2022年06月27日( 月 )
by データ・マックス

県内4棟目にして佐賀市内初、アメイズ佐賀本庄レジデンス

(株)シフトライフ

佐賀市内の文京区、本庄町でマンション計画

 佐賀市本庄町で、2021年2月の完成に向けて分譲マンション開発が進められている。マンション開発を手がけるのは、これまで唐津市で1棟、伊万里市で2棟のマンション開発実績がある(株)シフトライフだ。伊万里市では、22年2月の完成予定で3棟目のマンション計画もあり、20年11月下旬に販売を開始した。

 分譲マンション「アメイズ佐賀本庄レジデンス」(全47戸)の開発を手がける同社の樋口由紀夫社長は、「これまで佐賀県内で3棟のマンション供給を行ってきましたが、いずれは佐賀市内でもと思っていたところ、ご縁をいただき、すばらしい場所でマンションをつくることができることになりました」と話す。

アメイズ佐賀本庄レジデンス 外観イメージパース
アメイズ佐賀本庄レジデンス 外観イメージパース

 本庄町、とくにマンション開発地周辺は、佐賀城跡の西側に位置し、かつては武家屋敷が立ち並んだ城下町だったという。現在では、佐賀大学や佐賀女子短期大学、佐賀女子高校がある佐賀市を代表する文京区としても知られている。本庄町には、佐賀大学病院や佐賀南警察署などの公共施設も充実しており、東側の城内には同じく佐賀県庁や県立図書館などの公共施設や佐賀西高校、佐賀大学附属中学校および附属幼稚園など、教育機関が集中するエリアを擁する。

 今回のマンション計画について、樋口社長は「佐賀市の中心エリアでも、北部に比べて本庄町などの南部ではマンション供給が少なかったことも、計画を決断した理由の1つです。駐車場も平置きで十分に取れる敷地を確保でき、販売も好調に推移しています」と続ける。

 伊万里市で開始したマンション開発計画のほか、県内では武雄市でもマンション開発を計画中。さらに、佐賀市内でも2棟目の計画を検討中だという。福岡市からのアクセスという要因も大きいが、「佐賀にはまだまだポテンシャルがある」と樋口社長は強気だ。


<COMPANY INFORMATION>
代 表:樋口 由紀夫
所在地:福岡市中央区天神4-8-25
設 立:2006年8月
資本金:1,000万円
TEL:092-791-6100
URL:http://shiftlife-corp.com

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、建設・不動産業界に関すること、再開発に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

記事の企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。

現在、業界に身を置いている方や趣味で建築、土木、設計、再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募はこちら(nagaue@data-max.co.jp)まで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連キーワード

関連記事