2024年05月27日( 月 )

最近ネット上を賑わしているNFTとは(前)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏

 仮想通貨の代表格であるビットコインは、今年だけでも7~8倍になるほど価格が高騰しており、仮想通貨に対する関心はますます高まっている。2021年に入り、米国Twitter創業者・ジャック・ドーシー氏やTesla創業者・イーロン・マスク氏が仮想通貨のベースになるブロックチェーン技術や、ブロックチェーン技術を活用したNFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)をオークションにかけて、それぞれ数億円単位の入札が行われ、急激に話題となっている。

話題を呼ぶNFT

仮想通貨 ビットコイン 仮想通貨業界では、2017年に起こっていたICO(イニシャル・コイン・オファリング)のブームは過ぎ去り、昨年はDe-Fi(分散型金融)が仮想通貨市場を主導していたが、今年に入ってからはNFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)が話題を呼んでいる。

 NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)とは、ブロックチェーン上で発行・流通するデジタルデータの一種で、ブロックチェーンのもう1つの活用方法のため、仮想通貨とは兄弟のような関係だ。ところが、デジタルデータは一般的にコピーや改ざんが容易であるため、芸術作品などをデジタル化して流通するという発想は今までなかった。

 一方で、ブロックチェーン技術を活用すると、デジタルデータは参加者同士の相互検証によってコピーや改ざんが困難となり、デジタル空間で価値のやり取りを可能にする。このようなブロックチェーン技術を偽物や贋作が多いアート業界などに適用しようとしているのが、NFTである。ブロックチェーンに記録されれば、偽造や改ざんなどが行われる可能性は極めて低くなるためだ。

NFTとは

 NFTとは「真の所有者と履歴が確認できるトーク化されたデジタル資産」のことだ。NFTはビットコインなどと同じように、ブロックチェーン技術を活用してつくられる。しかし、ビットコインと違うところは、アイテムに英数字の長い文字列が書きこまれることだ。

 発行数や作成年月日、識別番号などのメタ情報が書き込まれ、改ざん困難なブロックチェーン上で明示されることになる。このようにすることで、他のデジタルデータと識別可能な唯一無二の存在として扱えることが、NFTの基本的なアイデアだ。たとえば、ビットコイン1個の価格は同じだ。

 ところが、NFTの場合は、1つのコインとほかのコインとは別のメタ情報をもっているため、コインごとに別の価格が付くようになる。とくに、NFTは仮想通貨に希少性と唯一性という価値をもたせることが可能になり、デジタル作品、e-スポーツ、ゲームアイテムの取引などに活用され始めている。NFTの始まりは17年にイーサリアムブロックチェーン上で誕生した「CryptoKitties」というゲームである。これは「猫」を模したNFTを収集・売買・配合するゲームだった。その当時は仮想通貨バブルの最中ということもあり、ピーク時には約1,900万円の値をつけるほどのブームとなっていた。

(つづく)

(後)

関連キーワード

関連記事