わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月05日 09:38

新型コロナウィルス対策の裏で進む人工知能による監視システム(前) 未来トレンド分析シリーズ 

国際政治経済学者 浜田 和幸

 新型コロナウィルス(COVID-19)の猛威は収まる兆しが見えない。日本では大阪や宮城など、東京圏以外での感染、とくに変異種による拡散が問題視されるようになった。そのため、緊急承認されたアメリカやイギリスの製薬メーカーによるワクチンでは変異種への予防効果が不明との問題点が急浮上。すでに医療関係者や高齢者から優先的な接種が始まっているが、感染力が強く死亡率も高いと見られる変異種に向き合うには「現在のワクチンでは効果が期待できない」との指摘も出てきた(3月30日付け、英国の「ガーディアン」紙)。

 7月に開催予定の東京オリンピックに関しては聖火リレーもスタートし、「開催ありき」で準備は進んでいるようだが、海外からの観客は来日が認められず、選手団にもさまざまな感染予防対策上の制約が課せられるということで、本当に実施できるのか不安は払しょくされないままだ。クーベルタン男爵が提唱した「スポーツと文化を通じた人間復興」という近代オリンピック憲章の精神からは乖離してしまったように思われる。

 一方、世界で最悪の感染者や死者に見舞われているアメリカでは、ワクチン開発や接種とは別の動きが加速している。そこからは日本とはまったく異なり、「唯一無二の超大国を維持する」との観点から、「ポスト・コロナ時代」で主導権を握ろうとする意図がうかがえる。その主役を担うのは人工知能(AI)であり、「データの収集と管理がすべてを左右する」との発想が見て取れる。

 具体的にいえば、「国家AI安全保障委員会(NSCAI)」ではAIやマシーン・トレーニングなど、国家の安全保障に関する総合的な関連技術の研究開発を積極的に進める方針を打ち出した。議長は「Google」の親会社である「アルファベット」の元代表エリック・シュミット氏。同氏曰く、「今こそアメリカ政府が立ち上がらなければ、シリコンバレーは技術戦争で中国に負ける」。その危機感は政権の内外に広く共有されている。

 確かに、中国はAIを活用した医療診断はもとより、スマートシティ構想でもアメリカの先を行く。すでに中国は顔認証システムをジンバブエへ、スマートシティ関連のノウハウをマレーシアに輸出しているほどだ。さらには、インドで利用が拡大するモバイル決済「ペイTM」は中国企業が完全にコントロールしている。いわゆる「キャッシュレス・インディア」計画に他ならないが、その基盤となる技術は中国に依存しているわけである。国境地帯では戦闘が散発するインドと中国であるが、デジタル経済の分野では相互依存が進んでいる。

 こうした中国政府が主導するAI戦略に対抗すべく、アメリカ政府は2018年に決定した「国家防衛許可法(National Defense Authorization Act)」に基づき、アメリカの覇権を強固なものにしようと目論んでいる。巷間、「第4次産業革命」と命名されているが、「データが新たな石油となる」といった観点から、中国のAI戦略を見越したうえで、「共同AIセンター(JAIC) 」を設立したのである。

 そこで中心的な役割を期待されているのが、「AIメディスン」である。ここではAI開発の薬でコロナウィルス用の治療を加速させようと取り組んでいる。現在接種が行われている「ファイザー」や「モデルナ」、そして「ジョンソン・エンド・ジョンソン」などのワクチンは「あくまで感染した際に重篤化を押さえるのが目的で、感染そのものを予防する効果はない」ため、根本的な治療薬の開発に先鞭をつける考えに他ならない。変異種も分析し、新たな治療薬の開発に結び付けようとの動きが加速している。

 そのため、「マイクロソフト」は「健康のためのAI」計画で2,000万ドルをNSCAIから調達し、コロナウィルス関連データの分析を進めている。そうして得られたデータを基に、今後は遠隔診断や治療への応用を目指すという。と同時に、追跡アプリの開発や精度の向上も課題となっている。要は、現在進行中の新型コロナウィルス対策に止まらず、次なるパンデミックの発生予防にAIを活用しようという目論みである。国家予算を投じて、ハイテク企業の総力を結集しようとするわけで、見方によっては「テクノ専制国家」の誕生を予感させる。

