• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月21日 15:24

五ケ山ダムが供用開始、防災や渇水対策に期待

五ケ山ダム(2019年10月撮影時)
五ケ山ダム(2019年10月撮影時)

 五ケ山ダムが本日から供用開始となった。五ケ山ダムの利水容量は、渇水対策容量を含む3,170万m3。12月22日に試験湛水を終えていた。福岡市関連の利水容量合計は、南畑ダムや背振ダムなど既存の8ダムを加え、合計で7,835万m3となる。

 福岡県那珂川市と佐賀県吉野ヶ里町にまたがる五ケ山ダムは、洪水調整や取水の安定化、異常渇水の緊急補給などを目的に、1988年に建設事業が採択され、2003年度から用地取得を開始。04年度に水源地域整備計画が決定し、付替道路などを着工。12年6月からダム本体の工事に着手していた。

 福岡都市圏へ水道用水を供給する福岡地区水道企業団は、供用開始を受け、次のようにコメントしている。

 「長年にわたり実施してきた水源開発が完了し、水資源に恵まれない福岡都市圏において、筑後川水系・多々良川水系・海水淡水化施設に那珂川水系が水源として加わることとなり、水の安定供給に寄与するものと期待しております」。

【永上 隼人】

▼関連記事
五ケ山ダムにみるインフラツーリズム
豪雨災害からの復旧復興の進捗と福岡県のインフラ整備(前)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月09日 11:31

飯塚市の「まち・ひと・しごと創生事業」に寄付~グッデイNEW!

 (株)グッデイ(福岡市博多区、柳瀬隆志社長)による福岡県飯塚市の「まち・ひと・しごと創生事業」に対する寄付金の贈呈式が8日、飯塚市役所で行われた...

2021年03月09日 10:19

【東日本大震災から10年(2)】福島第一原発事故から10年、放射性物質汚染の現状 公的除染終了後の問題(前)NEW!

 もうすぐ、3・11震災・原発事故から10年を迎える。この原稿では、東京電力福島第一原子力発電所事故による放射性物質の汚染がいまだに続く福島県中通りの現状を、私の徒歩...

2021年03月09日 10:19

【東日本大震災から10年(1)】宮城県で津波を経験、九死に一生を得るNEW!

 ゼオライト(株)の常務取締役・松井真二氏は2011年3月9日、フジパン仙台工場の水処理プラントの設置を行うため、河村恭輔名誉会長(当時・会長)と河村勝美会長(当時・...

2021年03月09日 10:00

ポスト・コロナ時代をどう生きるか?変化する国家・地域・企業・個人、そして技術の役割(6)NEW!

 『コロナは世界のパワーバランスが変わる引き金になり、米国、中国、ロシア、ベトナム、ミャンマーは混乱のなかで新しい権力構造を生みつつあります。個人の持つ感性やコミュニ...

2021年03月09日 09:15

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(4)NEW!

 クライアントに詐欺を働き、社の繁栄に貢献すべき若い有能な人材をも潰すような企業に未来はない。電通は大型スポーツイベントを次々と独占受注し、人々のマスコミ離れを食い止...

2021年03月09日 07:00

経営者が知っておくべき「人財」に投資するという考え方NEW!

 「人財」は、いつの時代も経営の根幹です。良い人財がいるかいないかで、経営は大きく変わってきます。では、どのように良い人財を得ればよいでしょうか?そこでは、従来の「人...

2021年03月09日 07:00

【八ッ場ダムを考える】群馬県は水没住民と どう向き合ってきたのか?(前)NEW!

 国直轄ダムの八ッ場ダムであるが、水没自治体である長野原町、その住民との交渉などを実質的に担ってきたのは、ダム受益者でもある群馬県だった。県は1993年、水没住民やダ...

2021年03月08日 17:55

加速する建設現場へのICT技術の導入、「i-Construction大賞」授賞式開催〜国土交通省

 国土交通省は5日、「i-Construction大賞」の授賞式をオンラインで開催した。同賞は、建設現場の生産性向上を図る「i-Construction」に係る優れた...

2021年03月08日 17:44

アフターコロナの市民の心を癒す「パブリックアート」の大きな役割!(1)

 ニューヨークはアートの街として2つの点で有名である。1つは、ニューヨークには「メトロポリタン美術館(MET)」「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」など83もの美術...

2021年03月08日 17:07

【福岡県知事選2021】元国交省局長・奥田氏が出馬断念 2日の速報ピタリ

 小川洋・福岡県知事の辞職にともなう県知事選に出馬する意向を示していた、元国交省局長の奥田哲也氏(59)が今日午後、立候補を断念すると表明した。自民党の二階俊博幹事長...

pagetop