2024年06月26日( 水 )

イーロン・マスク

フォローする

気になるタグをフォローすると、後でまとめ読みができます。

コロナワクチンの懐疑論者イーロン・マスク氏に届いた暗殺予告
コロナワクチンの懐疑論者イーロン・マスク氏に届いた暗殺予告
 世界を騒がすことでは他の追随を許さないのがイーロン・マスク氏です。 先週も、コロナワクチンの2度目のブースター接種をしたところ、「死ぬかと思うほどの副作用に見舞われた」と告白しました。
浜田和幸 国際 浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス
ウクライナ戦争を左右する最新テクノロジーとマスク氏の思惑(後)
ウクライナ戦争を左右する最新テクノロジーとマスク氏の思惑(後)
 一方、ウクライナを支援しロシアを押さえ込もうとするのがバイデン大統領です。サイクリング中に転倒したり、演説後に「マスクが見当たらない」と大騒ぎしたりなど、ボケたふりをしながらアメリカの対外政策の軌道修正を図っているようです。
国際
ウクライナ戦争を左右する最新テクノロジーとマスク氏の思惑(中)
ウクライナ戦争を左右する最新テクノロジーとマスク氏の思惑(中)
 今や2,700億ドルの資産を手にし、世界一の大富豪となったイーロン・マスク氏の動きが気になります。彼が所有する電気自動車「テスラ」の株価は昨年末、1兆ドルを突破しました。
国際
ウクライナ戦争を左右する最新テクノロジーとマスク氏の思惑(前)
ウクライナ戦争を左右する最新テクノロジーとマスク氏の思惑(前)
 ウクライナ戦争はアメリカとロシアの代理戦争と言っても過言ではありません。東西冷戦が終結して以降も、アメリカはあらゆる機会を捉えてロシア潰しの画策を続けてきました。
国際
21世記のロスチャイルドを目指した孫正義氏、起死回生なるか(後)
21世記のロスチャイルドを目指した孫正義氏、起死回生なるか(後)
 22年5月末の決算では200億ドルを越える損失を計上したソフトバンクグループです。格付け会社「ムーディーズ」は今年5月、ソフトバンクグループの評価をそれまでの「安定」から「ネガティブ」に格下げしました。
ソフトバンクグループ株式会社 国際 未来トレンド分析シリーズ
21世記のロスチャイルドを目指した孫正義氏、起死回生なるか(中)
21世記のロスチャイルドを目指した孫正義氏、起死回生なるか(中)
 自社株の推移については、「上がったり下がったりが激しく、信用買いで買うのは危険なのでお勧めできない。もし、信用買いなら、少し借りて、長く持っていただきたい。僕は必ず上がると信じています」
ソフトバンクグループ株式会社 国際 未来トレンド分析シリーズ
21世記のロスチャイルドを目指した孫正義氏、起死回生なるか(前)
21世記のロスチャイルドを目指した孫正義氏、起死回生なるか(前)
 ピンチに追い込まれたソフトバンクグループの孫正義氏。攻めの経営によって快進撃を続けてきたが、世界的な株価暴落などの影響もあり、暗雲が立ち込めている。復活へ向けて、起死回生の策を打ち出せるのか。
ソフトバンクグループ株式会社 国際 未来トレンド分析シリーズ
アメリカのペロシ下院議長は台湾訪問で何を狙ったのか
アメリカのペロシ下院議長は台湾訪問で何を狙ったのか
 「台湾海峡の波高し」といった雰囲気が広がっています。度重なる中国からの警告にもかかわらず、アメリカの下院議長のナンシー・ペロシ女史が5人の下院議員をともない、米軍機に搭乗し、南シナ海を迂回するフィリピン上空ルート経由で台北に乗り込んだからです。
国際 浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス
世界中に拡大する「サル痘」 日本にも上陸!(後)
世界中に拡大する「サル痘」 日本にも上陸!(後)
 オランダの会社以外にも、アメリカのワクチンメーカー2社がすでに開発を進めています。ババリアン・ノルディックの「ジンネオス」とシガ・テクノロジーの「Tポックス」です。
国際
世界中に拡大する「サル痘」 日本にも上陸!(中)
世界中に拡大する「サル痘」 日本にも上陸!(中)
 アメリカ保健省の長官は「すべての国民はサル痘への備えを強化する必要がある。サル痘は新型コロナとは違うものの、感染力は強く、罹れば痛みをともなう。危険な病原菌であることは間違いない」と警戒を呼びかけています。
