わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
【マンション管理を考える】改正で何が変わる?マンション管理適正化法(中)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月09日 07:00

【マンション管理を考える】改正で何が変わる?マンション管理適正化法(中)

 2020年6月、約20年ぶりの改正となるマンション管理適正化法が公布された。施行は2年後。全国の都市圏を中心に建築されたマンションストックが年々老朽化していくなか、大規模修繕や建替えといったマンション管理が適切に実施されていない実状がある。「タワマン」に代表される大型マンションも増え続けており、マンション管理の高度化、複雑化という問題も拡大しつつある。マンション管理の実態はどうなっているのか。管理スキームに問題はないのか。法改正によって、マンション管理の何が改善されるのか。

建替え実績はわずか244件

 マンションの適切なメンテナンスが行われない原因としては、所有者の高齢化や空き家化、管理組合のマンパワー不足、所有者間の合意形成(総会での決議)の難航、そして修繕積立金の不足―などが考えられる。マンションが大型化すればするほど、合意形成は難しくなる傾向がある。アンケート、説明会、意見交換、個別面談などを繰り返し、異論や反対意見を懐柔したうえで、議決を得るという合意形成プロセスを踏む必要があるが、区分所有者の費用負担がネックになるケースが少なくない。

 12年周期での実施が推奨される大規模修繕を例にとると、3~10階建の比較的低層なマンションの場合、大規模修繕にかかる費用が4,000万円~6,000万円台。11~19階建では1億6,000万円台、20階建以上になると3億3,000万円台という具合に、階数に応じて工事費も増加する。50階以上のいわゆるタワーマンションになると、数十億円に上るといわれる。区分所有者ごとの工事費用負担額は、いずれも100万円前後で推移している。

 12年に100万円の負担を多いと見るか少ないと見るかは、人によってさまざまだろうが、マンションの資産価値が年々目減りする一方、修繕費用は延々発生し続けるという状況を考えると、多くの区分所有者にとって、軽い負担ではないだろう。「終の住処」としてそこにずっと居住する所有者にとっては、支払い続けざるを得ないだろうが、売却前提で購入した投資目的の所有者にとっては、ムダな出費としか考えないだろう。

国交省資料より
国交省資料より

 マンション建替えとなると、さらにハードルは高くなる。建替えの実績は、累計で244件、約1万9,200戸(19年4月時点)にとどまっている。よほど条件の良い物件でない限り、各所有者の負担は、修繕に比べ10倍以上に跳ね上がるからだ。マンションが廃墟化して、当の住民が頭を抱えていたり、周辺が迷惑していたとしても、原則的には管理組合がすべての責任を負うことになる。ただ、廃墟化したマンションは、周辺の景観を著しく損なうし、割れ窓理論に照らせば、治安にも悪影響をおよぼす。剥離した外壁が通行人の頭の上に落ちたりすると、人の生命を損なう可能性もある。

 あまりにひどい場合は、行政としては各種法令に従い、所有者に対して自主解体を命令したり、行政代執行で解体する場合もある。ただ、行政がそこまでやるのは、廃墟化しただけではなく、居住の実態がなく、周囲の安全に明確な危険をおよぼすなど、解体すべきなのが明らかなケースに限られる。見た目がいくらボロボロだからといって、個人財産である以上、すぐに解体できるわけではない。

 行政が強制的に解体に乗り出せない状況のなか、毎年のように老朽化したマンションが増え続けている。そこまで管理組合の自主管理にこだわるなら、「ちゃんとメンテナンスしないと売って(買って)はいけない」という仕組みにしておけば、かなり効果があると思うのだが・・・。

(つづく)

【フリーランスライター・大石 恭正】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月06日 07:00

【特別対談】ピエトロ新工場を起点に、賑わい&活力を古賀市全域へ――(後)NEW!

 『この地区にある「古賀グリーンパーク」周辺ではもともと、道の駅の整備に向けての調査・検討を行ったうえで、19年8月末に道の駅の整備は行わないという決断をしました。と...

2021年05月06日 07:00

【熊本】暮らしに付加価値を、ミリーヴグループが提案する「よりよい住まい」NEW!

 『15年以上前になりますが、ミリーヴグループ(当時は明和グループ)各社が宅建業許可を取得し、不動産売買の仲介を行っていた時期があります。グループの中核企業である(株...

2021年05月06日 07:00

熊本トップクラスの管理戸数、豊かなまちづくりに貢献するコスギ不動産NEW!

 『私の叔父が不動産売買を目的に小杉不動産を創業したのが、当社の始まりです。その後、当時熊本県警に勤めていた父が退職後に合流し、法人化をはたしました。同時に、売買中心...

2021年05月06日 07:00

【熊本】城下町の面影残す中心市街地、九州第3位・熊本市の今昔――(5)NEW!

 戦後、熊本市では戦災復興計画基本方針に基づいて、恒久的復興計画を策定した。これは、都市機能の向上や衛生面および都市美の増進など、近代都市としての形態を整えながら急速...

2021年05月06日 07:00

大西一史・熊本市長に聞く、ポスト震災まちづくりの進捗(4)NEW!

 『昔の熊本駅周辺は、線路によって東西に分断されていたエリアでした。とくに新幹線口周辺は、人の行き来がない住宅地でした。県が事業主体となった連続立体交差事業が18年に...

2021年05月05日 08:00

コロナ拡大後に「自宅で食事を食べる回数」が増えた人は35.5%~農水省の調査

 農林水産省がこのほど公表した2020年度「食育に関する意識調査」結果から、新型コロナウイルス感染症の拡大前と変化した点について、「自宅で食事を食べる回数」の増加を挙...

2021年05月05日 08:00

西鉄「パークサンリヤン大橋」耐震強度問題~仲盛昭二氏、弁護士懲戒請求を提出!(7)

 前回に続き、原告側弁護士からの質問に対する仲盛氏の回答を以下に紹介する...

2021年05月05日 07:00

【特別対談】ピエトロ新工場を起点に、賑わい&活力を古賀市全域へ――(前)

 『当社では現在、古賀市の食品加工団地内に3つの工場を構え、ここですべての製品の製造を行っています。一番新しい第三工場は昨年竣工したばかりなのでまだ大丈夫ですが、第一...

2021年05月05日 07:00

【熊本】城下町の面影残す中心市街地、九州第3位・熊本市の今昔――(4)

 1891年7月には、九州鉄道の高瀬(現・玉名駅)~春日(現・熊本駅)間が開通。このとき、植木駅、池田駅(現・上熊本駅)も同時に開業している。当初の計画では、中心地に...

2021年05月04日 08:00

九大と丸紅、医療・ヘルスケア分野などで協定締結

 九州大学と丸紅(株)は「医療・ヘルスケア」「新技術・新素材」などの分野で「連携・協力の推進に関する基本協定書」を締結した...

pagetop