• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月04日 16:51

【立憲民主党・枝野代表インタビュー】GoToは「国が決めるべき」と菅政権の不信任案提出に否定的

 Go Toトラベル東京除外で、菅首相と小池知事の責任のなすり合いにより、その決定が遅れていることについて、枝野代表は国が決めるべきと強調しながら、即断即決をしない菅政権への不信任案提出には否定的だ。政権与党を追い込めない(見せ場さえつくれない)のは、野党第一党の戦闘力不足が大きな原因としか見えない。

 菅政権の新自由主義路線の1つである種苗法改正(グローバル種子企業のタネの支配を許し、農家が窮地に立つリスクが大きい)についても、与野党対決法案であるにもかかわらず、法改正阻止の意気込みがまったく伝わってこない。新自由主義路線を批判しながら具体的政策で徹底抗戦をしなければ、野党第一党の存在感を示せないのは当然だ。

 日本学術会議任命拒否・安倍前首相の桜を見る会の虚偽答弁・Go Toトラベル東京除外の遅れ・種苗法改正など、攻めどころが満載であるのに、不信任案提出をしない枝野代表の戦闘力不足は明らかだ。

枝野幸男代表会見(11月30日)

 ――桜を見る会前夜祭の関係で安倍前総理の嘘が濃厚、虚偽答弁が明らかになったなかで、嘘がまかり通る国会審議は成り立たないのではないかという声も聞いています。内閣不信任案の提出、あるいはコロナを除く審議拒否をするお考えがあるのかということと、あわせて農水大臣不信任案を出すお考えはないのかうかがいます。種苗法改正でも、嘘八百の答弁が農水省から出ていて、農家が窮地に陥るリスクを過少評価し、グローバル種子企業の「種の支配」を許す恐れが十分あります。

 枝野 まず、コロナウィルスに対する対応では、本当に食べていけないという状況で、年を越せず、年末の段階でも資金繰りがつかないと倒産を余儀なくされる方がいらっしゃいます。
 現下の感染拡大の状況は、急いで手を打たないといけないものであり、手を打たないとこの手のものは広がっていく一方です。従って、コロナ対策を急ぐことが最優先であるという姿勢で、他の問題については対応します。

 ――内閣不信任案を出す考えはないのでしょうか。

 枝野 その前の段階です。コロナの施策を急いでやらせるということをまずは徹底したい。

 ――種苗法改正についてのお考えは。

 枝野 それについても、コロナ対応が最優先です。

2問目:Go Toトラベル東京除外について

 ――Go Toトラベル東京除外をめぐって菅総理と小池知事の責任のなすり合いになり、即断即決ができない状況になっていますが、どちらが問題なのでしょうか。両方なのでしょうか。特措法改正が成立すれば、このような事態は回避されて(コロナ対策が)即断即決がされると考えていいのでしょうか。

 枝野 Go Toトラベルは国の施策として国の予算で行っており、スタートのときに東京除外をしたのは、国の判断で決めたことです。これはひとえに国の判断で、制度としてそうなっていると考えています。

 Go Toトラベルは、特措法とは直接関係がないと考えています。我々の提案では、都道府県知事に緊急事態宣言などの権限を移譲すべきだとしていますが、そのなかでも国が立案をして国の予算で執行するという制度とすれば、それは国の責任です。
 地方自治体の財源を出して地方自治体が実行できる制度を取れば、地方自治体に実行してもらえるわけです。Go Toトラベルは、国の制度として決め、国の予算で執行しているわけですから、都道府県知事(の権限)ではないことが、制度上はっきりしています。

 ――小池知事は政府が動かないのを見て、Go Toトラベル東京除外をすべきだと申入れしないと、このまま除外されない恐れもありますが、小池知事の役割、責務についてはどうお考えでしょうか。

