• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月28日 13:47

【長期連載】ベスト電器 消滅への道(13)半世紀生きるために同社のケースに学ぶ

 ユニード、寿屋、そしてベスト電器。「九州の覇者から全国へ」という野望を抱き、事業拡大に走ったが、いずれも惨憺たる結果に。没落していく企業にはそれなりの理由がある。ベスト電器が繰り広げた“ドラマ”を振り返る。

強欲をもたなければ半世紀の業歴は可能 

 遠い昔になるが、1980年代のころ、「業歴50周年企業」と耳にすると、「非常に由緒のある老舗企業」と尊敬の念を抱いたものである。照栄建設(株)の新春取材に行った際、富永社長が終了間際に何気なく、「当社も今年で50周年目を迎えることになる」と漏らした。「そうだ、設立が72年であった」と感慨にひたった。創業者・前畑一人氏が32歳の年齢で会社を興したのである。筆者は創業者とは77年からの付き合いになる。 

 同社は「理念を明確に掲げ」「お客本位」「時代の波動を的確につかむ」ことで福岡ゼネコン業界の一翼を担ってきた。無心、ひたむきな姿勢を50年間貫いてきた結果でもある。創業者の前畑氏は今年で82歳を迎えるが、同氏に対しては尊敬の念を抱くという以上に、同社が業界の一翼を担っていることに対して、これまでの姿勢からみて当然の結果だと納得している。長い間、この企業に関わってきているため、感無量ということもない。「強欲をもたずに原理原則に則った経営を貫徹すれば、半世紀生きることは容易」というのが筆者の企業観である。 

野望企業の挫折 

ベスト電器 野望をもって企業拡大を図ると、同業のライバルと必ず衝突する。そこで企業の優勝劣敗が明確になる。福岡・九州において敗北企業のドラマに数多く立ち会ってきた。一時、家電小売業界のトップに君臨してきたベスト電器がヤマダ電機の子会社となり、果ては完全に吸収され、法人としての痕跡が跡形もなくなった。なぜこうなったのか?創業者・北田光男氏が亡くなって以降、会社の悪しき体質・膿がすべて露呈されたためだ。 

 本来、「企業組織は永続化されるもの」であるが、「創業者北田氏の個人商店」であったため、本人が成仏すると企業組織もそれにともなって入水したのである。面白いドラマといえばそれまでであるが、野望に燃える経営者にとっては「明日は我が身か」と他人事ではなく、頭を悩ませる問題だ。しかし、謙虚な姿勢で学ぶ経営者は必ず危機を乗り切っていく。とはいえ、このような低姿勢の経営者は稀有である。 

 読者は今回のベスト電器のドラマに関するレポートを目にし、驚愕するのではないか。「組織がこれほどまでに腐っていたのか!これでは潰れるべきして潰れたようなものだ」と絶句するであろう。企業組織が腐りかけるスピードは非常に速い。ビックカメラはかつてベスト電器に対してM&Aの手を挙げたものの、ベスト電器の恥部を目の当たりにして、「こんな組織を相手にしていてはこちらまで悪影響を受ける」と危惧して手を引いた。 

 ベスト電器は最終的に全国制覇の野望に燃えるヤマダ電機の傘下となった。ビックカメラとの違いをもたらしたのは執着の度合いである。しかし、ヤマダ電機が永遠に常勝企業であるとは限らない。将来、企業戦争に敗北して淘汰されるリスクも待ち構えている。栄枯盛衰、平家物語とまではいえないにせよ、それが企業にとっての宿命である。 

 家電小売業界からスーパー・小売業界に目を転じてみよう。ユニード、博多寿屋の例のように、「九州の覇者から全国へ」という野望を抱いて事業戦線の拡大に走ったが、あえなく潰れてしまい、創業者一代で終わった。まさにベスト電器と共通点のある倒産劇である。大いに参考にしていただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月07日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(2)

 日本の総広告費はGDPの拡大とともに年々増加の一途をたどり、今や7兆円に迫る規模に達している。電通は商業テレビがスタートした1953年以来、そうした日本の総広告費の...

2021年03月07日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(5)

 『別府市付近には、西日本を横断する断層帯である「中央構造線」に連なる断層帯がいくつもあります。大分県のホームページでは別府付近の断層を震源とする地震や南海トラフを震...

家族的な風土で社員の信頼関係を高め さらなる組織力強化を図る

 少子化に歯止めがかからないなか、政府は「働き方改革」を掲げ、IT活用による生産性の向上や労働環境の改善を促進。こうした取り組みによって離職率の低下と人材が確保できる...

2021年03月06日 08:00

極細1mmのふわふわ金糸モンブラン、太宰府天満宮参道で話題のソフトクリーム

 福岡の観光地・太宰府天満宮の参道にある金糸モンブラン専門店「香菓(かぐのこのみ)」が話題となっている。昨年12月25日のオープン以来3日間で1,000人を超える人気...

2021年03月06日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(1)

 圧倒的な力を背景に、長期にわたりマスコミを支配し続けてきた広告代理店・電通グループ。だが、「驕れるもの久しからず」。広告料不正請求事件や過労死事件に象徴されるように...

2021年03月06日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(4)

 『「構造特性係数(Ds)」とは、保有水平耐力計算においてその建物に必要とされる「必要保有水平耐力(Qun)」を求める際の係数であり、Dsの値が大きいほど、その建物に...

誠実・勤勉に仕事を全うし地場総合建設業の使命をはたす

 (株)末永工務店は地場総合建設業として、1957年4月の創業以来63年間、地元・福岡を中心に、数多くの実績と信頼を積み上げている。今日も現状に甘んじることなく研鑽を...

いつの時代も正直に まちづくりに貢献し続ける

 福岡県内トップクラスの総合建設業として、地域のまちづくりに貢献し続ける照栄建設(株)。1972年6月、前畑一人氏によって創業され、2代目の中村悦治氏、そして2017...

企画が強みのアメイズマンション 機会を捉え新規事業にも挑戦

 九州の地方都市では、実家から独立して持ち家を求める若者や、通院に便利なようにインフラが整った街中に住みたいと望む老夫婦が、「2つ目の住宅」としてマンションを購入する...

2021年03月05日 17:19

会計法人代表らを逮捕、1.8億円脱税の疑い(福岡地検)

 福岡地検は4日、法人税や消費税など約1億8,000万円を脱税したとして、法人税法違反などの疑いで、(株)会計法人SASパートナーズ(東京都渋谷区)の武藤貴弘・代表取...

pagetop