2024年06月23日( 日 )

東宝ホームの空き家プロジェクト 4棟の空き家を高性能住宅へ

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

空き家面的対策モデル地区(1)

 北九州市戸畑区三六町―若戸大橋や国道199号線、北九州都市高速道路2号線などの幹線道路のほか、JR九州工大前駅も近い住宅地で、JR線路を挟んで北側の臨海部には日本製鐵などの工場が立ち並んでいる。駅やバス停がそろっており、市内でも利便性の高い住宅地といえる三六町だが、古くに形成された住宅では
「接道しておらず建替えできない」
「下水などの生活インフラが他人の敷地を通っている」
 といった課題も抱えていた。

 今回、モデル地区に選定された場所では複数の空き家が固まっており、それらをまとめて1つにすれば、新たな住宅として商品化できる可能性があった。

 空き家再生プロジェクトに手を挙げたのは、北九州を拠点とする東宝ホーム(株)。同社は、北九州市をはじめとする福岡県、熊本県、広島県などで年間480棟の戸建住宅を供給する地場大手の住宅会社だ。本プロジェクトは、4棟隣接した空き家を1棟の戸建用地として活用するというもの。合計で65坪の敷地となり、戸建用地としては十分な面積だ。すでに、地権者とは買い取りに向けての合意もできており、今後は同社が得意とする注文住宅用地として販売していく見通しとなっている。

 インタビュー 

「我々がやるしかない」地元企業の誇りと責任

東宝ホーム(株) 代表取締役社長 渡部 通 氏

 ――プロジェクトに取り組んだきっかけについてお聞かせください。

代表取締役社長 渡部 通 氏

 渡部 北九州市からお声掛けいただいたのがきっかけです。当社は北九州市に本社を置いておりますし、建築している住宅も多くが北九州市内です。残念ながら、北九州市の人口は減少傾向で推移しておりますが、地域を良くしていくためには、魅力的な住宅は必要なものだと考えています。空き家が増えると地域は衰退していきます。治安も悪化するでしょう。それを防ぐためにも、本プロジェクトには参加する意義があったと思っています。

 ――実際に取り組まれてみた印象はいかがでしょうか。

 渡部 市が空き家所有者にアンケートをとっていただくことは画期的ですし、それによって空き家問題は大きく前進するでしょう。一般的な住宅地と違って、用地取得の手間はかかりますが、誰かがやらなければならないと思っておりますし、当社のような地元企業がやらなければならないとも思っています。二次・三次相続による権利関係の複雑化を防ぎ、若い方が市内に流入するための一助になれば。

 ――三六町で建築する住宅は、どのようなものになる予定ですか。

 渡部 注文住宅ですので、今後土地を取得される方次第ですが、土地の売主であり建築会社である当社としては、高気密高断熱で高性能な住宅が望ましいと考えています。お子さまやお孫さまの世代まで長く住んでいただくため、当社では全棟で気密測定を行っております。三六町でも、将来的に価値が残る、地域の魅力を損なわない住宅をつくりたいですね。

 ――北九州市について、一言お願いいたします。

 渡部 チャレンジなしに活性化はありません。私自身は北九州市で生まれたわけでも育ったわけでもありませんが、アクセスも良く、自然もあり、住みやすいまちだと感じています。ただ、若い人が減っている現状では、ワクワクするまちづくりは簡単ではありません。個別最適ではなく全体最適のため、思い切った市政に期待したいですね。福岡市をライバル視するのではなく、共生するために広い都市圏をつくる―そういった市の魅力を底上げするワクワクするまちづくりのためなら、市の事業に惜しまず協力してまいります。

【永上 隼人】

<COMPANY INFORMATION>
東宝ホーム(株)

所在地:北九州市小倉北区下到津4-9-2
設 立:1976年11月
資本金:4,500万円
TEL:093-571-1555
URL:https://tohohome.jp

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事