• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月07日 14:00

コロナとニューヨーク~大都会の田舎市場(後)

大嶋 田菜(ニューヨーク在住フリージャーナリスト)

 大統領選挙の結果をすぐにニュースで確認すると、やはりバイデン氏が勝っていた。外の騒ぎはまだ続いており、こういう時に皆で盛り上がるところがニューヨークらしい。ニューヨーク市の有権者の90%以上がバイデン氏に投票しているため、喜ばないはずがない。

 選挙の数週間前から投票可能だったニューヨーク市では、マスクをしながら長い行列を何時間も待つ多くの有権者がおり、その人々に誰かが無料でピザやコーヒーを配っていた。

 選挙の4日後、町中がその結果をお祝いし、それから2~3日間、叫び声やクラクションが絶えず、建物の屋上で音楽などが鳴り続いた。ところが、皆で盛り上がったためか、コロナの感染者が大幅に増えた。アメリカの国中で増えたため、アメリカはまた世界一感染者の多い国になりつつある。ニューヨーク州は他州に比べると、その規模はあまりひどくないことは事実だが、これからの時期は、また厳しくなる可能性もある。

 しかし、今日のように雨が降っていても、お客がファーマーズマーケット(市場)に徐々にやってくる。

 中南米系の男性が大きな電気ポットに保管しているアップルサイダーを紙コップに注ぐと、白い湯気とともに甘酸っぱい匂いが立ち昇り、近くの青野菜の匂いと混じって広がっていく。お客は高齢者や家族連れが多く、ビニール袋が禁止される以前から布の鞄を肩にぶら下げて、楽しそうに売り場の店の人々と話しながら買物をする。

 先週はサンクスギビング(感謝祭)で、パンプキンパイが売れ切れになった。今年は遠出をしないようと要請されたニューヨーク住人も、結局は遠出をして実家に帰ったり、暖かいフロリダに住む両親や親戚と地味に祝ったりしたようだ。

 ニューヨークに残った人々は、今ではもう慣れきっているオンラインツールのZoomでお互いの顔を合わせながら、七面鳥を食べるしかなかった。今の時代はそういうもので、ユダヤ人の成人式バル・ミツバー、カトリックの聖体拝領、お葬式、結婚式、ミサも、すべてがズームでできる時代なのだ。もちろん、会社のミーティング、学校や大学の授業、友達同士のおしゃべり、子どもの遊びもそうだ。

 それでも、時にはありがたい場合もある。友人の父が数カ月前にバングラデッシュで亡くなったのだが、ニューヨークから移動できない彼女は、ズームで父を見送ることができたようだ。イスラム教の葬式は亡くなった翌日に行われるため、自由に旅行できたとしても式には間違えなく間に合っていなかっただろう。

 しかし、それでもやはり人は人と直接、触れ合いたいと感じており、土曜日のファーマーズ・マーケットは身に染みてありがたいのだ。人との関わりを実感できる瞬間があり、その時だけ、自身が大きな町にいることも忘れ、野菜や果物の色と土の匂いに抱かれながら、皆でコロナがなかった時を思い出すのだ。

(了)


<プロフィール>
大嶋 田菜
(おおしま・たな)
 神奈川県生まれ。スペイン・コンプレテンセ大学社会学部ジャーナリズム専攻卒業。スペイン・エル・ムンド紙(社内賞2度受賞)、東京・共同通信社記者を経てアメリカに渡り、パーソンズ・スクールオブデザイン・イラスト部門卒業。現在、フリーのジャーナリストおよびイラストレーターとしてニューヨークで活動。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月28日 17:38

大和力を、世界へ。コロナ禍のなかでアートにできること(3)NEW!

 『神獣さんは私が創作したものではなくて、たとえばお寺や神社にいけば狛犬や龍がいたりする。イタリアにいけば腕の生えた獅子がそのへんにいて、フランスにはガーゴイル(架空...

2021年01月28日 17:05

【縄文道通信第59号】縄文道は身体知~縄文道―武士道―未来道(前)NEW!

 日本の歴史の中で燦然と輝く、約1万4,000年の縄文時代の人々は狩猟、漁労、採集生活者であった。 生活のリズムは常に日の出から日の入りまで、太陽の光を浴びて自然の賜...

「コロナの真相とその先に潜むデータ覇権争いという新たな脅威」(1)NEW!

 菅総理は1月18日に召集された通常国会での施政方針演説で「安心を取り戻すため、新型コロナを1日も早く収束させる。闘いの最前線に立ち、難局を乗り越えていく決意だ」と力...

2021年01月28日 15:51

中洲の灯は絶えない(3)たくましく独自の工夫を凝らすNEW!

 福岡県への緊急事態宣言発出を受け、中洲の飲食店も営業時間を午後8時(酒類の提供は午後7時)までの時短営業としている。飲食店の苦境が伝えられる一方で、中洲の各店舗はラ...

2021年01月28日 15:35

ネットバブルの寵児、折口雅博氏の自伝『アイアンハート』を読む~逃避先の米国で、あのトランプ前大統領の知遇を得て再起!!(4)NEW!

  ネットバブルの寵児が戻ってきた。人材派遣大手グッドウィル・グループ(株)(以下、GWG)元会長・折口雅博氏が自伝『アイアンハート』(昭文社刊、税別定価1,500円...

2021年01月28日 15:15

長尾治療院・長尾良一氏のコロナ対策NEW!

 長尾良一は佐賀県唐津市の鍼灸院・長尾治療院の院長である。知る人ぞ知るその道の達人。肩書きに「日中特種鍼法研究会会長」とあるが、伊達ではない...

2021年01月28日 14:01

【IR福岡誘致特別連載21】市営地下鉄・西鉄・JRの直通相互乗り入れで年間99億円増収

 マスコミ各社は27日、かつてからの福岡都市圏計画の懸案事項である、福岡市営地下鉄箱崎線と西鉄貝塚線、貝塚駅における両者の相互乗り入れによる直通化(軌道幅はともに1,...

2021年01月28日 13:47

【長期連載】ベスト電器 消滅への道(13)半世紀生きるために同社のケースに学ぶ

 ユニード、寿屋、そしてベスト電器。「九州の覇者から全国へ」という野望を抱き、事業拡大に走ったが、いずれも惨憺たる結果に。没落していく企業にはそれなりの理由がある。ベ...

2021年01月28日 13:00

巣ごもり消費で経常49%増 コスモス薬品11月中間

 コスモス薬品の2020年11月中間連結決算は、売上高が前年同期比12.0%増、経常利益49.1%増と増収大幅増益になった...

2021年01月28日 11:58

大島産業、4.2億円で清滝橋はく落対策工事を受注

 NEXCO西日本九州支社発注の「令和2年度九州自動車道清滝橋ほか12橋はく落対策工事(その2)」を(株)大島産業が4億2,921万円(税別)で受注した。同工事は随意...

pagetop