【流域治水を考える】流域治水への転換とは何を意味するのか?(中)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月21日 07:00

【流域治水を考える】流域治水への転換とは何を意味するのか?(中)

球磨川でも流域治水議論がスタート

 球磨川流域治水協議会が10月27日、開かれた。同協議会は、気候変動にともなう水災害リスクの増大に備えるため、国土交通省が中心となって進めている「流域治水プロジェクト」に基づくもの。全国に109ある一級河川水系で協議会が7月以降順次設置されたが、球磨川水系のみ、「令和2年7月豪雨」の検証作業のため、協議会設置が遅れていた。他の協議会と同様、今年度中をメドにプロジェクトをとりまとめる。川辺川ダムをどう位置付けるかが注目される。

 球磨川の治水対策をめぐっては、ダムによらない治水を検討する場、球磨川治水対策協議会、令和2年7月隈川豪雨検証委員会が設置され、断続的に議論が行われてきた。流域治水協議会は、過去の会議体を発展的に解消し、新たに設置した会議体という位置づけになる。

 国土交通省からは、国、県、市町村連携で実施する球磨川での流域治水プロジェクトとして、河川区域、集水域、氾濫域の3つの対策が示された。以下、引用する。

河川区域での対策

 人命、財産、地域経済への被害を最小化すべく、今次洪水に対して球磨川の河川水位を下げることを基本として、これまで積み上げてきた「ダムによらない治水を検討する場」や「球磨川治水対策協議会」での検討結果、令和2年7月豪雨検証委員会での検証結果も踏まえ、あらゆる治水対策の検討を行い、目標達成へ向けスピード感をもって対応可能なメニューを抽出。
 ・河床掘削、引堤、雨水排水施設等の整備
 ・堤防強化
 ・ダム、遊水地等の整備・活用など

集水域での対策

 球磨川への流入を抑制するため、集水域での貯留を最大限行う。
 ・雨水貯留施設の整備、田んぼダム、ため池等の高度利用
 ・雨水浸透施設(浸透ます等)の整備など

氾濫域での対策

 減災のために、土地利用、住まい方の工夫などを行うほか、住民の避難行動につながるきめ細かな情報提供などを行う。
 ・土地利用規制、高台まちづくり誘導、移転促進、不動産取引時の水害リスク情報提供
 ・二線堤の整備、自然堤防の保全
 ・輪中堤、宅地かさ上げ、建築規制・建築構造の工夫
 ・土地のリスク情報の充実、避難体制の強化、経済被害の最小化、被災自治体の支援体制の充実、氾濫水を早く排除する等

 河川区域、氾濫域の対策は、国をはじめ行政が主体となって実施する。集水域の対策は、企業、住民が主体となる。

 席上、流域市町村メンバーからは、「流域治水(の対策)が流れの急峻な球磨川にマッチするのか。(雨水を貯留する)田んぼも少ないし、(流域治水の実施は)厳しいと思う」(錦町長)、「集団での高台移転に関する補助制度の充実をお願いしたい」(相良村長)、「治山域での対策も大切ではないか」(あさぎり町長)などの意見が出された。治山域対策については、国交省から「ぜひ検討項目のなかに含めていきたい」、蒲島郁夫知事からも「治山、間伐についてはできることは躊躇なくやりたい」との回答があった。

(つづく)

【大石 恭正】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年11月26日 13:10

未回収となった工事代金5.7億円をめぐり、JR九州子会社が前社長を提訴NEW!

 JR九州(東証一部)の子会社・JR九州住宅(株)が、前社長・松尾純一氏を訴えていたことがわかった。発端となったのは、エステート・ワン(株)からの工事受注...

2020年11月26日 12:12

アメリカ大統領選挙後の世界秩序を模索する!(2)NEW!

 下記2名が「岡倉天心記念賞」の受賞者として選出された...

2020年11月26日 10:30

【企業研究】ロイヤルホールディングス~コロナ禍で飛行機が飛ばず、創業事業の機内食事業が壊滅的な打撃!(3)NEW!

 ロイヤルHDは、何ごとも業界に先駈けて実施してきた。それは、創業者の(故)江頭匡一(えがしら・きょういち)氏の遺伝子である。江頭氏は1923年3月25日、福岡県三潴...

2020年11月26日 10:00

【凡学一生のやさしい法律学】詭弁の論理学(1)NEW!

 日本社会は崩壊の危機に瀕している。しかし一見すると、高度の科学や文芸をもち、大量消費生活を謳歌する大多数の国民は、日本の文明が崩壊の危機に瀕しているなど夢にも思って...

2020年11月26日 09:46

2020年マックス忘年会~万全の感染対策を講じて開催NEW!

 データ・マックスは11月24日、ホテルオークラ福岡で「2020年マックス忘年会」を開催した...

2020年11月26日 08:59

オンライン結婚式という選択、ディライトの取り組みNEW!

 奈良を拠点に、結婚式場やレストランの運営などを手がけるディライト(株)。同社は、コロナ禍で求められる「ニューノーマル」に対応したサービスとして、『オンライン結婚式』...

孤独と向き合い、撃退するための文化芸術

 「良い意味での宗教と文化芸術でしか、もう人間は救えないのかもしれない」とおっしゃるドクターに出会ったのが30歳のころでした。「人間にとって最大の病は何ですか?」と質...

グローバリズムの次のステージに コロナで激変・移行する世界

 現在、新型コロナ蔓延による影響で、国内外のさまざまな動きがストップ、もしくは停滞しているような状況です。そうしたなかで我々建築家が今何をすべきかを考えたとき...

2020年11月25日 16:42

【凡学一生の優しい法律学】熊本典道元裁判官の死

 筆者は幼少のころ、たびたび小銭を握って闇米買いの小使いをさせられた。その度「闇米などの違法な米を食することはできない」として餓死した裁判官の話を父から聞かされた...

2020年11月25日 16:29

「日米関係はトランプ政権時よりも強固に」~ケネディ元駐日米国大使が「fabbit Conference全国大会2020」で講演

 スタートアップ企業の創業支援やコワーキングスペース・レンタルオフィス「fabbit」の運営などを行うfabbit(株)は25日、第29代駐日米国大使・キャロライン・...

pagetop