• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月27日 14:05

緊急事態宣言下の首都圏、“路頭”に迷いつつある営業マンら〜耐えることしかできないのか

 「前回の緊急事態宣言時とは違い、外回りの営業をしています。しかし、アポはほとんど取れず、売上は既存客との電話による商談のみです。会える人はごく僅かですが、それでも可能性があるならと外回りをしています」と、東京駅を歩いていた不動産販売の営業職の30代男性は自信がなさそうに答えた。

 前回の緊急事態宣言時には、完全に在宅勤務だったが、会社の売上が激減したため、2度目の緊急事態宣言ということで、外回り営業は「自己判断」になったという。自己判断と言っても、数字が上がらなければ外回りをせざるを得ない空気が会社にはあるようだ。

2度目の宣言下、“路頭”に迷いつつある営業マンら

 2度目の緊急事態宣言が1月8日に行われてから、飲食店の時短営業もあり、午後8時以降の首都圏の人手は目に見えて少なくなった。歌舞伎町、銀座、五反田など“夜の繁華街”には、以前の面影がまったく見られない。新型コロナウイルスの新規感染者数が大幅に減少し続けているのも納得できるほどに人が少なく、飲食店の閉店による消灯で「眠らない街・東京」は完全に過去のものとなった。

 一方で、昼間のビジネス街で人の流れが完全に途切れることは少ない。新型コロナウイルスの新規感染者が東京で初めて確認された2020年1月15日から、1年が過ぎた。これまでの2度の緊急事態宣言やクラスターの発生などを受けて、各企業はリモートワーク・テレワークへの移行を進めてきた。1度目の緊急事態宣言下では、出勤ラッシュ時である午前8時30分頃の新橋駅のSL広場では、まったくと言っていいほど人が見当たらなかった

1回目の緊急事態宣言下の午前8時半頃の新橋駅、SL広場の様子
1回目の緊急事態宣言下の午前8時半頃の新橋駅、SL広場の様子

 しかし、2度目の緊急事態宣言下では、前回に比べて感染者数がケタ違いに多いにもかかわらず、人々の往来があり時間帯によっては電車もほぼ満員だ。コロナ以前に比べると圧倒的に少ないが、最初の宣言時よりは明らかに人出が増えている。

 もちろん、すべての仕事をテレワークやリモートワークに移行できるわけではない。なかには出勤しなければならない事業があり、出勤を必要としている人がおり、「今は自粛すべきだ」と自粛警察のように出勤を非難するのは筋違いだ。国や東京都などの自治体による補助金があるとはいえ、企業は売上を維持しなければ事業を持続できず、それまで売上を支えてきた営業マンへの負担は大きい。

2回目の緊急事態宣言下の午前8時半頃の新橋駅、SL広場の様子
2回目の緊急事態宣言下の午前8時半頃の新橋駅、SL広場の様子

 今回、新橋、大門、日本橋、東京駅周辺で30人に聞き込みを行ったところ、彼らの多くは文字通り“路頭”に迷っている様子が見受けられた。その一部を以下に紹介する。

 「対面営業、飛び込み営業が難しくなり、新規顧客の開拓が今まで以上に困難となっている」(広告代理店勤務20代後半男性、新橋)

 「飲み会でのコミュニケーションをとることができず、既存顧客の減少が始まっている。今は耐えるしかない。会うことができる人をとりあえず、探して回っている」(住宅器具卸販売30代男性、日本橋)

 「アポがないが、会社にはいられないから外で電話をしている。1日中、喫茶店にいることもある」(サービス業40代前半男性、大門)

 「オンライン営業をすればいいといわれるが、オンライン営業を受ける側の体勢が整っていない気がする」(営業 20代女性:東京駅)

 今回の取材でもっとも多かったのは、新規顧客の開拓が難しいという意見だった。飛び込み営業や既存顧客からの紹介、異業種交流会への参加など、これまでの主な営業ツールが利用できなくなったことが大きな要因だ。

 一方で、今までと変わらない営業マンもいた。主に既存顧客へのルート営業やIT業界で働く営業マンだ。通信機器の卸販売、ECサイト・アプリ開発など、リモートワークの推奨で特需が生まれている事業者はとくに業績が伸びており、営業マンも忙しいようだ。

