• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年03月30日 15:26

『報ステ』古賀茂明氏降板をめぐる問題 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 NETIBでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、テレビ朝日番組「報道ステーション」での古賀茂明氏の番組降板をめぐっての問題について触れた、3月29日付の記事を紹介する。


 3月27日のテレビ朝日番組「報道ステーション」で、古賀茂明氏と古館伊知朗氏が古賀氏の番組降板をめぐってバトルを演じたことについて、さまざまな意見が提示されている。問題の本質は日本のマスメディアの行動、及び、マスメディアの中核であるテレビ放送に関する政治権力の振る舞いにある。

 古賀茂明氏の言動について、一部で「テレビでの発言の責任と義務を理解していない」「公共の電波を個人的な恨みの吐露に使う」などの批判が示されているが、問題の本質をまったく理解しない的外れな批判である。
 問題の核心は、(1)古賀氏の主張の評価、(2)古賀茂明氏の降板の経緯、(3)古館氏の言動の一貫性、にある。

 古賀氏は現在の安倍政権に対して厳しい批判の発言を提示してきた。安倍政権に対する評価が分かれるのは当然のことだ。安倍政権の政策運営を高く評価する人もいれば、厳しく批判する者もいる。

 放送法は第4条に次の条文を置いている。

(国内放送等の放送番組の編集等) 第四条  放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。

 四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

 報道番組に出演するコメンテーターが示す意見は、本来は、多種多様でなければおかしい。安倍政権の政策運営を支持する意見を提示する者と、これを批判する発言者が登場するのが普通の姿である。この視点で捉えると、古賀氏の発言は、安倍政権を批判する側面が強かったのは事実である。原発問題への対応、イスラム国による邦人拘束事件に対する対応などで、古賀氏は安倍政権の対応を厳しく批判してきた。
 しかし、その主張は非難されるべきものではない。放送法第4条第4項規定が示す、「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」という条文に照らせば、古賀氏のように、安倍政権を批判する見解がテレビ番組で提示されることは極めて重要である。

 古賀氏の主張は、偏向した、特殊なものではなく、多数の国民が抱いている正当な安倍政権の政策運営に対する評価である。こうした政権批判の主張を封殺することが重大な問題なのである。

 古賀氏が番組を降板することになった背景に、この事情が存在することは間違いのないことだと考えられる。「降板」なのか「降板ではない」のかは、言い方次第でどのようにでも説明できる。「今後も出演の可能性がある」として、「降板ではない」と表現することはできても、それは「詭弁」の類いでしかない。「一定の頻度で出演していた状態」を、「一定の頻度で出演させることのない状態」に変えるのだから、これを「降板」と表現するのは妥当である。

 その「降板」の背景に、「安倍政権による圧力」、および「放送会社および番組制作会社の安倍政権への配慮」があると「推察」することは順当である。恐らくそれが「真実」であると私も考える。この点が最大の問題なのだ。
 古賀氏が番組における発言で訴えたかったことの核心がこの部分にあると考えられる。古賀氏は熟慮の上で発言を示したと考えられる。その判断と行動は高く賞賛されるべきもので、これを「私憤」と捉えるのは適正でないと、私は判断する。

 そして、もうひとつ。重大な問題が付随して発生してしまった。古館伊知朗氏の二枚舌疑惑である。
 「録音」によって重大事実が発覚する可能性がある。「録音」は検察の巨大犯罪を白日の下に晒す「巨大な業績」の実績を有する。弁舌巧みな古館伊知朗氏ではあるが、その古館氏の発言が表と裏でまったく違うという事実が発覚すれば、古館氏の発言の信頼性は根底から崩れることになる。

 私はかねてより、テレビ朝日も古館氏も「偽善」を装っているだけで、本質においては他の偏向メディアと変わらないとの見解を示してきたが、この見解に多くの市民が同意する事態が生じるのではないかと予測する。

※続きは3月29日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」第1112号「古賀茂明氏告発を『私憤』として処理するための情報工作」で。


▼関連リンク
・植草一秀の『知られざる真実』

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月22日 07:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(2)NEW!

 3通の投書を受け、その後、約1年かけて取材を進めてきた。そして、当社発刊の経済情報誌『I・B』3月1日号で「ドキュメント・ベスト電器 再生を阻む過去のくびき」を発表...

2021年01月22日 07:00

中国経済新聞に学ぶ~ニコアンドはなぜ中国進出に成功したのかNEW!

 日本のファッションとライフスタイルを幅広く提案するショップ「ニコアンド(niko and…)が、中国市場を強化している。

2021年01月21日 17:39

【福岡県に緊急事態宣言】(14)コロナを舐めてはいけない(5)

 2021年の年賀に「今年をもってご縁を切ります」と通告があったAとは、40年を越える付き合いがある。今年11月、80歳になる。「それなら惜別の一杯を飲み交わそう」と...

2021年01月21日 17:34

【大規模買収事件】公選法違反・河井案里被告に有罪判決

 東京地裁で21日、参議院選挙広島選挙区における買収容疑で公選法違反罪に問われている河井案里被告(47)の判決公判があり、高橋康明裁判長は広島県議4人に対する買収罪成...

2021年01月21日 17:31

西鉄、新社長に林田浩一氏~倉富氏は会長に

 西日本鉄道(株)(福岡市博多区)は21日、4月1日付で林田浩一取締役専務執行役員(55)を社長に昇格する人事を発表した。

2021年01月21日 17:07

【長期連載】ベスト電器消滅への道(1)

 かつて家電業界で日本一の売上高を誇ったベスト電器がヤマダ電機に完全に吸収された。なぜ、このように消滅するという事態になったのか!当社は長期にわたってベスト電器に関す...

2021年01月21日 16:51

福岡ロジテム、小郡市に大型物流拠点を設置へ

 日本ロジテムグループの運送会社・福岡ロジテム(株)(福岡県粕屋郡宇美町、小林専司社長)は、小郡市に大型物流拠点を設置する...

2021年01月21日 16:45

政府は財政規律を凍結し積極財政を展開せよ(前)

 菅政権は73兆円規模の経済政策を決定し、これに基づいて3次補正予算を実施することを発表した。1次補正、2次補正も同規模の大きな対策が図られてきたということで、これを...

2021年01月21日 16:19

体にやさしく、おいしい水とは?『生命(いのち)の水はミネラルバランス』を先着10名さまにプレゼント

 (株)ミネラルクリスター(福岡市博多区)は、創業から30数年にわたり、生命にとって良い水の研究開発に取り組み、これまでに数多くのビル、マンション、食品加工工場などに...

2021年01月21日 16:12

いとしまの鉄道111周年記念きっぷ発売~インスタで事前予約を

 九州旅客鉄道(株)(以下、JR九州)は、いとしまの鉄道が今年で111周年を迎えることを受け、記念きっぷを発売する。糸島市立伊都国歴史博物館で開催する冬季特別展「鉄輪...

pagetop