(つづく)

<プロフィール>
浜田 和幸(はまだ・かずゆき)

 国際未来科学研究所主宰。国際政治経済学者。東京外国語大学中国科卒。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。新日本製鐵、米戦略国際問題研究所、米議会調査局などを経て、現職。2010年7月、参議院議員選挙・鳥取選挙区で初当選をはたした。11年6月、自民党を離党し無所属で総務大臣政務官に就任し、震災復興に尽力。外務大臣政務官、東日本大震災復興対策本部員も務めた。最新刊は19年10月に出版された『未来の大国:2030年、世界地図が塗り替わる』(祥伝社新書)。2100年までの未来年表も組み込まれており、大きな話題となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年04月12日 15:00

【BIS論壇No.339】国家安全保障局(NSS)経済班NEW!

 政府の国家安全保障局に経済安全保障の司令塔を担う「経済班」が設置され、4月1日で1年が経った。政権内では国家安全保障戦略を改定し、経済安保を初めて盛り込む案が浮上し...

2021年04月12日 14:12

【IR福岡誘致開発特別連載33】日本版IR、政府指導のJVとコンソーシアム設立NEW!

 「IRプロジェクトコンソーシアムとエクイティ」(2019年10月11日付)について、ここにきて新しい動きがあり、各地方のマスコミ報道にも誤りがあるため、改めて解説し...

2021年04月12日 13:35

バイデン大統領の諸政策と韓国への影響(前)NEW!

 第46代米国大統領に民主党のジョー・バイデン氏が今年1月20日、就任した。バイデン大統領はトランプ前政権の政策を廃止する数々の大統領令に署名し、新しい政策を打ち出そ...

2021年04月12日 11:49

【ラスト50kmの攻防】長崎ルートの全線フル規格開業目指す 佐賀県民会議総会NEW!

 九州新幹線長崎ルート、武雄温泉―長崎間の来年秋の開業を前に、「フル規格促進佐賀県民会議」の設立総会が4月11日、嬉野市内で開かれ、未着工の新鳥栖―武雄温泉間を含め全...

2021年04月12日 11:21

唐津信用金庫の元支店長が融資金着服、約22年間で2億4,770万円NEW!

 唐津信用金庫は9日、元山本支店長の男性が1998 年 11 月から2021 年1月までの間、累計2億4,770万円を不正融資により流用していたとして、5日付で懲戒解...

NHKが腐敗するメカニズムNEW!

 この国の特異体質がクローズアップされている。英紙ガーディアンの東京特派員はツイッターで、“The Tokyo 2020 Olympics grow more gro...

2021年04月12日 10:58

【みやき町】岡毅氏が新町長に就任~みやき町のために尽くすNEW!

 4月4日に行われた佐賀県みやき町長選で初当選をはたした岡毅氏12日、町長として初登庁した。多くの町民が新町長の初登庁を見届けようと集まるなか、登庁した岡氏は...

2021年04月12日 10:18

亜塩素酸による空間除菌を宣伝、レックなど2社に措置命令~消費者庁NEW!

 亜塩素酸による空間除菌の効果をうたい、除菌スプレー製品を販売したとして、消費者庁は9日、レック(株)と三慶(株)の2社に、景品表示法違反による措置命令を出したと発表...

2021年04月12日 09:34

九大箱崎キャンパス汚染土壌処理、アスミオ.が落札

 九州大学発注の「九州大学(箱崎)旧理・工・農地区跡地汚染土壌処理等工事」を、3億2,800万円(税別)でアスミオ.(株)が落札した...

2021年04月12日 07:00

自然災害債務整理ガイドラインのコロナ特則

 これまで、新型コロナウイルスによる事業者への影響を中心に法的問題を解説してきましたが、今回は、個人の債務の問題について解説いたします...

pagetop