 枝野 これは、東京都連に聞いていただく問題ではないでしょうか。埼玉県知事は非常に適切な対応を取っており、これは地方自治の問題です。

 ――いや、これは国全体の問題ではないですか。

 枝野 国の問題として東京以外のところに影響を与える可能性があるため、国が責任を取らないといけません。東京都にとってはAのプランが良いが、全国的にみるとAのプランよりもBのプランが良いというときに、東京都知事の意見を聞いて物事を決めたら国としてはよくありません。
 そのため、「知事の意見を聞いて決める」「知事が言わないと決まらない」というのは、私は筋が違うと思います。国全体としての観光産業であり、東京が出発地であれ目的地であれ、全国のコロナ感染拡大にかかわる話であるため、これは国の責任でやらないと無責任ということです。

 ――小池知事は政府に何も言わなくていいと。

 枝野 東京都知事は、東京都民の健康のために東京都民に対する責任を負っています。それが地方分権というものです。

 ――東京都民の感染拡大を招くのではないですか。

 枝野 それは東京都連や我が党の都議会議員に聞いてください。

【ジャーナリスト/横田 一】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月25日 17:59

【立憲民主党/稲富修二】選挙で国民の支持を得るために何が必要か

 福岡2区選出で立憲民主党の稲富修二衆議院議員(50)が23日、データ・マックス本社でインタビューに応じ、次期総選挙に向けた抱負を語った...

2021年01月25日 16:30

【2/14】「令和」の考案者、中西進氏講演会を開催~太宰府市史跡指定100年記念

 太宰府市の大宰府跡、水城跡が国からの史跡指定を受けて本年で100周年を迎える。同市はそれを記念して、2月14に「令和」の考案者とされる中西進氏を招いて講演会を開催す...

2021年01月25日 16:16

自民党厚生労働部会が健康保険の法改正案を審査~後期高齢者給付を1,880億円削減

 自民党厚生労働部会は1月21日、全世代対応型の社会保障制度を構築するため、健康保険法などの一部を改正する法案の審査について議論を行った。給付は高齢者中心、負担は現役...

2021年01月25日 15:44

【基山町】トラスト不動産開発と連携し、子育て世代の移住・定住を促進。保育施設を完備したマンションを建設

 佐賀県基山町は25日、トラスト不動産開発(株)と「まちづくりに関する協定」を締結した。トラスト不動産が基山町において18年ぶりとなる分譲マンションを建築することを契...

2021年01月25日 15:06

【特別インタビュー】再分配機能の強化で貧困をなくす コロナ禍で「小さな政府」は終焉(前)

 『前の安倍政権も菅政権も、コロナ対応に関して失政続きだったと思います。冬になれば感染が拡大するのが明らかだったにも関わらず、ほとんど準備をしていなかったことなど、両...

2021年01月25日 15:00

ネットバブルの寵児、折口雅博氏の自伝『アイアンハート』を読む~逃避先の米国で、あのトランプ前大統領の知遇を得て再起!!(1)

 ネットバブルの寵児が戻ってきた。人材派遣大手グッドウィル・グループ(株)元会長・折口雅博氏が自伝『アイアンハート』を出版した。副題は「ゼロから12年で年商7,700...

2021年01月25日 14:00

シェア争いが激しい韓国フードデリバリー市場(前)

 韓国人の日常生活は、コロナ禍で変化を余儀なくされている。そのなかでも、飲食店利用の減少と在宅時間の増加により、食生活に大きな変化が起こり、フードデリバリーアプリ市場...

2021年01月25日 13:34

【特集】これでいいのか産廃処理(2) 「正直者が馬鹿を見る」中間処理業界

  安定型処分場で埋立できる産業廃棄物(産廃)は、“安定型5品目”と呼ばれる、「廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず、がれき類」など。廃...

2021年01月25日 13:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(7)

 ベストはなぜ負けたか。ヤマダ電機、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ、エディオンなどの競合量販店が九州に食指を伸ばした、デフレと不況で消費者の購買意欲が薄れた、そ...

菅義偉首相の致命的欠陥とは

 1月21日、英紙タイムズ電子版が、ある与党関係者の話として、政府が非公式に新型コロナウイルスの影響で東京五輪の開催を中止にする必要があると結論付けたと報じた。これに...

pagetop