国際 未来トレンド分析シリーズ
世界中に拡大する「サル痘」 日本にも上陸!(前)
世界中に拡大する「サル痘」 日本にも上陸!(前)
 新型コロナの第7波が猛威を振るっています。日本では連日、感染者数の記録が更新されているわけで、注意を怠れません。そんななか、天然痘に似た「サル痘」の感染者が国内で初めて確認されました。
国際 未来トレンド分析シリーズ
弱みを生かした福岡の都市づくり再考「遅い開発」と中古市場の親和性(1)
弱みを生かした福岡の都市づくり再考「遅い開発」と中古市場の親和性(1)
 “出生率が死亡率を超えることがない限り、日本はいずれ消滅するだろう”―世界的起業家のイーロン・マスクの発言が記憶に新しいなか、厚生労働省は「人口動態統計」を発表した。この1年で出生数は3万人減少したという。
松岡秀樹 一般 企業・経済 福岡都心 再開発を振り返る|まちづくりvol.50
亡くなる直前の安倍元首相の気になる発言(後)
亡くなる直前の安倍元首相の気になる発言(後)
 こうした危機感が背景にあり、安倍氏は岸田首相にもことあるごとに防衛費の増額を進言していました。アメリカ製の武器やシステムを購入してくれれば御の字ですが、日本が自前で軍事力を開発、整備することは「アメリカという虎の尾を踏むこと」になりかねなません。
国際 未来トレンド分析シリーズ
亡くなる直前の安倍元首相の気になる発言(中)
亡くなる直前の安倍元首相の気になる発言(中)
 日本でも今回の事件を受け、銃や爆弾の製造に関するような危険な情報にアクセスした人物を監視対象にする動きが出てくるはずです。その意味では、便利なはずのネット社会は自由が奪われるリスクと背中合わせのようにも思われます。
国際 未来トレンド分析シリーズ
亡くなる直前の安倍元首相の気になる発言(前)
亡くなる直前の安倍元首相の気になる発言(前)
 去る7月9日、選挙応援演説中に凶弾に倒れ、非業の死を遂げた安倍晋三元首相。世界各地からお悔やみのメッセージが多数、届いています。外務大臣によれば「世界の200を超える国や地域から哀悼の意を伝えるメッセージが届いている」とのことです。
国際 未来トレンド分析シリーズ
アマゾンの創業社長ジェフ・ベゾス氏が全米の土地を買い漁るワケは?
アマゾンの創業社長ジェフ・ベゾス氏が全米の土地を買い漁るワケは?
 新型コロナウィルスが蔓延し、ここ3年間は世界的にロックダウンなどで経済活動が大幅に制限されていました。しかし、そうした厳しい状況下、飛躍的に業績を伸ばした企業の代表が1994年創業のアマゾンです。
国際 浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス
【BIS論壇No.386】コロナ禍、米中貿易紛争、ウクライナ紛争
【BIS論壇No.386】コロナ禍、米中貿易紛争、ウクライナ紛争
 トランプ政権が中国との貿易対抗を強めた2018年以来、現バイデン政権も中国への対抗措置を踏襲している。背景には古代ギリシアでの「ツキジデスの罠」理論で、スパルタとギリシアの対抗と同じ構図が浮かび上がる。
国際 BIS論壇
イーロン・マスク氏の飽くなき野望:インド洋の島国スリランカの買収!
イーロン・マスク氏の飽くなき野望:インド洋の島国スリランカの買収!
 インド洋に浮かぶ風光明媚な島国スリランカが国家存亡の危機に直面しています。「インド洋の真珠」と呼ばれていましたが、エネルギー源の石油や食糧が不足し、各地で住民と警察の間で対立が発生。
国際 浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス
バイデンの新たな対アジア戦略 振り回される岸田政権(後)
バイデンの新たな対アジア戦略 振り回される岸田政権(後)
コロナとサル痘のダブルパンチで、アメリカでは「秋の中間選挙は延期せざるを得なくなるのでは」といった観測も出ています。
国際 未来トレンド分析シリーズ
バイデンの新たな対アジア戦略 振り回される岸田政権(中)
バイデンの新たな対アジア戦略 振り回される岸田政権(中)
ロシアのプーチン大統領は、そうしたアメリカの食料戦略を模倣しているに過ぎません。
国際 未来トレンド分析シリーズ
  • 1
  • 2
  • 6