 当然ながら、すべての業種が影響を受けているとは言えないが、多くの営業マンが四苦八苦している。大手企業はコロナ禍でリモートワーク、在宅業務に移行し、なかには自社ビルの売却に向けて動いている企業もあり、今後も「訪問ができない」状況が増すと予見されている。もしコロナ禍が収束しても、働き方は元には戻らないとも言われているが、それでも戻ると信じて待つしかない営業マンは多い。

 日本橋の喫煙所にいた50代男性は「緊急事態宣言下であることは承知しているが、生活のために営業しなければならない。しかし、(コロナ禍で)営業先を回ることができない。仕方ないといえばそれまでだが」と先行きを懸念する声を漏らす。緊急事態宣言下の首都圏では、生活や仕事の事情に追い込まれ、路頭に迷う営業マンが増えつつあるのではないだろうか。

【麓 由哉】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月09日 13:11

【読者ご意見】東京五輪とコロナNEW!

 NetIB-Newsでは、読者のご意見を積極的に紹介し、議論の場を提供していきたい。今回は植草一秀氏のブログ記事「2021東京変異株博覧会の開催」についてのご意見を...

2021年03月09日 13:11

【読者ご意見】企業批判をめぐる報道NEW!

  NetIB-Newsでは、読者のご意見を積極的に紹介し、議論の場を提供していきたい。今回は【新・「電通公害」論】についてのご意見を紹介する...

2021年03月09日 13:00

【東日本大震災から10年(2)】福島第一原発事故から10年、放射性物質汚染の現状 公的除染終了後の問題(中)NEW!

 公的除染の問題点を考えてみよう。福島県のHPによると、除染の目標値は0.23μSv/hとなっている。これは、民間人の被曝限度量が年間1μSvで、時間あたりに直すと0...

2021年03月09日 11:31

飯塚市の「まち・ひと・しごと創生事業」に寄付~グッデイNEW!

 (株)グッデイ(福岡市博多区、柳瀬隆志社長)による福岡県飯塚市の「まち・ひと・しごと創生事業」に対する寄付金の贈呈式が8日、飯塚市役所で行われた...

2021年03月09日 10:19

【東日本大震災から10年(2)】福島第一原発事故から10年、放射性物質汚染の現状 公的除染終了後の問題(前)NEW!

 もうすぐ、3・11震災・原発事故から10年を迎える。この原稿では、東京電力福島第一原子力発電所事故による放射性物質の汚染がいまだに続く福島県中通りの現状を、私の徒歩...

2021年03月09日 10:19

【東日本大震災から10年(1)】宮城県で津波を経験、九死に一生を得るNEW!

 ゼオライト(株)の常務取締役・松井真二氏は2011年3月9日、フジパン仙台工場の水処理プラントの設置を行うため、河村恭輔名誉会長(当時・会長)と河村勝美会長(当時・...

2021年03月09日 10:00

ポスト・コロナ時代をどう生きるか?変化する国家・地域・企業・個人、そして技術の役割(6)NEW!

 『コロナは世界のパワーバランスが変わる引き金になり、米国、中国、ロシア、ベトナム、ミャンマーは混乱のなかで新しい権力構造を生みつつあります。個人の持つ感性やコミュニ...

2021年03月09日 09:15

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(4)NEW!

 クライアントに詐欺を働き、社の繁栄に貢献すべき若い有能な人材をも潰すような企業に未来はない。電通は大型スポーツイベントを次々と独占受注し、人々のマスコミ離れを食い止...

2021年03月09日 07:00

経営者が知っておくべき「人財」に投資するという考え方

 「人財」は、いつの時代も経営の根幹です。良い人財がいるかいないかで、経営は大きく変わってきます。では、どのように良い人財を得ればよいでしょうか?そこでは、従来の「人...

2021年03月09日 07:00

【八ッ場ダムを考える】群馬県は水没住民と どう向き合ってきたのか?(前)

 国直轄ダムの八ッ場ダムであるが、水没自治体である長野原町、その住民との交渉などを実質的に担ってきたのは、ダム受益者でもある群馬県だった。県は1993年、水没住民やダ...

pagetop