わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年03月04日 13:29

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(2)

 構造設計一級建築士・仲盛昭二氏が所有する大分県別府市の分譲マンション「ラ・ポート別府」について、2021年1月25日付けの仲盛昭二氏からの文書に対して、回答期限の2月8日を過ぎても広瀬大分県知事からの回答はなかった。大分県内に、建築基準法令を満たしていない建物や耐震性が劣る建物が存在している可能性が高いという指摘に対して、大分県の対応はあまりに無関心すぎるのではないか。仲盛氏に事情と意見を聞いた。

(聞き手:桑野健介)

大分県内のSRC造の建物の設計を調査すべき!

 ――仲盛氏が所有している別府市のマンション「ラ・ポート別府」に関して、大分県知事や別府市長に質問書を送付され、回答を得られていますが、建築確認を行った大分県知事からの回答はなかったそうですね。

 仲盛 私は、大分県が建築確認を行ったマンションが建築基準法令や規準を満足しておらず、耐震性に問題があると指摘しました。大分県が建築確認の審査においてラ・ポート別府と同じように見落としていた可能性が高いので、大分県内の他の鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の建物についても調査を行い、建築基準法令や規準を満足していない建物は是正をすべきであると意見を述べているのです。

 ――大分県は「建築確認済証および完了検査済証を交付」と回答しています。確認済証が交付されていれば、法令や規準を満たしていると思われますが、ラ・ポート別府では何が問題なのでしょうか。

 仲盛 07年以前の特定行政庁における建築確認の審査は、構造審査担当者も数年で異動するので十分な知識や経験を積むことができない上、審査日数は限られているという実態であり、構造計算書の中身を詳細に審査することに限界がありました。そのような背景から、分譲マンションの構造計算書の偽装が発覚した「姉歯事件」が起きたのです。姉歯関連の耐震強度が不足した建物についても建築確認済証や検査済証は交付されていました。この実例からも「違法建築物であっても、審査ミスにより建築確認済証が交付されていること」「検査済証が、建築基準関係規定に適合することを証明するものではないこと」は明白です。

 ――姉歯関連の耐震強度が不足した建物にも確認済証が交付されていたということは、審査が不完全だったということですね。

 仲盛 建築確認は性善説が前提となっており、特定行政庁や確認検査機関は構造計算の偽装などないという前提で審査を行っていました。この性善説を前提とした建築確認審査を利用したのが姉歯事件でした。国は、姉歯事件をきっかけに、建築基準法や関連法規を改正し、審査を厳格化しましたが、ラ・ポート別府が設計されたのは法改正よりも、かなり前になります。

 ――大分県の回答で「当時の書類が残っていないため詳細は不明だが、建築確認申請当時の基準を満たしていた」という部分も気になります。「当時の書類が残っていないのに基準を満たしていた」と断言できるのでしょうか。また、建築確認申請の書類が保存されているかどうかは、建物の耐震強度や適法性と直接関係ないと思います。

 仲盛 役所の書類には保存年限があり、建築確認申請書については、当時は5年となっていました(現在は15年)。先ほど述べたように、耐震強度が不足していた姉歯関連の建物についても確認済証や検査済証が交付されていた現実があるにもかかわらず、大分県が「建築確認の書類はないが基準は満たしていた」というのは、まったく根拠のない回答であり、筋が通っていません。「基準を満たしていた」と断言するのであれば、図面や構造計算書などの根拠が必要であることはいうまでもありません。

 建築確認申請書の正本は行政庁に保管され、保存年限を過ぎれば廃棄されますが、副本は所有者(マンションであれば管理組合)が保管しています。調べようと思えば、所有者から確認申請書の副本を借りれば調査することが可能です。大分県が副本を借りて調査を行わない理由は、調査をすれば大分県が困る結果となるからです。

 ――なぜ、大分県は「当時の書類が残っていないため詳細は不明だが建築確認申請当時の基準を満たしていた」と憶測にもかかわらず、断言しているのですか。

 仲盛 ラ・ポート別府は1991年の竣工から20年以上経過しており、不法行為で損害賠償を請求されることがないので、大分県はいくら不誠実な対応をとっても構わないと考えているからこそ、このような「子どもだまし」の回答をしているのです。しかし、法的に不法行為が追求されないからといって、大分県民に対する特定行政庁としての責任を免れるものではありません。

(つづく)

【桑野 健介】

※欠陥マンションに関するニュースを特集したサイト「毀損したマンション資産の価値を取り戻すニュース」を開設していますので、こちらもご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月16日 06:00

『日本弓道について』(1)

 今年5月に弓道の写真集を出版した。父を師として、42歳から弓を始め、弓歴は30年を過ぎた。弓を初めた頃から30年かけて撮影してきた、名人といわれる先生、弓道大会、弓...

2021年05月16日 06:00

「パークサンリヤン大橋」耐震強度問題、仲盛氏による弁護士懲戒請求を解説(後)

 訴外の仲盛氏としては、不当・違法な訴訟行為を故意に実行したことを懲戒請求手続きで問い、当該弁護士の懲戒手続きにおける弁明書などの証拠を残して、次に民事賠償責任を問う...

2021年05月15日 15:41

力の源 HD へ麻生が資本注入

 (株)力の源ホールディングス(東証一部)は 14 日、(株)麻生(飯塚市)へ第三者割当増資を行うことを発表した。調達額は約 16 億円。割当日は 31 日を予定している。

2021年05月15日 06:00

【5/30】国際政治経済学者・浜田和幸氏のZOOM 講演会「ポスト・コロナ時代をたくましく生き抜くヒント」

 メルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者・浜田和幸氏がZoomによる講演会を開催する...

2021年05月15日 06:00

「パークサンリヤン大橋」耐震強度問題、仲盛氏による弁護士懲戒請求を解説(中)

 被告の準備書面で、訴外である仲盛昭二氏の公的資格が争点になること自体、まるで子どもの口げんかのレベルといえる。専門的な言い方をすれば、「争点とは関連性がない」わけで...

2021年05月14日 17:29

西武HD、723億円の赤字~ホテル売却を検討

 西武ホールディングス(HD)は13日、2021年3月期連結決算を発表した。営業収益は前期比39.2%減の3,370億6,100万円、営業損益が515億8,700万円...

2021年05月14日 17:18

【山口FG】続々と内部告発届く 必聴!「社歌」音源付告発状

 「山口FGの吉村猛会長に対する「内部告発状」を検証する」 を読んだ山口FGの元社員から、残念ながらお蔵入りとなってしまったという「社歌候補」の音源が送られてきた...

橋下維新勢力の黒い背景

 東京都の小池百合子都知事にさまざまな問題があることは事実としても、いま、東京五輪を中止するという重大案件に小池百合子氏の貢献余地があるなら、その力を活用することは悪...

「イーロン・マスク氏が先導役を務めるAIビジネスの未来」(前)

 世界中がコロナ騒動で揺れ動いているが、コロナ禍を逆手に取るような人体の能力向上研究が進んでいることは間違いない。コロナ騒ぎが収束した暁には、これまでと違った世界が広...

pagetop