2022年01月22日( 土 )
by データ・マックス

交通×IoTで移動に選択肢、糸島でスタートした「よかまち」(前)

よかまちみらいプロジェクト

ルート検索・決済アプリ「my-route(マイルート)」

 「移動サービスで北部九州を未来へ繋がるよかまちへ」をスローガンに掲げる、よかまちみらいプロジェクト。目指しているのは、効率的な輸送体系の確立と、IoTの活用による良好な交通環境の創造だ。

 たとえば、バスであれば昭和バス、レンタカーであればトヨタレンタリースといった具合に、通常、提供される交通サービスごとに事業者は異なる。利用者は、運行状況や利用状況など、事業者ごとに情報を取りに行く必要があり、不便さを感じることが少なくない。交通渋滞情報や地域の概要も知りたいと思えば、さらにオンライン上で右往左往しなければならない。こうした交通に関連する分散した情報を集約することで、乗り換え情報など、目的地までの最適な交通手段・経路の共有を図る。

 また、交通手段に関しては単なる情報の共有にとどまらず、「TOYOTA i-ROAD」や電動レンタサイクル「よかチャリ(仮)」など、実際のモビリティ配備も手がけている。

左:1人乗り「TOYOTA-i-ROAD」/右:ヤマハ電動自転車「PAS-CITY-C」

 このほか、利用者の事前予約に合わせてルート運行する、オンデマンドバスの実証実験にも取り組む。既存の糸島コミュニティバスを活用し、まずは曽根線運行エリア(曽根・三雲地区とJR筑前前原駅~波多江駅間)で実験が行われる。オンデマンドバスサービスは、アイシン精機(株)のデマンド型交通「チョイソコ」、MONET Technologies(株)のオンデマンド運行システムとの併用によって実施される予定で、この2つのシステムの併用によるオンデマンドバスの運行は、日本初の試みとなる。

 複数の計画が同時進行する、よかまちみらいプロジェクト。矢継ぎ早のサービス展開を可能としているのが、同プロジェクトを主導する「よかまちみらいプロジェクトコンソーシアム」の存在だ。同コンソーシアムは、昭和グループのグループ企業14社および、志を同じくする企業27社とともに、2020年10月5日に発足。「移動サービスの拡充を通じた、地方都市の『よかまち』化の達成」という共通の思いの下、多種多様な企業が参画していることが、よかまちみらいプロジェクトのスピード感あふれる活動につながっている。

日本初の試みとなるオンデマンド運行システムの併用

(つづく)

【代 源太朗】

(中)

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、建設・不動産業界に関すること、再開発に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

記事の企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。

現在、業界に身を置いている方や趣味で建築、土木、設計、再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募はこちら(nagaue@data-max.co.jp)まで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事