九州最大級の物流施設、筑紫野ICそばに23年初め完成(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月08日 07:00

九州最大級の物流施設、筑紫野ICそばに23年初め完成(前)

 2020年11月、Mapletree Investments Japan(株)が福岡県筑紫野市に大型のマルチテナント型物流施設「メープルツリー筑紫野ロジスティクスセンター」を開発する計画を正式に発表した。同社は、シンガポールに本社を置く総合不動産会社Mapletree Investments Pte Ltd(以下、メープルツリー)の日本法人。メープルツリーは、約5兆円(20年3月末日時点)の資産を運用する業界のリーディングカンパニーの1社だ。九州最大規模となる「メープルツリー筑紫野ロジスティクスセンター」について、日本法人代表取締役CEO・名村真人氏に話を聞くとともに、筑紫野市の政策について取材した。

メープルツリー筑紫野ロジスティクスセンター(イメージパース)
メープルツリー筑紫野ロジスティクスセンター(イメージパース)

5兆円の資産を運用するメープルツリーとは

メープルツリー 2000年にシンガポールで設立されたメープルツリーは、デベロッパー、投資会社、資産運用会社、物件管理会社としての強みを武器に、世界中の不動産に投資。同社のポートフォリオは世界中の不動産で構成されている。

 現在(20年3月末日時点)の運用資産額は、シンガポールで181億6,120万SGD(シンガポールドル)、北アメリカで125億2,450万SGD、香港で77億6,170万SGD、中国・インドで75億3,620万SGD、日本を含む北アジアで36億8,890万SGD、イギリスで33億9,590万SGD、ヨーロッパで29億9,760万SGD、東南アジアで25億2,100万SGD、オーストラリアで18億9,160万SGD。シンガポール証券取引所に上場する4つのREIT(不動産投資信託)と、6つの私募ファンドで、これらの資産の69.8%にあたる約422億SGDを運用している。

シンガポール証券取引所に上場するREIT
Mapletree Logistics Trust(物流施設の運用)
Mapletree Industrial Trust(工業物件およびデータセンターの運用)
Mapletree Commercial Trust(オフィス、ビジネスパークおよびリテール施設の運用)
Mapletree North Asia Commercial Trust(商業物件の運用)

   日本では、Mapletree Logistics TrustとMapletree North Asia Commercial Trustが物件を保有しており、日本での運用資産額はそれぞれ約1,000億円。Mapletree Logistics Trustは、冷凍冷蔵倉庫などを含む18物件の物流倉庫を運用している。

物流施設が目立つ、国内での投資

 Mapletree Logistics Trustは、07年に「綾瀬センター」(神奈川県綾瀬市、建物総床面積3,903m2)、「京都センター」(京都府長岡京市、同2万2,510m2)、10年に「沼南センター」(千葉県柏市、同3万3,286m2)、「仙台センター」(仙台市、同4,249m2)、12年に「守谷センター」(茨城県守谷市、同4万3,743m2)など、全国の主要エリアで物流施設の取得を続けてきた。

 現在、大都市近郊の物流施設の需給は逼迫した状況が続いており、不動産仲介大手・CBREによれば、20年12月末の首都圏の大型物流施設の空室率は、2四半期連続で過去最低となる0.5%を維持。大型ニーズが需要を牽引し、20年第4四半期(10~12月)に首都圏で新規供給された6棟は完成前に満床となった。近畿圏も同様で、空室率は3.7%と前四半期から低下したほか、実質賃料も上昇傾向が続いている。

メープルツリー神戸ロジスティクスセンター
メープルツリー神戸ロジスティクスセンター

 需要の高まりを受けてメープルツリーは、19年に「メープルツリー神戸ロジスティクスセンター」(神戸市、同10万2,119m2)を開発、20年12月にMapletree Lotistics Trustが「東広島センター」(広島県東広島市、同2万6,968m2)取得と、再び動きを活発にしてきた。

 福岡市近郊は、博多港、福岡空港、福岡貨物ターミナル駅によって、陸・海・空の物流パイプラインがコンパクトに集約されており、物流施設への投資が活発化してきた。三井不動産ロジスティクスリートマネジメント(株)は、佐賀県鳥栖市で敷地面積約2万7,768m2、延床面積3万5,041m2の「MFLP 鳥栖」を21年3月に竣工予定。静岡県に本社を構える物流大手・鈴与(株)は3月2日、福岡市で鈴与(株)「福岡物流センター2号棟」の稼働を発表。西日本鉄道(株)は福岡空港周辺において、大型の国際物流施設「ロジスティクスセンター」の新設を検討している。福井県に本社を構えるアップル流通(株)は、出荷量増加に対応するため、20年11月に福岡の物流センターを増床し、福岡県糟屋郡須恵町から福岡市博多区吉塚へ拡大移転した。

(つづく)

【麓 由哉/内山 義之】


<COMPANY INFORMATION>
Mapletree Investments Japan(株)

代 表:名村 真人
所在地:東京都品川区南大井6-21-12
設 立:2007年7月
資本金:2億円
売上高:(20/3)14億円

月刊誌 I・Bまちづくり 記者募集

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?
福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop