2024年04月15日( 月 )

福岡地検、1.8億円脱税の罪で経営コンサル会社代表らを起訴

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 福岡地検は24日、架空の支払手数料などを計上したとして、法人税法違反などの罪で、東京都の会社役員・長谷川健ら3容疑者を起訴、経営コンサルティング会社「ONE MESSAGE」(福岡市中央区)の松本敏彦代表取締役ら2人を在宅起訴したと発表した。

 5人は、架空の支払手数料などを計上することにより所得を隠し、同社の法人税や消費税など約1億8,000万円を脱税したとされる。

【茅野 雅弘】

関連キーワード

関連記事