2024年06月16日( 日 )

グッドライフカンパニー21年中間決算、プロジェクト増加で大幅増益

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

(株)グッドライフカンパニー(東証ジャスダック)は12日、2021年12月期の中間決算を発表した。売上高37億円(前年同期比76.7%増)、営業利益2億8,200万円、経常利益2億8,600万円、当期利益1億8,000万円を計上した。

 前年同期から大幅な増益となったが、土地の売上が13億7,300万円(前年同期比40.4%増)、粗利が1億2,800万円(同234.8%増)、建築の売上が18億100万円(同146.8%増)、粗利が1億2,300万円(同191.7%増)と案件の増加が主な要因。

 LIBTH春日原(28戸)、LIBTH博多南Ⅱ(56戸)など7物件の竣工引き渡しがあったことから、同期末の管理戸数は3,798戸となり、賃貸管理などで構成される「プロパティマネジメント事業」も3割の増収となった。

【永上 隼人】

関連記事