストップ、もしくは停滞しているような状況です。そうしたなかで我々建築家が今何をすべきかを考えたとき...

2020年11月25日 16:42

【凡学一生の優しい法律学】熊本典道元裁判官の死

 筆者は幼少のころ、たびたび小銭を握って闇米買いの小使いをさせられた。その度「闇米などの違法な米を食することはできない」として餓死した裁判官の話を父から聞かされた...

pagetop